Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

ザイオンに美味しいランチを!

投稿者: ほっしぃ 日時: 30日(木) 12:49

Part05.jpg

昨年5月の頭に今のザイオンに引っ越してきてから、ランチをみんなで食べるということをしてきました。キッチンとダイニングを作り、自分たちで作ってわいわい食べるというのをしたかったのです。「同じ釜の飯を食う」という慣用句がありますが、仕事だけではなくて一緒に食事をすることによって連帯感も生まれつつ、栄養面でもサポートできるのではないかと考えたからです。

これまでは当社スタッフがランチを担ってくれていたのですが、どうしても業務が忙しくなりすぎてしまったため、このたび、外部に広く募集をすることにしました。

Part02.jpg

Part03.jpg

Part04.jpg

オフィススペースと同じくらいの広さのキッチン&ダイニングで私たちのランチタイムをサポートしていただける方を募集しています。詳細は下記の通りです。ぜひとも私たちに美味しいランチを提供してください!

Part01.jpg

【パート募集】

当社のスタッフを食事面で支えてくれる方を 募集しています。

会社について:iPod/iPhone/iPad など Apple 関連製品や雑貨などの輸入販売 および自社ブランド製品の開発・製造。

仕事内容:10 数名分の調理、食材の買い出し、片付け、社内清掃などの雑務。

勤務時間:月曜日~金曜日 10:00 ~ 15:00(買い出し時間含む)
*時間外労働なし *休日:土日祝、その他会社が定める休業日

賃金:時給:1,000 円(雇用保険あり)
*1ヶ月間試用期間あり

通勤場所:〒352-0011 埼玉県新座市東北2-14-17 トリニティ株式会社

興味のある方は上記まで履歴書をご送付ください。ご応募など、ご不明な点は当社問い合わせページから「ザイオンランチの件」と書いてお送りください。もしくは、TEL:048-299-3433までお気軽にお問い合わせください。

あらたな人財を募集。そして、大阪へ。

投稿者: ほっしぃ 日時: 26日(日) 15:45

Trinity01.jpg

みなさまの厚いご支持のおかげで、Simplismブランド製品もだんだんと増えてきており、それに伴って修理やサポートも増えてきました。もちろん、できる限り製品の不良や修理などが発生しないように生産体制を整えているつもりではありますが、どうしても販売後に故障するなどのサポートが必要になります。これまでは埼玉にある「ザイオン」にて修理やサポートを行なってきましたが、今回、大阪に修理・サポートセンターを開設することとしました。

現在、サポートマネージャーが大阪におりますので、そこにさらにエンジニアを1名を加えてサポートを充実させていきたいと考えています。今後もSimplismブランドを安心してお届けするために、大阪に勤務できる心強い「人財」を募集しています。詳しい募集内容については下記のリンクをご覧ください。たくさんのご応募をお待ちしています。

人財募集のお知らせ(テクニカル・サポートエンジニア)

今週末はAUGM福岡開催!

投稿者: ほっしぃ 日時: 23日(木) 1:05

AUGMFukuoka.jpg

エントリーがAUGMに集中しているのでそればかりやっていると思われそうですが、いずれにせよ今週末はAUGM福岡がひさびさに開催されます。以下、概要です。

今回はおなじみITジャーナリストの林 信行氏の講演に加え、カシオペアの向谷 実氏が登城するそうで、盛り上がること必至です。こちらのページで事前登録をしているので、是非とも登録の上、ご来場ください。ちなみに、私は今回は一般来場者です。

日付:2010年9月26日 (日)

時間:12:00 受付開始 〜 17:00

場所:九州産業大学芸術学部 15号館 2階 15201教室
(九州産業大学学内マップ)

参加費:無料

内容:
・九州産業大学 芸術学部デザイン学科での映像への取組紹介
・音楽アプリケーション発表(北九州マックユーザーズグループ)
・音楽著作権に関する後援(北九州マックユーザーズグループ)
・Ustream実践講演(iFukuoka)

AUGM東京翌日観光の巻

投稿者: ほっしぃ 日時: 22日(水) 18:54

AUGM001.jpg

AUGM東京には関東周辺だけでなく、全国各地からたくさんの来場者がいらっしゃいました。私たちが普段、別の場所のAUGMにお邪魔する際には、当地の観光名所や美味しいものなどを案内していただいているということもあって、Yahoo! Japanの @buzztum 氏が企画をしてくれて、東京観光ツアーが実現しました。しっかりツアーバス(画面左のバスです)も用意されて、かなり本気のツアーでした。

AUGM002.jpg

AUGM003.jpg

しかし、なぜかヨドバシカメラ秋葉原にみんなで行くというメニュー(笑)。参加者の方々と当社製品を見たり、並べ方を直したり、写真を撮って怒られたり(汗)

AUGM004.jpg

その後は東京らしく、浅草寺に行って天ぷらを食べたり、人力車に乗ったりして東京再発見の旅を楽しむことができました。仕事の都合で途中で抜けてしまいましたが、最後は海ほたるの方まで行ったみたいで、参加者の楽しかったという話がたくさんTwitterに流れていました。

みなさん、東京観光を含めてAUGM東京を楽しんでいただけたでしょうか。

AUGM東京でFingeristライブ

投稿者: ほっしぃ 日時: 21日(火) 18:31

AUGM01.jpg

2週間以上経ってからのエントリーなので、割と懐かしく見られる人も多いはずですね。スミマセン。

思えば、AUGM東京の話が持ち上がったのが3月の頭でしたから、そこからいろいろなことを話し合って、準備をしてきました。いつも参加させてもらっているAUGMではなくて、作る側のスタッフとしての参加でしたから、大変なこともたくさんありましたが、やっぱり最後は楽しかったです。

AUGM02.jpg

オープニングはITジャーナリスト林 信行氏の面白くも最新の情報に触れられる基調講演で盛り上がった後、どんどんといろいろなジャンルのプレゼンテーションが続き、飽きさせない内容だったのではないかと思います。

さきほどスタッフとして参加と書きましたが、最後の音楽セッションだけはThe Fingeristのベーシストとして参加させてもらいました。本当は見ているだけにしようと思っていたのですが、ベースを担当する人がいないということで急遽参加しました。

AUGM03a.jpg

もうFingeristとして定着してきた感のあるSandyTripが演奏した後に、これまた世界三大Fingeristとして名を馳せるITmediaの松尾氏とフォーカルポイントコンピュータの恩田氏が参加してのセッション、その後にiPod Styleの戸津氏と私が参加してのフルバンドでの演奏になりました。

AUGM03.jpg

実のところ、ベースを弾いたことがなかったのに楽曲をいきなり弾くということでかなり心配していました。練習はそれなりにしたつもりではありますが、いかんせんベースの経験がないところでiPhoneで演奏するわけですからかなり「はしょって」のプレイとなりました。

課題曲であった「Stand by me」はコードもフレーズも簡単なので、正直、それほど苦労しなかったのですが、Appleにちなんで椎名林檎の「歌舞伎町の女王」は本当に苦労しました。テンポも速いし、フレーズが難しいし、転調していくのでフレットが足りないという問題もありました。

AUGM04.jpg

AUGM東京本番前日にもバンドメンバーでフォーカルポイントコンピュータの引っ越したばかりのオフィスにお邪魔して練習をしました。余談ですが、この部屋は社長の恩田氏の部屋ですが、まるでスタジオのように音響機材や楽器が並んでいて、遊び心がある部屋でした。立地も素晴らしくて東京ミッドタウンの目の前ながら、緑も見えて開放感もあるオフィスで羨ましかったです。

そんなこんなで、AUGM東京は大盛況で終了しました。ずっと準備をしてきた身としては、来場者の方々が楽しかったと言ってくれるのは本当に嬉しいですね。大変でも、それを聞くとまたやりたいと思う、と他のAUGM関係者が言っていたのを思いだしました。

その後は、懇親会にそのままなだれ込み、司会をさせてもらいましたが全然役に立っていなかったような気がします...。それでも、本当に楽しかったですね。

AUGM05.jpg

熱かったAUGM東京の3日間(の最初の日)

投稿者: ほっしぃ 日時: 9日(木) 21:39

AUGM1st01.jpg

AUGM1st02.jpg

特に九州地区でのAUGMでは県外から参加する人たちを本会だけでなく楽しませようという趣旨の元に、前夜祭と称して現地の名産物を食べさせてくれたり、翌日観光として名所を巡るツアーを企画してくれたりしていますが、それも含めて「AUGM」という感じになってきています。

今回、東京という自分たちのお膝元でのAUGM開催で、逆に九州やその他の地区からいらっしゃる方々に、東京を堪能していただこうとヤフージャパンの@buzztum氏が前夜祭を企画してくれました。東京といえば、もんじゃ、もんじゃといえば浅草、浅草といえば屋形船、と連想されたのかは謎ですが東京ならではということで屋形船に乗ってもんじゃ焼きを食べるという企画になりました。

私はその前に別の「練習」があり、それを切り上げてから行ったのですが、まさかの遅刻をしてしまい、ダッシュで行ったものの屋形船が出航してしまっていたというハプニングにも見舞われましたが(自業自得)、なんと屋形船が帰ってきてくれて、乗せてもらうことができました。ご迷惑をおかけした皆様には、深くお詫びいたします。

というわけで、東京湾を臨みながらながらのもんじゃ焼き、お好み焼き、焼きそばは絶品でした。お好み焼きを作ったら、こんな形にしなくては気が済まない人たちが多かったようで...。

その後も、朝まで飲んでいる人たちがたくさんいたのも、AUGMならではだったと言えるでしょう。私も寝たのは朝の5時くらいだったかもしれません。

AUGM1st03.jpg

AUGM東京2010(取り組み編)

投稿者: ほっしぃ 日時: 5日(日) 21:09

AUGM1st00.jpg

昨日、9月4日(土)に久々となるApple User Group Meeting in Tokyo 2010(AUGM東京2010)が開催されました。AUGM東京2010自体は、本当に多くの方にご支援いただき、予想を大幅に上回る大盛り上がりを見せて終了しました。いつものように事前に告知しなかったりしたのは、少し関わり方が違ったことによります。

今回はこれまでのベンダーとしての参加、とは少し異なり、トリニティ株式会社としての立場ではなく、私、星川 哲視という個人が1ユーザーとしてTokyo Macintosh Users Group(TMUG)に所属していて、そのメンバーとして今回のAUGM東京2010運営委員会に関わっていたのです。

大阪や九州でのAUGMに多くご招待いただき、製品を紹介させていただいたり、当地での食べ物や見物をいろいろと案内していただいたり、AUGMは私にとっては仕事の範疇を超えて(少し言い過ぎかもしれませんが)「ライフワーク」とも言える存在になっていました。そこで、東京でも開催したいという話が持ち上がった際に、まずはベンダーとして参加するのではなく、手伝う側に回りたいと考えました。

そのため、使い方が正確ではありませんが「公私混同」を避けるために、ベンダーとしてのプレゼンテーションは行なわないことにしました。たくさんのユーザーグループやベンダーの方々が出演することが予想され、時間に限りがある中で運営に携わる人の会社が割り込むということはあまり良いことではないと考えたからです。

なお、本会会場とは別に、展示コーナーがあったのですが、そちらは広くスペースがあるということで展示だけはさせてもらうことにしました。ただ、こちらも私としてはまったく関わることなく、当社スタッフに任せて、私の方は運営の方に専念することにしました。

今回、私が担当したのが、ウェブサイトと広報、Twitterの中の人でした。AUGM東京公式ウェブサイトは「ウェブ制作協力」にも記載されているプロの方にお手伝いをいただき、デザインも含めてかなり良いものができたと思います。

広報の方は、Twitterでの告知やAppleのウェブサイト上での紹介をしてもらうなどを行ないました。最近はTwitterでの伝播スピードが半端ではないので、事前登録は開始後9時間で200名の定員数に達してしまうなど、それほど多くの苦労をしなくても告知自体はすることができました。

また、意外と大変だったのがTwitter公式アカウント(@AUGMTokyo)の中の人の役割で、リプライ(@を付けたツイート)やDM(ダイレクトメッセージ)への対応はもちろんのこと、関連用語(AUGM東京、AUGMTokyoなど)のキーワード検索やハッシュタグ(#AUGMTOKYO)を拾ってコメントやリツイートをするということをしてきました。

また、当日は展示ブースの紹介やプログラムの紹介などに忙しくしていて、来場者の方々とあまりお話しすることができなかったのはスタッフとして参加の辛いところでした。

それでも、たくさんの方々から楽しかったというお声をいただいたのが、なによりも嬉しかったです。

朝、並びに行かない新製品発表

投稿者: ほっしぃ 日時: 2日(木) 3:50

Event01.jpg

朝方になってきたので、手短かに。

今回の大きな目玉は製品だけではなく、ライブストリーミング放送がものすごく綺麗で、これからはこのようにほぼストレス無く高画質でイベントを見ることができることでしょう。

さて、今回はある程度予想された発表の範囲内ではありましたが、iOSのアップデート、iPodファミリーの刷新、Apple TVあたりが大きなトピックでした。

個人的にはiPod shuffle(4th)に対してはまったくノーマークだったので、今から焦ってるところです。デザイン的には第2世代のiPod shuffleに回帰した形で、クリックボタンが復活していますので、暗に第3世代のデザイン失敗を認めて修正をしたということなのでしょう。ヘッドフォンのボタンで起動できるのにVoiceOverボタンが本体にあるのは少し謎です。

iPod nanoはこちらもオーディオプレーヤーへの回帰とも言えるモデルチェンジで、ビデオ撮影も再生もできなくなった代わりに、iPod shuffleレベルのサイズまで小さくして、なおかつタッチスクリーンを投入してきました。マルチメディアプレーヤーはiPod touchにすべて担ってもらうということなのでしょうね。価格が9,800円を実現できていたら大ヒット間違いなしだったでしょう。

iPod touchは順当なアップデートで、こちらもひとつだけ残念なのは19,800円(税込)になればかなり売上げが変わったと思います(実際は20,900円)。

iPod classicはSteve Jobs氏にまったく触れてもらえなかったのですが、iPod touchが128GBを実現しなかったので継続販売されるようです。そろそろ消えゆく運命かと思っていたので、こちらも小さなサプライズでした。

最後に、今回のイベントを通してみていた印象としては、正直、準備不足感が否めませんでした。Steve Jobs氏は何回も言葉に詰まったり、言い間違えたり、次のデモに迷ったりしていました。また、それほど大きなインプレッションを受けないデモがいくつかありました。これがほんの少し残念でした。

とはいえ、すべての製品のデザインは秀逸で、どれも欲しくなるモノですね。日本においてはSonyも巻き返してきていますから、これからどうなっていくのか楽しみです。

1

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter