Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

2011年を振り返って

投稿者: ほっしぃ 日時: 31日(土) 22:04

Xmas.jpg

2011年を振り返ってみると、どうしても東日本大震災がまず最初に頭に思い浮かんでしまいます。その少し前から私たちはiPad 2発売に向けて準備をしており、私はiPad 2がアメリカで先行発売されるということでニューヨークに飛んでいたときに、大震災が起こりました。その意味では、私自身はあの震災をこの身では体験していません。

現地で寒い中並んでiPad 2を手に入れても、なかなか喜びを表に出しづらかったという記憶があります。現地ではまだあまり実感が湧かなかったのですが、あの未曾有の大震災はこれが始まりでした。そして、まだ終わっていません。

Fukushima.jpg

これからまだまだ続く復興への道、私たちにできることは何なのか、震災直後には義援金メーカーと協力しての支援キャンペーンを行ないましたが、その後に継続的に支援をできていないことが心残りでした。

Kesennuma01.jpg

先日、気仙沼には行くことができ、復興の息吹が感じられつつも、まだ道半ばだということを再認識しました。毎日の仕事に追われながらも、忘れないようにすることが大事ですし、なにができるかを常に考えていきたいと思っています。

そして、もうひとつ。今年はスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった年でもあります。

Steve.jpg

私が音楽を作るきっかけとして触れたMacから始まり、音楽を聞くスタイルを変えてくれたiPod、ライフスタイルすら変えてくれたiPhone、そして今ここで働いていることも、多くの仲間たちと知り合えたことも、すべてスティーブ・ジョブズがいなかったら実現しなかったということは、紛れもない事実です。

まだまだこれから新しい世界を見せて欲しかったのに、本当に残念ですが、自分たちでもライフスタイルを変えていけるような「なにか」を作れるように頑張っていきたいと思います。

2011年、大切なものをいくつか失いましたが、それでも一生懸命頑張って走ってきたつもりです。みなさまの多大なるご支援のもと、なんとか笑顔で年を越すことができそうです。

当社取り扱い製品をご愛顧いただいたみなさま、販売してくれたお店の方々、流通していただいたみなさま、中国で一生懸命生産してくれた工場、それを管理してくれた当社中国スタッフ、そして当社スタッフの頑張りがなければ、ここまでやってこられませんでした。すべての関係者の方々に感謝を込めて。

2011年、ありがとうございました。良いお年をお迎えください。

中間申告・納税についての考察

投稿者: ほっしぃ 日時: 24日(土) 23:40

Xmas01.jpg

少し難しそうな話をしますが、これはずっと前から感じていたことで、中小企業の資金繰りを悩ます原因となる問題で、改善していただきたいと思っているのでまとめてみます。

・中間申告・納税とは

前期の法人税納税額が20万円を超えた場合、今期の税金を前払いする「中間申告」と「中間納税」が必要となります。申告期限は、決算開始から6ヶ月を経過した日から2ヶ月以内(決算日から8ヵ月後)となります。たとえば4月決算の当社の場合、10月が中間決算月となり、12月31日が申告期限(納付期限)となります。

これは分かりやすく言うと、前期に利益を残して納税した場合、今期(納税した翌期)の中間で一度法人税・消費税を前払いする制度です。なぜこのような制度があるのかはわかりませんが、法人税・消費税を取り損ねないようにしているのかもしれませんが、これは非常に大きな問題を孕んでいます。

・中間納税の額

この納税額については2つの方法で算出することができます。

[仮決算]
半年間分の仮決算を行ない、その時点での申告額を算出する方法がありますが、下記の書類を用意しつつ決算処理を行なうので、非常に手間と費用がかかります。

- 半年分の貸借対照表と損益計算書
- 勘定科目内訳明細書
- 資本積立金額の増減に関する明細書

[予定納税]
前事業年度の法人税額を基礎として、次の算式により月割りで予定納税額を計算するやり方です。この中間申告により納付すべき法人税額等の計算は「前事業年度の納付法人税額×1/2」となるので非常に簡単で、単に納税額の半分ということになります。

当然、後者の方が楽なのですが、昨期にはそれなりに利益を残すことができたけれども、今年は業績が落ちているので、最終的に決算で昨期ほどの結果にはならない、などという場合には前者を選択することもありですが、手間と費用がかかってしまいます。

中小企業(当社は零細企業)では、人数も少ないですし資金力もあまりないために、ここで手間暇かけて仮決算をすることができないので、ほとんどの場合「予定納税」をしますが、まだまだ半年残っている状態でどうなるかわからないのに「去年と同じだけ稼ぐだろいう」ということを前提に納税をしなければならないのです。

この意味が分かりますでしょうか?

特に年末の資金需要が多いときで、なおかつまだ決算も終わっていないのに現金を税務署に持っていかれるわけですから、キャッシュフローがものすごく悪くなります。4月決算の場合、まず法人税を6月末日に支払っています(決算後、2ヶ月以内に納付する必要があります)。さらに12月末にその半額を払う訳ですから、それまでの6ヶ月にそれを上回る利益とキャッシュフローを構築しておかなければ、現金が大幅に減ってしまうのです。資金力のある大企業と違い、中小企業や零細企業では、銀行から借り入れをしない限り払うことができなくなります。

企業にとって現金は血液のようなもので、それがあるからこそ仕入や投資、日々の販売管理費を支払っていくことができます。これをこの制度では先に抜いてしまう訳です。経営者ならよく分かると思いますが、黒字決算と現金の額は必ずしも一致せず、利益が出ていても現金はそれほど増えていない場合の方が多いのです。そこにこの制度が追い打ちをかける訳です。

銀行に預けていればもらえたはずの(現在は微々たるものではありますが)金利も受け取ることができませんのでせめて金利くらいは払ってもらいたいところです。もちろん、本決算をして支払いが過剰になっている場合には還付をしてくれます。たとえば、前期1,000万円納税した場合、予定納税では500万円支払う必要がありますが、本決算時に納付額が300万円だった場合には200万円が返ってきます。しかし、それは6ヶ月後なのです。大事な現金=血液を6ヶ月も寝かせてしまうことになるわけです。

さらにヒドイのは、実は調べてみると、中間納税した額に対して金利を付けて還付するという制度がありましたが、この還付金利は本決算をして納税額が決定してから還付が行なわれる日までということなので、預かるのは6ヶ月でも金利を付けるのはたった2ヶ月分となるわけです。しかも、還付分に対してだけなので先ほどの例では予定納税した500万円ではなくて200万円にしか金利が付きません。

こんな制度では中小企業が頑張って利益を出して納税する気にもなりませんし、資金繰りが悪化して経営不振になりかねません。日本の経済再生のためには中小企業が元気になる必要がありますが、こういうところでやる気を削いでいるということを理解していただき、なんとか制度を改善していただきたいところです。

HolidayとNew Yearには気分を変えて

投稿者: ほっしぃ 日時: 23日(金) 16:59

Holiday.jpg

NewYear.jpg

Jawbone製品に共通する特長として、オンラインでさまざまな設定を行なえる「MyTALK」という仕組みがあります。

※MyTALKについて、詳しくは以前のエントリーをご覧ください。

そして、ここで各種サウンド設定を行なうことができますが、そこに現在HolidayとNew Year向けのサウンドが公開されています。起動音や終了音、バッテリー残量の読み上げなどさまざまな効果音がホリデー気分や信念気分を盛り上げてくれますので、ちょっと普段と違うサウンドを楽しんでみてはいかがでしょうか?

素敵なグリーティングカード同梱中

投稿者: ほっしぃ 日時: 11日(日) 23:26

Card01.jpg

店頭ではクリスマス色が増えてきていますが、今年も当社が誇るデザイナーによる素敵なグリーティングカードが仕上がってきました。現在、当社オンラインストアで商品をご購入いただくと、もれなくグリーティングカードが同梱されて送られてきます。数に限りがあり、クリスマス前でも無くなり次第終了してしまうので、Simplismファンのみなさまにおかれましてはお早めに。

なお、2010年版グリーティングカード2009年版グリーティングカードも格好良いのでご参考までに。

それではみなさま、良い年末年始をお過ごしください。

2011年年末年始休業のお知らせ

投稿者: ほっしぃ 日時: 9日(金) 18:42

急に寒くなってきて冬が本格的に到来してきたなと思ったら、もう年末年始のお知らせの時期になりました。毎年毎年、早いもので...と書いているのですが、今年も書かざるをえません。なお、一昨年まではかなり長い休業をしてきたのですが、去年から割と普通になってきて、今年はいたって普通の休業日設定となりました。段々と普通の会社になってきてしまったということでしょうか。

なにはともあれ、関係者の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、オンラインストアの出荷やお問い合わせの対応なども含めまして、下記のスケジュールの通り行ないますのでよろしくお願いします。

【年末年始のお知らせ】

当社では下記期間中を年末年始の休業日とさせていただきます。ご不便をお掛けしますが、ご理解の上、何卒ご了承賜りますようお願いいたします。

休業日:2011年12月28日(水)~2012年1月4日(水)

Trinity Online Storeは上記期間もご注文を受け付けますが、発送につきましては、通常と異なりますのでご注意ください。

【 Trinity Online Store 発送日 】

〜2011年12月27日(火)AM10:00までのご注文:
2011年12月27日(火)発送

〜2012年1月5日(木)AM10:00までのご注文は:
2012年1月5日(木)以降順次

なお、電話・メールなどによるサポートも1月5日以降の対応となります。ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

Simplismクリスマスプレゼントキャンペーン2011開催

投稿者: ほっしぃ 日時: 6日(火) 8:22

Xmas01.jpg

今年も残すところあと1ヶ月。そろそろ街中もクリスマス色に染まってきました。そんな中、私たちのオリジナルブランドSimplismでは、iPodアクセサリーを対象にクリスマスプレゼントキャンペーンを開始しました。

当社オンラインストアにおける対象商品(製品購入ページに記載があります)もしくは量販店店頭に下記のシールの貼付されている商品をご購入いただくと、クリスマスプレゼントが当たる抽選に参加することができます。

Xmas02.jpg

クリスマスプレゼントは超豪華、というほどではないかもしれませんがもらって嬉しいモノばかり(のはず)。高級イヤフォンはなんせ高級なものですし、JAMBOXは言わずとしれた大人気スピーカー、SimplismオリジナルTシャツはまったく新しくデザインしたものになりますし、金と銀のストラップはどこでも買うことができません。

みなさん、奮ってご応募ください。

■高級イヤフォン:1名
iPodやWALKMANの音楽を聴くために最適な当社選定の高級イヤフォン。

■Jawbone JAMBOXスピーカー:5名
小型ながら大音量、ファームウェアのアップデートが可能で進化を続けるJawboneの高機能Bluetoothスピーカー。

■SimplismオリジナルTシャツ:10名
当社SimplismブランドのロゴをモチーフにしたおしゃれなオリジナルTシャツ。

■金または銀のDockStrap:100名
iPod/iPhoneを最も簡単に首から提げられるストラップ。通常品にはない限定色で目立つこと間違いなし。

※プレゼントは予告なく仕様変更となる場合がございます。
※プレゼントのカラーは選択いただけません。

駆け抜けたAUGM宮崎2011

投稿者: ほっしぃ 日時: 5日(月) 20:11

AUGMMiyazaki01.jpg

すでにこのトリログを読んでいる方ならおわかりの通り、私にとってのApple User Group Meeting(AUGM)はライフワークとも言える存在で、どんなに忙しくてもなんとか時間を作ってきました。もちろん、今回も当日の本会自体には間に合ったのですが、いつもは前夜祭や翌日観光にも参加して、大いにその地を堪能するというのが楽しみだったのですが、今回は本当に止むに止まれぬ事情により、その両方とも参加することができませんでした。

当日も、朝4時に起きて羽田空港に行くというかなりハードなスケジュールでしたが、なんとか宮崎空港に到着してみると、このお方に出迎えていただきました。

AUGMMiyazaki02.jpg

残念ながら寡聞にして現在の知事のお名前もお顔も存じ上げないのですが、どうしてもこの方に比べると一般的には知名度が低いらしく、多くの場所でなぜか犬に置き換えられているという話でした。

AUGMMiyazaki03.jpg

AUGMMiyazaki04.jpg

さてさて、今回のAUGM宮崎はこれまでと違い、一般の施設を使用しての開催でしたので、デモをする製品をその場でお得に買えるといういつものパターンを宮崎の方々にも提供することができました。

モノを売ることが目的ではありませんが、デモを見ていただいて、その製品が欲しいと思っていただいたとしたら、とても嬉しいことです。

AUGMMiyazaki05.jpg

じゃんけん大会では当社オリジナルラグランを手に入れた方が満足そうにされていました。これからは毎日着るとおっしゃっていたのですが、本当でしょうか。

というわけで、AUGM宮崎関係者の方々には空港までお迎えに来ていただいたり、その他会場セットアップからゲストのアテンドなど、たくさんサポートをいただきました。ありがとうございました。また、来場者の方々にはたくさん声をかけていただき、楽しく話をすることができました。1年に1度くらいしか来ることはできないのですが、宮崎はいつも楽しく訪れることのできる街のひとつです。

今回は滞在時間が短かったということもあり、なかなかいつものようにグルメツアーはできませんでしたが、それでもたくさんの美味しい思い出もいただくことができました。

AUGMMiyazaki06.jpg

AUGMMiyazaki07.jpg

AUGMMiyazaki08.jpg

AUGMMiyazaki10.jpg

AUGMMiyazaki11.jpg

AUGMMiyazaki12.jpg

AUGMMiyazaki13.jpg

AUGMMiyazaki14.jpg

AUGMMiyazaki15.jpg

1

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter