Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

新MacBook Proと中小企業の事情

投稿者: ほっしぃ 日時: 28日(木) 10:50

Apple Store

先週末あたりに南の方で予想されていた通り、MacBookMacBook Proがリニューアルされました。仕事で使うという意味においては、基本的にMacBook Proだけが興味の対象となるわけですが、今回はちょうど新しいスタッフが入社してくるので購入する気マンマンではありました。

簡単にいってしまえば、今回のアップデートはCPUが変わったこととマルチタッチトラックパッドが採用されたということを除くと、それほど大きなインパクトはないのですが、それでも当社は「Macをメインにビジネスをする」ということを掲げて起業したわけですから、社員全員にMacを使ってもらう必要があります。ここだけの話、新MacBook Proは私が使い、今私が使っているMacBook Pro (Core 2 Duo 2.33GHz)を新しいスタッフに使ってもらう予定です。

さて、今日はちょっと別の話をしてみたいと思います。多少生々しいですが、お付き合いください。

会社でパソコンなどの機材を購入する場合には、固定資産として減価償却の対象となります。固定資産減価償却の難しいところはリンク先のウィキペディアなどを参照していただくとして、簡単に言えば買った金額をそのまま1回で経費として処理することができず、耐用年数(パソコンは4年)で分割しての処理となるわけです。

そうすると何が困るかというと、購入時には全額代金は支払いしているのにもかかわらず経費計上できないためキャッシュフロートの差違が生じるのに加えて、将来的に4年に渡って費用として計上しなければならないため節税対策になりにくいということがあります。

このこともあって、中小企業の設備投資を促進して経済を活性化させるという主旨の元に「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」という制度ができました。リンク先にもあるように、基本的には「特例」なので現在のところは今年の3月31日までの分に限定されています。

資本金1億円以下で従業員も1,000人以下の当社はこの「中小企業」に当てはまることになります。そうすると、年間総額300万円未満まではこの特例により、30万円未満のものを購入した場合に即時償却が可能となります。

さて、30万円未満ということは299,999円までが対象となるわけですが、今回のMacBook Pro 2.5GHzはなんとお値段299,800円(税込・送料込み)という、まさにそのために値段を付けたのではないかと疑うほどのピッタリな金額です。ちなみに、30万円未満という金額には送料などそれにかかる費用(たとえば代引き手数料など)一切を含んでの金額ですから、まさにズバリといったところです。

実は、先日のMacBook Air(これは個人購入でしたが)はアメリカのApple Storeでは1,799ドルでしたが日本では229,800円でした。アメリカは税抜きで、日本は税込表記なので日本の価格を218,857円とすると為替レートは1ドル=121円の計算となります。現在の円高基調から考えるとかなり高いレートでの計算となっていて、MacBook Pro発表時にもこれが適用されるのではないかと密かに心配していました。噂系では今回のMacBook Proが2,499ドルだという話だったので、さっきのレートを当てはめると302,379円となり、税込にすると317,497円となり318,000円あたりになるのではないかと思っていました。

しかし、実際には298,800円ですので、税抜きで285,523円となり為替レートは114円程度となります。これは現在の為替レートにかなり近く、妥当な線であるといえます。もちろん、今日現在の為替レートは中値で1ドル=106.31(三菱東京UFJ銀行のレートを参照)なのでそれを正直に当てはめれば税込279,800円くらいにはなりそうですが、為替の変動とともに価格を変えるわけにはいかないため、ある程度のマージンは必要ということで、7%程度の余裕はそれほど悪くはないといえます。

というわけで、中小企業に買いやすいMacBook Pro、みなさんもいかがでしょうか。

AUGM大分2008は盛況

投稿者: ほっしぃ 日時: 23日(土) 23:46

ぁっ、という間に大分から帰ってきて一週間が経ってしまいました。すぐに大阪に出張に行ったりしてあまり時間がなかったということもありますが、それにしても時が経つのは早いものです。AUGM大分に参加したのを少しだけご報告。

今回、大事なカメラを持って行くのを忘れてしまい、写真が撮れないばかりかEye-Fiのデモもできなかったという失態を演じてしまいました。写真はmacinpopさんに撮っていただいたものです。ありがとうございます。

AUGMOita01.jpg

AUGMOita03.jpg

AUGM大分は昨年に引き続いて2回目の開催となり、私も毎年大分に行く口実がでできるので毎年の恒例行事となると良いなと思っています。

今回もアップル、アドビシステムズ、マイクロソフトというApple業界の御三家と共に時間をいただいて30分ばかりのプレゼンをさせてもらいました。内容は1月に行ったCESのレポートを中心に、Macworldのことや当社取り扱いの新製品あたりを駆け足で紹介させてもらいました。御三家の製品などはよく知っているものも多いため、少し「箸休め」程度にはなったのではないかと思います。

今回はMacBook Airを持ち込み、プレゼンをMacBook Airで行なうという見栄っ張りなことも敢行しました。Keynoteで資料を作り、Apple Remoteを使ってスライドを進めていくのですが、MacBook Airの赤外線受光部が薄いがためなのか、上の写真のような立ち位置ではうまく反応しないことがありました。これくらいの立ち位置ならばキーボードのカーソルキーで進めることもできるのですが、そのたびにそこに意識を集中しなければならなくなるため、どうしても話が途切れてしまったりするので、できればリモコンで操作したいところです(またWii Remoteの出番か...)。

AUGMOita02.jpg

休憩時間にはプレゼンした内容の製品などを実際に手にとって見てもらい、気に入ったら買ってもらうようなコーナーも設けていただいて、AUGM特別価格(おつりが出ないくらいの価格)で販売をしました。量販店で置いていないような製品も多くあり、初めて見たという方もいたのでいろいろな反応をいただいて勉強になりました。

九州はAUGMがもっとも盛んな地域で、今後もいくつかの地域でAUGMが予定されているようで、誘っていただければいつでも参加したいと思っています。まじめな話、いろいろな人がいろいろなアイディアを持っていたり、欲しい製品があったりするのを直接聞ける場、というのはないので、このような場で勉強させてもらえれば、より良い製品を探したり作ったりすることができるという意味で参加することにとても大きな意義があるわけです(と、誰とはなく言い訳っぽいことを書いてみる)。

最後に、このようなイベントはスタッフの方々の並々ならぬ努力のおかげで成り立っています。多くのAppleユーザーの交流の場を提供するためとがんばっていただいたスタッフの方々、ありがとうございました。

iPod shuffle値下げと容量増量モデル登場

投稿者: ほっしぃ 日時: 20日(水) 0:22

shuffle01.jpg

ついさきほどサイズなどはそのままに価格が9,800円から5,800円に改訂されたiPod shuffleおよび容量増量でなおかつ従来製品よりも価格を抑えた2GB版が発表されました。

前々から、現在のメモリー市場の価格相場を考えると高すぎると感じていたiPod shuffleがようやく適正価格に近づいたということになります。私としては1月にひっそりと改訂されるのではないかと思っていたのですが当てが外れて、日本においては売上も芳しくないという情報も得ていたため、もしかするとiPod shuffleというカテゴリーが無くなるのかなと心配していたところでした。

2GB版が7,800円での登場ですが、そうするとほぼ迷わず2GBにいってしまいそうな設定です。1GB版は思い切って4,980円あたりになるのかと予想していました。実際、市場のメモリーオーディオプレーヤーでは1GB版というのはほぼ存在もしていないといっても良いのですが、売っていても3,000円とかその程度なので、iPod shuffleということを考えても4,980円くらいにしておくと良かったのではないかと思います。

(前回もカラーバリエーションの変更だけだったので)今回も形に変更がないため、当社取り扱いのiPod shuffle対応製品はそのまま使用可能となりますのでご安心ください。正直、これでサイズが変わっていたら発売開始したばかりの製品があるだけに泣くに泣けません。その意味では、安心したのは私の方なのかもしれません(笑)。

最強のiPodケースシリーズ登場

投稿者: ほっしぃ 日時: 19日(火) 23:54

classic01.jpg

nano01.jpg

shuffle01.jpg

headphones01.jpg

一気に4つの新製品を発表しました。H2O Audioの防水ケースシリーズの現行iPod対応版と、新しい防水ヘッドフォンです。

アメリカでは1月のCESで発表されていましたが、日本ではようやく発売にこぎ着けることができました。今回のシリーズより少しブラックテイストをちりばめるようなデザインになり、より精悍なイメージとなりました。

機能についてはこれまでのケースシリーズと変わらずに、基本的にサイズを現行iPodに適合させた形になります。ただし、iPod classic対応ケースはこれまでよりも価格を下げてお買い得感が出るようになりました(と言っても、ケースで12,800円というのは破格という点では変わりはありません)。

nano02.jpg

まだまだ寒いシーズンに防水ケースというと、季節的には夏を連想させるキーワードなので「時期はずれ」のように思われるかもしれませんが、iPod nano(3rd)用ケースのページでも掲載しているように、防水ケースだからといって水中で使うことだけを想定するわけではなく、スキーやスノーボードなどiPodにとって大敵である「水」に関係ある場所でも大活躍します。特に日本ではプールやお風呂で使われることも多いようで、その意味では1年中がシーズンであるといっても過言ではありません。

これまでにない素晴らしい体験を、iPodとともに。

Apple Storeに初登場

投稿者: ほっしぃ 日時: 15日(金) 19:11

AppleStore.jpg

「シンプルながらもなにかプラスがあり、そしてリーズナブル」をモットーに2007年9月に立ち上げたSimplismブランドですが、その製品群のうちのひとつである「Simplism HDMI Switcher 4x1がとうとうApple Storeに展開されるようになりました。

これまでも当社取り扱い製品としてはDiasonicH2O AudioMophieMarwareなどを展開していただいていましたが、当社で作ったブランドの製品を取り扱ってもらうということはそれらとは訳が違います。

Apple Storeは特に選定基準が厳しく、なんでもかんでも取り扱ってもらえるわけではなく、Appleの直営店として売るのに相応しいのかということを、製品の機能や価格だけでなく、パッケージやマニュアルなどの作り込みまでもしっかりと吟味した上での展開となります。そのため、正直に言えばこれまでSimplismブランドの製品に限らずたくさんの製品を提案してきましたが、展開していただいたのは打率で言えば2割以下という野球で言えばレギュラーにはなれない状況です(それでも十分展開してもらっていると思いますが)。

ちょっとだけ穿った見方をすると、現在のApple製品でHDMI端子搭載は先日アップデートされた(私は時間が無くてやっていませんが)Apple TVのみで、HDMI入力が増えていくことによって需要が高まってくるこのHDMI切替機が、今この時期に展開が始まったのはApple TVのアップデートにより需要が高まるということを見越した上なのか、それともHDMI搭載の「何か」が現われる予兆なのか?

先月のMacworld後から、毎週のように新製品を小出しにしているAppleですが、2月末にイベントを開催するという話も出てきていますから、「なにか」があるのかもしれません。期待して待ちたいと思います。

AUGM大分は来週末開催

投稿者: ほっしぃ 日時: 10日(日) 23:45

AUGMOita.gif

そのネタが多すぎるんじゃないかというご批判は甘んじて受けつつも、来週末はAUGM大分へ参加いたします。

日時:2008年2月16日 (土) 12:00開場 12:30開始(18:00終了予定)
会場:大分県中小企業会館 6F 大ホール
入場無料(ただし、事前登録が必要です・定員120名)→事前登録はこちら!

参加ベンダー:アップル/アドビシステムズ/マイクロソフト/トリニティ

そして、例のごとくこの参加ベンダーという大会社の中の零細企業という構図は変わらず(本当はいなくていもいいんじゃないかという不安の中)、それでもがんばって参加してきたいと思います。またまた例のごとく、プレゼン内容は未定となっています。

それでは、大分のみなさん、週末にお会いしましょう。

MacBook Air到着

投稿者: ほっしぃ 日時: 7日(木) 23:57

Air01.jpg

Air02.jpg

Air03.jpg

Air04.jpg

2月7日配達予定だったMacBook Airが6日に到着しました。知り合いなどが7日の朝から、「届いた」ということを言っていて、今回ばかりは埼玉に住んでいることを若干呪ったのですが、ほどなくしてウチにも到着。その時間差はたったの3時間程度ということで再び埼玉を愛する人間に逆戻り。

ところが、アポイントなどがあり箱を開ける間もなく外出、結局、その姿を拝んだのは7日ということになってしまいました。早く来てもあまり意味がなかったですね。

Macworldで見てきたとはいえ、数分で後ろに列ができている状態で駆け足で見るのとは訳が違い、その薄さ加減にあらためて感嘆の声が漏れるわけです。そして、縁の曲線の美しさにうっとりするわけです。どこかで言われていましたけれど、確かに「白い恋人」のフォルムに似ていますね(笑)

Air05.jpg

Air06.jpg

Air07.jpg

まずは前回書いたCool Feetを使ってMacBook AirでMacBookやMacBook Proの電源を使うということの検証を行ないました。まさにそのために作られたのではないかと思えるほどピッタリの高さになっています。

そんなMacBook Airですが、全然いぢる時間が無く、イーモバイルの設定だけして無意味に外出先でネット接続して満悦しているくらいが関の山状態です。週末にはいくつかアプリケーションを入れてみようと思いますが、今のところSafariなどの動きはサクサクしていて、いわゆる一般的な使用としてはまったく問題ないスペックであるといえます。

MacBook Airはどこかの空(Air)を飛んでいる

投稿者: ほっしぃ 日時: 4日(月) 23:34

Air01.jpg

基調講演が終わった後にApple Storeがオープンするのをリロードして待ちながら、受付が始まったらすぐに注文を入れたMacBook Airですが、最初は2月6日出荷の13日到着となっていたのが急に「商品出荷のお知らせ」が到着しました。出荷日は2月1日になっていてお届け予定日が2月7日となっており、よく調べてみるとシンガポールからの出荷のようです。運送会社のウェブでトラッキングナンバーを調べてみたのですが該当するのがないという答えが返ってくるのが少し不安ではありますが、きっと今はどこかの空を飛んでいることでしょう。

さて、来るまでのお楽しみと思っていましたが、MacBook Airネタを振りつつもこれ以上ないためにひとつだけ小ネタを。

当社取り扱い製品で唯一確実にMacBook Airに対応している製品があります。それはラップトップ用エアスペーサー「Cool Feet」です。このCool Feet、熱を逃がすだけではなく傾斜をつけてタイピングをしやすくしてくれるという優れものですが、MacBook Airに使用すると思わぬ効用があることがわかりました。

CoolFeet.jpg

MacBook Airの電源供給は本体斜め下からの供給で、その位置から専用電源が必要となります。これまでの電源を使用するとMacBook Airを置いてあるデスクにぶつかってしまうのです。これが、Cool Feetを使用するとちょうど接地面が浮くために、これまでの電源も使用することができるようになります。

私を含めてノートをメインで使用している人は自宅用とオフィス用など複数の電源を置いておき、なるべく電源を一緒に持ち運んだりしないようにしている人も多いと思いますが、これまで買った電源資産を活かすことができます(なお、厳密にはMacBook Air専用電源を使うべきなので、自己責任においてご使用ください)。

1

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter