Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

明日はAUGM宮崎開催

投稿者: ほっしぃ 日時: 27日(金) 17:31

AUGM01.jpg

直前の告知となってしまいましたが、明日(11月28日)は宮崎産業経営大学にてApple User Group Meeting in MIYAZAKI 2009が開催されます。1年に1度、恒例となっている宮崎でのAUGMは、今回も盛りだくさんの内容です。以下、公式サイトからの引用です。

日時:2009年11月28日(土)午前11時30分開場 正午開始

会場:宮崎産業経営大学 5号館 5101教室(宮崎市古城町100番地)

参加:MacやApple製品に興味がある方なら、誰でも参加できます。

参加ベンダー及びゲスト:

* マイクロソフト株式会社
* フォーカルポイントコンピュータ株式会社
* トリニティ株式会社
* 一般社団法人 Mozilla Japan
* アドビシステムズ株式会社
* ヤフー株式会社
* 株式会社 物書堂
* 林 信行さん(ITジャーナリスト)
* DANBOさん(Macお宝鑑定団)
* 松村太郎さん(慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)/ 嘉悦大学非常勤講師)
* 斎賀和彦さん(駿河台大学メディア情報学部 准教授)
* テレコムサービス株式会社
* moshi

いつも見る顔ぶれと、そうでない顔ぶれで、いつも来ている人にも新鮮なイベントになりそうです。今回は会場の都合で商品の販売はしませんが、その分、プレゼントを出したいと思っていますので、ご期待ください。それでは、明日会場でお会いしましょう。

中国・深圳でSimplism製品販売中

投稿者: ほっしぃ 日時: 24日(火) 23:31

China01.jpg

China02.jpg

先日、中国は深圳を訪れた際に、Simplism製品を中国市場に販売してくれる代理店の方が、「深圳でも販売しているよ」ということだったので、いくつかの大きなショッピングモールに視察に行きました。10月から中国では北京、上海、広州で販売を開始しているということだったのですが、私は工場がすべて深圳に集中しているということもあり、これらの都市には行ったことがありませんでした。また、いつもギリギリのスケジュールで訪問するため、なかなか他の都市に行く余裕もありませんでしたが、深圳で販売されているとなれば是非とも見ておきたいところです。

China03.jpg

China04.jpg

大きめのショッピングセンター2ヶ所に行きましたが、写真のようにしっかりと製品が並んでいました。当社のラインナップの中でも特にレザーケースとプラスチック、それに電源関係、リモートコントローラーを展開していました。

中国市場は、工場が中国国内にあるということもあって、工場が直接お店にオファーしたりしていて、その場合、破格値で仕入をしているため、シリコンケースなどのあまり特長のないものは展開が難しいということで、前述のような選択をしました。特によく売れているのはバッテリー関係と、Crystal Cover for iPod nanoだそうです。たしかにこの2つは他にはない製品です。

なお、価格は日本の税込価格とほぼ同じで、展開している店舗の競合製品と比べると安めの価格設定となっており、「高いクォリティの製品を買いやすい価格で」というコンセプトが伝わるようになっています。パッケージは完全に中国語にせずに、日本語パッケージに中国語ステッカーを貼る形にして、「日本で売られている(日本人が関与している)」ことをアピールするようにしています(中国の人はなぜか中国製を買いたがらない傾向にあります)。

中国ではiPhoneがまだ正式発売されたばかりで、まだ台数的にも多くないこと(香港経由のiPhoneが多い)やiPodシリーズのマーケットシェアがそれほど高くないということもあり、アクセサリー市場はその人口から考えるとまだまだ小さいのですが、逆にいうと、これから拡がっていく可能性のあるマーケットでもありますので、うまくSimplismのブランドを定着させていきたいと思っています。

デジタルガジェットの休息地

投稿者: ほっしぃ 日時: 20日(金) 23:25

Refresh01.jpg

Blueloungeから久しぶりの新製品【Bluelounge Design】リフレッシュ[Refresh]が発売されます。

元々、増え続けるデジタルガジェットをシンプルに、スマートに充電、そして保管しておくための「聖域」として「サンクチュアリ[The Sanctuary]」が存在していました。Refreshはその弟分として、よりシンプルに、安価に、そしてその名の通り「リデザイン」された充電トレイです。

The Sanctuaryよりもコネクターを厳選してありますが、逆にApple iPodやiPhoneに使用されているDockコネクターを2つ装備しているので、異なるタイプのiPodやiPhoneなどを2台同時に充電することができます(The SanctuaryでもUSBソケットに変換ケーブルを使用することで可能)。その他には日本の3大キャリアであるDocomo, au, SoftBankの携帯電話用のコネクターに加えて、変換ケーブル次第で何にでも使えるUSBソケットを装備しているので、必要最低限の機能はしっかりと抑えています。

Refresh03.jpg

そんなにたくさん充電することはないと思われるかもしれませんが、たとえば夫婦ふたりで生活している場合、どちらかがiPhoneをお持ちで、どちらかが日本の携帯電話を所有している可能性があります。そして、携帯電話と一緒にiPodを持っているとも考えられます。これらが、このシンプルで美しいトレイの上で並べられて充電されている姿を想像してみてください。デジタルガジェットが溢れている今、そんなに不自然な光景ではありませんよね。

Refresh02.jpg

デザインとしては、これまでよりも傾斜を付けたトレイになっており、画面がある程度見えるようになっていますので、ベッドサイドなどに置いた場合、携帯電話の着信などを確認することができます。ほんの少しの工夫ですが、使い勝手は格段に向上します。

真夜中の帰国

投稿者: ほっしぃ 日時: 17日(火) 23:43

私が滞在している中国・深圳は、緯度からすると沖縄よりも南なので通常は日本よりも暖かく、冬でもそれほど寒くないのですが、昨日と今日は凍えるほどの寒さになっています。ホテルなどは暖房設備がないので(夏は暑いのでクーラーはある)、部屋が寒くて重ね着をして寝たほどです。

China01.jpg

というわけで、またもや禁断の真夜中のフライトで帰国となりました。前にも書いたかもしれませんが、基本的に海外出張の帰国は移動時間が無駄になってしまうので休日にすることにしていますが、スケジュールの関係上平日に帰らざるを得ないときには、夜中のフライトにして、そのまま次の日の仕事に突入できるようにするのです。香港から羽田の便は、帰りは4時間弱なのであまり寝ることもできないので辛いのですが、それでも1日をムダにしてしまうよりはマシだと考えて頑張って帰るわけです。

だいたい新製品の準備ができましたので、もう少しでお披露目です。

【速報】中国版iPhoneを購入

投稿者: ほっしぃ 日時: 14日(土) 12:28

China01.jpg

China02.jpg

最近の中国で一番ホットな話題としては、中国通信事業者大手のChina Unicomが正式にiPhoneの発売を開始したということです。発売4日間で5,000台分を契約したというようなニュースもあり、個人的にはやはり日本の10倍くらいの人口規模でいえば少なすぎるとは思っていますが、それでもある程度のニュースにはなっているようです。

そして、発表時に予約はしていたものの、中国に行く機会がなかったので保留になっていたiPhone購入ですが、とうとう行ってきました。

中国でiPhoneを購入するには、現地の身分証明書が必要なので、私がいきなり行って買うことはできません。当社の現地スタッフの身分証明書を使用して購入手続きを進めましたが、店員はそれほど慣れてるようには見えませんでしたので後で聞いてみると、11月1日から正式に発売を開始した(発表は10月)後、この店では10台を販売したとのことでした。目標としては1日1台を販売するということで、今のところはだいたい予定通りといったところのようでした。

ただ、店を見る限りかなり多くのPOPはあるものの、実機を触れるわけでもなく、詳細なカタログなどもなく店員も知識があるわけではないようなので、売りたいという上層部とは別に、末端の販売店はそれほど盛り上がっているような感じはしませんでした。店員に聞いたところによると、私たちが行った店舗はあまり賑わっているところではないのでこれくらいだが、別の場所にある店舗ではすでに60台くらい販売しているとのことでしたので、店舗間で温度差があるのかもしれません。

China03.jpg

私が現在所有しているiPhone 3GS 32GBが黒で、こちらでケースなどの装着チェックなども考えると白を購入した方が良いと思ったので、白購入を希望したところ売り切れているということで「近くの別の店舗にある」というので行ってみると、車で30分以上も離れた場所でした(中国の人たちの「近い」はあまり信用できません)。そこで製品を引き渡してもらうのですが、アクティベーションもWindowsノートを引っ張り出してきて、どこかに電話しながらやっていたので、実際、あまりやったこと無いのではないでしょうか。

China04.jpg

いずれにせよ、中国版iPhone 3GS 16GB白を購入することができました。すでに色々なところで書かれているように、WiFi機能は削られていますが、3G回線を経由して常にiPhoneがインターネットに接続している状態になることができたので、今まで見られなかった「マップ」などで遊んでいる状態です。

まだまだ書きたいことはたくさんあるのですが、ちょっとあまり時間もないので、今後、徐々にいろいろレポートしていこうと思います。なにか試して欲しいこと、確認して欲しいことなどがあればコメントをください。

東へ西へ

投稿者: ほっしぃ 日時: 13日(金) 11:48

China01.jpg

前回のエントリーが日本時間のちょうど一週間前でしたが、もちろん、まだチョコレートの街にいるわけではなくて、日曜日の夜に帰国しています。ただ、その後にまた中国に来ることになってしまって、今は中国の大地を踏みしめています。今度は近日に発表するための新製品の生産状況の確認などをするために来ています。

これまでも書いたように、中国ではiPhoneがただの電話となってしまい、インターネットに接続できる機会も少ないため、なかなかエントリーを書いたりすることができなくなってしまっていますが、合間合間で書いていきたいと思います。

前回の訪問時からおかしかったのですが、iTweetにアクセスできなくなっているようです。Twitterを遮断するのに、こちら経由でのアクセスも止めたということなのかもしれません。というわけで、探せばきっと他にも方法はあるのだろうとは思うのですが、とりあえずこちらの滞在ではTwitterは諦めようかなと思っています。もし、簡単に接続できる方法があれば教えてください。

続きを読む...

チョコレートの街、Harrisburg到着

投稿者: ほっしぃ 日時: 6日(金) 19:49

Air01.jpg

サンフランシスコから北へ飛んだカナダの手前にシアトルという街があり、そこでひとつ大きなミーティングを終え、翌日にフィラデフフィアという空港を経由してハリスバーグという街にやってきました。私もこの街のことはまったく知らなかったのですが、一番有名なのは「ハーシーズ」というチョコレートのようです。写真のようにかなり小さなプロペラ機に乗ってここまでたどり着きましたが、西海岸とはうって変わってものすごい冷え込みです。

そして、到着して間もないのですが、24時間後には帰国の途につきます。あっ、という間の一週間でしたが、いろいろと収穫もあったので充実した一週間でもありました。あとは、今日これから(今は6日の朝6時)最後のイベントがあるのでがんばってきます。

サンフランシスコの食事

投稿者: ほっしぃ 日時: 3日(火) 17:29

SF00.jpg

SF01.jpg

サンフランシスコには、スターバックスがたくさんあります。どれくらいたくさんあるかというと、2ブロック(ブロックは交差点ひとつと考えてください)に1つはあるのではないかという勢いです。前によく行っていたカフェもいつの間にかスターバックスになっていたりして、まだまだ増えている感じがします。それでも、不思議なことにどのスターバックスも人で賑わっています。

というわけで、朝食はスターバックスのオレンジジュース、コーヒー、オリエンタルサラダ、そしてバナナを食べました。アメリカ人らしい朝食ですが、これで11ドルしてしまったのでだいたい1,000円くらいの豪華な食事といえます。

SF02.jpg

SF03.jpg

本日お昼前に当社の取締役副社長が合流したので、一緒にランチを食べました。サンフランシスコといえばクラムチャウダーというくらいどこのレストランにもクラムチャウダーがあり、それぞれ特長のある味があります。ここのはちょっと煮込みが足りないな、という印象でした。アメリカに来るとどうしてもカロリーを取りすぎてしまうので、ランチもシーフードサラダにしてみました。こちらは15ドルほど。

SF04.jpg

夜はノブヒルという坂を上がりきったエリアまで足を伸ばしてみました。普段は行かないところなのですが、おしゃれなレストランがたくさんあるような記事をガイドブックで見たような気がしていたので行ってみたのですが、実際には全然なく(汗)、ようやく見つけたお店に入りましたので選択の余地はありませんでした。その名も、「Nob Hill Cafe」。この名前からするとノブヒルを代表するレストランなんだろうと勝手に推測して期待したのですが、味は「それなり」という感じでした。その割には行列ができるほどでしたが、これは周りにレストランがないからなのかもしれません。

写真はすべてiPhone 3GSで撮影しているのですが、やはり夜には弱いですね。ノイズだらけになってしまいます。

そんな他愛のないエントリーを書きつつ、明日はシアトルに移動します。

表記が難しい、新iPod classic

投稿者: ほっしぃ 日時: 2日(月) 17:13

Classic01.jpg

先日のiPodラインナップ一新の際にひっそりとアップグレードしたのがiPod classic 160GBです。デザインや価格はそのままに、内蔵HDDの容量を120GBから160GBに強化して、より大容量を求めるユーザーへアピールをして、そのコストパフォーマンスからか、劇的なモデルチェンジではないにもかかわらず堅実に売上を伸ばしているとのことです。

さて、このiPod classic 160GBは我々サードパーティからするとほんの少し「困ったちゃん」です。デザインがまったく変わらないということで、基本的にケース系の製品はこれまでの80/120GB用がそのまま流用できるので、「ゴミ」を増やさずにいられるのは良いのですが、この機種をどのように区別して表記するかが難しいところなのです。

iPod classicは初期の頃80GBと160GBを用意しており、厚さは80GBモデルが10.5mm、160GBモデルが13.5mmとなっていました。これが2007年のモデルです。

2008年にはこの2つのモデルを共通化して、価格は80GBを踏襲(29,800円)しつつ120GBのみのラインに変更しました。この120GBモデルは2007年の80GBモデルと同じサイズでしたので、iPod classic 80/120GB対応という表記が成り立ちました。

しかし、今回160GBにグレードアップしつつも、サイズが同じために80/120/160GBが同じサイズに収まったわけですが、2007年に出た160GBと混同してしまう可能性があるのです。実際の所、2年前のモデルを持っていて売り場に来る人はそれほど多くはないとは言え、皆無というわけではありませんので表記に配慮が必要です。

今年の160GBモデルは、Appleのサポート用の名前として「End 2009」が付けられているようですが、今までの通例でいうと「Late 2009」のような気もしますし、なかなかこれではピンと来ないような気がします(Endという単語は、もう今年は出ないよって宣言みたいですね)。とりあえずの苦肉の策として、今後出荷する製品には下記のようなステッカーを貼っていきたいと思いますが、あんまりわかりやすくはありません。店頭で見る際には、ご自身のiPod classicはいつ買ったのかをよーく思い出してください。わかりにくくて申し訳ありません。

Classic02.jpg

最後に再度強調しておきますが、当社取扱のすべてのiPod classic 80/120GB用ケースは2009年9月発売のiPod classic 160GB (End 2009)に対応しています。

アメリカ出張中

投稿者: ほっしぃ 日時: 1日(日) 23:27

SF01.jpg

前回WWDCに来てから約5ヶ月、またアメリカにやってきました。前回は当社製品の海外展開の第一歩を踏み出すべく最終交渉に来たのですが、今回はそれが現実になってきたところでのさらなる展開を確実にするための訪米です。

当然のことながらアメリカはAppleにとっても、そのサードパーティにとっても最大のマーケットであり、すでに数多くの会社が参入しているわけで、当社がいくら日本でそれなりにシェアを持っていようとも、こちらではただの無名のブランドに過ぎません。Simplismというブランドをどう認知してもらって、最終的には店頭においていってもらえるかを考えていかなければなりません。

SF02.jpg

日本からサンフランシスコは約9時間のフライトで、空港に直結しているBARTという電車でサンフランシスコ市街の中心地「Powell」というところまで約30分ほどで到着します。料金も8.10ドルと以前よりも高くなっている気がしますが、それでもタクシーや乗り合いバンよりも安くて便利です。

SF03.jpg

何回もサンフランシスコに来ているにもかかわらず、私は定宿というものがありません。いつも、気まぐれにホテルリストを眺めては場所や価格などの条件で決めており、今回は「Hotel Abri」というところにしてみました。ユニオンスクエアにもほど近くて交通の便も良く、料金も8,000円程度だったのが決め手です。遊びに来たわけでもなく、1人で作業したり寝るくらいですから、それほど高級なホテルに泊まる必要もありません。日本からの飛行機だと朝に空港に到着するのでチェックインさせてくれないところもありますが、聞いてみたらあっさりチェックインさせてくれて、ロビーでコーヒーも飲み放題なのでちょっとゆっくりしてこのエントリーを書いています。

そろそろこちらは日曜日のお昼なので、ランチを探しに散策に行ってきます。

1

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter