Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

長い開発期間を経て、とうとうSimplism初のタッチペンがデビュー。

投稿者: ほっしぃ 日時: 29日(月) 23:27

Pen07.jpg

正直に告白しましょう。私はずっとスタイラスペンという製品が一定の支持を得てある程度の販売数を獲得しているのは知っていましたが、ユーザーとして考えた場合に、まったくもって必要がないのではないかと考えていました。昔のPDAならある程度必要性はあると思いますが、現在のタブレットでは必要ないのではないかと思っていました。なによりも、スタイラスペンを使うとなると、iPhoneやiPadのマルチタッチジェスチャーができなくなるので、せっかくの良さを殺してしまうモノだと思っていました。

...「7notes」に出会うまでは。

7notes.jpg

7notes」は言わずとしれた一太郎やATOKなどを開発しているジャストシステムの創業者が開発したまったく新しいiPadアプリでした(現在はiPhone版も出ています)。これは、手書きを認識するだけでなく、それを日本語変換することができるという画期的なシステムで、正直に言うとiPadのキーボードが使いにくいと感じていた私にとってはまさに福音といえました。

そして、この「7notes」を使うためにはスタイラスペンがどうしても必要だと感じたのです。人差し指でも中指でも、ずっと文字を書き続けるというのはある程度浮かせていなければならないので腕の運動としても厳しいですし、かなり滑りが良いフィルムを使っていたとしても途中で疲れてしまいます。

前置きが長くなりましたが、それでは市場にある製品ではダメなのかと考えたときに、いろいろと気に入らないところがありました。いくつか買ってみたのですが、まずなによりもデザインが良いモノがほとんどないのです。本気で使うとなれば毎日持ち歩くわけですし、そこでいかにも安く作りました的な製品を使うのは私のライフスタイルには合いません。ほんの一握り、デザインが良いモノはありましたが、デザインに走りすぎて使い勝手としてはあまり良くなく、毎日使うわけにいきませんでした。

また、最近は反応が悪いモノは減ってはきましたが、それでも一部にはグッと押さないと反応しなかったり、ある角度でないと操作できなかったり、と意外とまだ本当に良いものは市場にはないのだと感じました。

Pen06.jpg

それでは、私たちがSimplismブランドとして出すべきスタイラスペンはどんなものなのか。

まずはしっかりと反応することは大大前提として、さらに軽くて長時間の使用に耐えられて、なおかつデザインの良いモノということになります。そう考えていったときに、一般的なペンでは書きやすく疲れにくいように握る部分にグリップを備えているものが多くありますが、これがスタイラスペンにはないということに思い至りました。

一般的なスタイラスペンでは導電性の素材ということで金属のものが多く、円柱型で固いモノばかりですが、ここを握っても痛くならないようなグリップ型にしたいと考えたのです。しかしながら、普通のスタイラスペンが金属で作っているように、金属以外の場合には導電しないという問題がありそう簡単に作ることができないというのが最初の工場の回答でした。

ただ、いつも工場と話すときに言うことは、「不可能ならば、具体的にその根拠を示して欲しい、困難ならば、作ろう」ということです。難しいというのは可能性がゼロではありませんから、難しくてもできるならやりたいわけです。それがユニークな製品作りに繋がっていくのです。

Pen02.jpg

というわけで、途中に紆余曲折ありつつも最終的に完成したのがGrip Touch Penです。名前はストレートすぎるのですが、逆にわかりやすくて良いかなと思っています。特長はなんといってもグリップですが、美しい流線型のシェイプに、出っ張りのないペンクリップホルダーのデザインはSimplismブランドアートディレクターのK大郎氏デザインです。

ペンクリップ部分が細くなっていることによって、グリップ部分のラバー素材の重みでペン先側に重心が寄るため、持ったときのバランスが非常に良く、書き心地の向上に貢献しています。

また、ペン先にもかなり苦心をしています。ペン先というのが非常に感度および書き心地を左右します。この素材、素材の硬度、半球の大きさ、径の幅などが絡み合って、最終的に使いやすさを形成しています。

Pen04.jpg

たとえば、ペン先はできる限り細く作っていますが、市場にある極細の製品と比べると少し大きめです。一般的には細い方がタッチスクリーンの場所を細かく指定できるので良いのですが、実はタッチスクリーンは指で操作することを前提に誤動作を防ぐために一定以上の面積が接地しないと反応しないように設計されています。したがって、細すぎると辺を画面に対して直角に立てて使用すれば良いのですが、斜めにした場合などにうまく反応しないことが多いのです。

また画面操作やスクロールなどで軽く滑らそうとしたときにも接地面が足りずに反応できないことがあるのですが、一部の製品ではこれを解消するために先端素材をものすごく柔らかくして軽く押しても接地面積が拡がるようにしているのですが、書き心地としてはペコペコとしてしまってあまり良くないのです。

ここらへんの諸問題を解決しつつ、書き心地の良さを保ったギリギリの範囲での最少サイズなのです。

ひとつだけ注意としては、遊び心としてペンをかるぅく使ってみようとしたときに、グリップ部分を使わずにペンの末端だけを掴んで使おうとすると、その部分はプラスチックなので導電せずに反応しません。その意味で、本気で使う人向けということになりますので、ご注意ください。

Pen03.jpg

さて、実際に開発してみると前述のように非常にたくさんの要素があり、市場にある製品よりもより良く、なおかつユニークで、デザインも優れているモノができあがってきたと思っています。正直なところ、iPad 2の発売に合わせてリリースしようという計画で進めていたのが、上記のような微調整、および数人の方にベータテスト的に使っていただいてフィードバックをいただいたりというような期間を設けたため、大幅に遅れてしまいました。しかし、それだけ時間をかけたからこその仕上がりになっていると思います。製品のマスプロダクションでも、ペンひとつひとつを当社の中国スタッフがチェックをしてクォリティコントロールを行なっています。

最終的には、価格的にも1,480円(税込)とリーズナブルな設定にすることができましたので、幅広い層のみなさまに使っていただけるのではないかと思っています。是非とも一度、お手にとって試していただければと思います。iPad用というような形で販売しているので、量販店などの店頭ではiPadアクセサリーコーナーに展開されていますが、もちろん、iPhoneやAndroid端末でも使用することができます。

Pen05.jpg

最後は、iPad 2用としてSimplism Leather Flip Note Case for iPad 2にはペンホルダーが装備されているという証拠の写真です。

今度の土曜日はAUGM東京が1年振りに開催。

投稿者: ほっしぃ 日時: 28日(日) 19:09

AUGM01.jpg

来たる2011年9月3日(土)、Apple User Group Meeting(AUGM)東京2011が1年振りに帰ってきます。昨年、Yahoo! Japanの会場を借りて200名の定員で募集したところ、申込が殺到してすぐに締め切られてしまったということを踏まえて、300名収容可能な会場に変更したのですが、それでも数時間で受け付けを終了してしまうほどの大人気ぶりのイベントです。その後に追加募集を40名ほどしましたが、これも1時間かからずに終了し、最終的には340名が参加する大イベントとなりました。

プログラム内容を見ていただくと、AUGMには欠かせないITジャーナリスト林 信行氏のキーノートスピーチあり、ユーザーグループのプレゼンテーションあり、その他、Apple業界の有名企業がプレゼンテーションや製品展示を行なうという本当に盛りだくさんの内容となっています。さながら、小さなMacworldのような様相です。

もちろん、私も参加させていただき、プレゼンテーションと最新の製品展示、さらにはその場だけの特別価格の提供などできる限りの協力をさせていただこうと思っています。

そしてそして、AUGMは本会だけではありません。前夜祭と称して、大江戸温泉物語(お台場)で盛り上がり、当日は本会終了後に200人以上が参加する懇親会、さらには翌日観光という3点セットも付いてユーザーとベンダー、業界の著名人などが情報交換をして楽しむことができるのです。懇親会関係はこちらの「FUN」ページをご覧ください。

普段はウェブサイトや雑誌だけで見ていた製品を間近で見たり、開発している人の話を聞いたり、愛読している雑誌や本の著者に会ったり、人気ブロガーと話したり、日常では体験できなことを体験できる機会です。残念ながら、すでに事前登録は締め切ってしまっているので新たに参加することはできませんが、すでに参加登録されている方々は一緒に盛り上がりましょう。

私の方は、非常に残念ではありますが翌日観光だけは参加することができませんが(理由は追って)、それ以外はフル参加していく予定ですので、みなさん一緒に楽しみましょう。

AUGM東京公式ウェブサイト

■開催日時

2011年9月3日(土)
開場:9:30
閉場:18:00

■会場

渋谷シダックスホール
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-12-13 渋谷シダックスビレッジ2F

■ユーザーグループによるプレゼンテーション

AoMacクラブ
湘南マッキントッシュユーザーズグループ
東京マッキントッシュユーザーズグループ
千葉工業大学Mac研究会
ゆうMUG - ぷらすゆうMacユーザーズグループ
Macで音楽クラブ

■キーノートスピーチ

林 信行氏:デジタルライフスタイルの第2章

■ベンダープレゼンテーション

アドビシステムズ株式会社
株式会社市川ソフトラボラトリー(SILKYPIX)
エキサイト株式会社
株式会社ジャストシステム
ソフトバンクBB株式会社
トリニティ株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
日本マイクロソフト株式会社
パラレルス株式会社
株式会社PFU
フォーカルポイントコンピュータ株式会社
株式会社MetaMoJi(7notes)
株式会社メディア・インテグレーション

詳細はAUGM東京公式ウェブサイトをご覧ください。

3年振り2回目の訪問は大満足のAUGM熊本

投稿者: ほっしぃ 日時: 21日(日) 23:54

AUGM01.jpg

AUGM02.jpg

夏期休暇で電波の届かない小笠原へ行ったこともあり、かなりご無沙汰をしてしまいましがた、みなさまご機嫌はいかがでしょうか。

小笠原から帰ってきた翌日からAUGM熊本に参加してきました。3年振り2回目ということで、ずいぶんお久しぶりな感じではありましたが町並みなど(食べたものも)も記憶に残っていて、なんとなく「帰ってきた」という感じでした。

今回の会場はスターライト・カフェという結婚式場で、それが故にところどころに華やかさが漂う素敵な雰囲気の中でのイベントでした。

20分という持ち時間ではすべてを語りきれず、ある程度確信犯にオーバーして約30分くらい話をさせていただきました(スミマセンスミマセン)。

会場キャパシティギリギリの約120名の来場者があり、みなさんしっかりと耳を傾けていただき、懇親会でもたくさんの方とお話しすることができました。これもすべて、運営の皆様や関係者の皆様、そして来場者の皆様の支えがあってやっていけることです。準備から運営まで大変な努力の結果として大盛況だったと思います。すべての関わっていただいた皆様、本当にありがとうございました。

というわけで、書き始めるとたくさんのことがあったのですが、熊本3大グルメである、馬刺し、太平燕、そしてラーメンをそれぞれ堪能することができました。名物とは言いつつもそれほど満足できない場合もあるのですが、今回は地元の方々のご協力によりそれぞれ大満足できるものにありつけたのです。また訪れたい街のひとつになりました。

AUGM03.jpg

AUGM04.jpg

AUGM05.jpg

8/20は久しぶりのAUGM熊本が開催

投稿者: ほっしぃ 日時: 11日(木) 22:55

AUGM01.gif

明日からソフトバンクの電波の届かないところに行くので、今のうちに告知をしておきたいと思います。

上記イメージにもある通り、3年振りのAUGM熊本が来週8月20日(土)に開催されます。前回のエントリーを見てみるとかなり懐かしいスライドです。かなりラーメンな3日間だったような思い出があります。

AUGM熊本オフィシャルウェブサイト

日時:2011年8月20日 土曜日 13:00〜18:30
会場:スターライト・カフェ

今見ると、まだ事前登録ができるようなので、是非とも奮ってご参加ください。今回もたくさんの新しい製品を持ち込んでプレゼンテーションをさせてもらおうと思っています。

6年目の夏休み

投稿者: ほっしぃ 日時: 6日(土) 17:29

Summer01.jpg

2011年夏期休業のお知らせ」を掲載しました。6年前に起業してから、少人数だったからということもあり、ずっとこの時期に1週間の夏期休業を取らせていただいています。1週間というのは一般的な企業から比べると少し長いようですが、いつも精一杯働いているので、こういう機会にはできる限り休める方が良いと考えているので、土日を挟んで丸々1週間休めるようにしています。

タイミング的には同様の時期にお客さんも休みの場合が多いので、合わせる方が迷惑がかかりにくいということも考えてこの時期にしているのですが、今後はやはり1週間丸々閉めてしまうのもまずいという状況になってきてしまいそうなので、来年からは各自がそれぞれ夏期休暇を取って、会社としてはオープンしたままにするかもしれません。

実のところ、個人的にはこれまでの夏休みは、会社に電話がかかってこなくなり、メール量も激減するために「仕事をしやすい期間」という位置づけでいたのですが、今年は小笠原諸島へ行くことにしました。スタッフに小笠原出身者がいるのもあり、チケットを取る際にはまだ世界遺産に正式登録されていなかったので、行くとしたら最後のチャンスということで決めました。

いつか社員旅行でも行ってみたいと思っていたのですが、船で約24時間かかるため、往復だけで2日を消費してしまうという恐ろしい日程になってしまうため、なかなか社員旅行にはむかない行き先だと思います。おそらく、ネット接続もできないので長い間オフラインになる可能性がありますが、こういう体験って長いことしていなかったと思いますので、逆にオフラインでしかできないことで楽しむのも良いかなと考えています(ウソです。本当は焦ってDocomo回線のデータ通信端末を探しています)。

みなさんも、素敵な夏休みをお過ごしください。

Jawbone UpdaterがOS X Lionに対応。

投稿者: ほっしぃ 日時: 5日(金) 18:00

Lion01.jpg

OS X LionにJawbone Updaterが対応しておらずに、MyTALKが正常に動作しなくなるという報告をしたのが、ちょうど2週間前でした。それからずっと、毎日のようにどうなっているか確認して開発元に嫌われ始めてまったく返信が無くなってしまった今日この頃ですが、とうとうアップデーターがリリースされました。

Updater01.jpg

MyTALKにアクセスするとJawbone Updaterが起動していると(メニューバーに「J」マークがあります)、自動的にアップデートを促されるメニューになります。そのままダウンロードしてインストールしていただくだけで問題が解決してMyTALKが使用可能になります。

ご不便をおかけしましたユーザーの皆様には深くお詫びいたします。今後もJawbone製品およびMyTALKでの新しい機能の提供をお楽しみください。

1

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter