Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

Appleエグゼクティブ変更で未来が変わる?

投稿者: ほっしぃ 日時: 30日(火) 9:48

Apple.jpg

MACお宝鑑定団の記事で知りましたが、Appleがエグゼクティブメンバーの組織変更を行なったようです。今のところ、日本語での発表はないようですが、英文でのリリースはこちらに掲載されています。

リリースを見ると、ジョナサンアイブ氏がヒューマンインターフェース担当、ボブマンズフィールド氏がワイヤレステクノロジー担当、エディキュー氏がSiriとMap担当、クレイグフェデリギ氏はiOSとOS X担当と追加の役割が与えられており、スコットフォーストール氏は来年に退職し、それでも当面は暫定的にティムクック氏のアドバイザーを務めるとされています。

ジョナサンアイブ氏がハードウェアだけでなくヒューマンインターフェースも担当するというのは、統一感のある製品作りには良い方向なのだと思いますし、辞めるのではないかという噂もあった中では、個人的にはホッとしました。

クレイグフェデリギ氏がiOSとOS Xを統括するということは、やはり両OSの完全統合の流れは加速していくのでしょう。これはAppleの方向性としては当然ですし、2つのチームが共同作業になるということはよりシームレスな環境を提供することになるのでしょう。

エディキュー氏はこれまでオンライン関係のサービス担当で、正直あんまりパッとしないイメージがあったのですがティムクック氏にシニアバイスプレジデントに昇格してもらい、今回さらにSiriとMapsというかなり重要な製品の担当になります。特にMapsはAppleの威信をかけた製品となり最重要製品でもあると思われますが、それを担当するという意味ではAppleの中でもかなりの重要な人物であるということなのでしょう。

逆にスコットフォーストール氏はこのSiriとMapsを最近発表したことでも知名度がある人物ですが、Siriもかなり押してはいますがイマイチなところもあり、MapsではAppleの評判を落としたとも言えますのでその責任を取った形なのでしょうか。個人的には好きな人物だったので惜しい限りです。

それにしても、Appleという世界一の株価を誇る企業の経営陣がこんなに少なく、なおかつ担当している製品が多いというのは、個人的にはひとつひとつの製品の完成度の低さに直結したりリーダーシップが失われるのではないかと危惧しますが、これまでも少人数で作り上げてきたわけで多ければ良いということでもないということなのでしょうね。

P.S.
この方は失敗だったんでしょうか...(ついこの間の4月に入ったばかりでした)。

AUGM名古屋、外せないものの数々

投稿者: ほっしぃ 日時: 28日(日) 23:47

AUGM758_01.jpg

以前のエントリーで告知したAUGM名古屋が開催されました。伏見駅そばにある「電気文化会館」で開催されました。つい先ほど帰ってきたので、取り急ぎ忘れないうちにエントリーを書いておこうかなと思います。

AUGM758_02.jpg

雨も心配していたのですが、なんとか降らずにいてくれて、会場はほぼ満員という状態でした。iPodをきっかけにiPhoneやiPadのユーザーが爆発的に増えているので、どこのAUGMも参加者の人数がどんどん増えていって、イベント自体が大規模なものになってきていますね。

AUGM758_03.jpg

今回も会場後ろの方に店を広げさせていただいて、紹介した製品をその手にとって見てもらったり、欲しくなったらAUGM会場特価で買っていただけるようにして、少しでもイベントに参加した特典があるようにしていましたが、久々に参加したということもあってか(もしくは現金がなくてもカードで買えますと退路を断ったおかげか)、たくさんの方に購入していただくことができました。ありがとうございました。

AUGM758_04.jpg

私のプレゼンテーションでは、やはり今が旬のiPhone 5関連アクセサリーの紹介や、ほんの少しだけ新しいiPodシリーズiPad miniシリーズの紹介、そしてiOSデバイスを持っていない方向けにはBook Sleeveシリーズを紹介しました。また、名古屋ではまだ紹介をしていなかったJawbone JAMBOX/BIG JAMBOXもデモをしたところ、1万円以上の高価な製品なのにもかかわらず購入していただけました。

そんなこんなで、AUGM名古屋のイベント自体はあっという間に終わってしまい、懇親会もかなり多くの方が参加されて、本当に大盛況といった感じでした。

AUGM名古屋は事前の準備にかなり労力をかけていたようで、当日の準備などはてきぱきと素早く、私たちベンダーへの対応もしっかりしていてとても助かりました。AUGM名古屋運営の皆様にはとてもお世話になりました。ありがとうございました。

また、来場された皆様、商品を購入していただいた皆様、誠にありがとうございました。またの機会がありましたら、お誘いいただければ再訪したいと思いますので、その際には是非ともお声がけください。

AUGM758_05.jpg

AUGM758_06.jpg

さてさて、AUGM名古屋から一夜明けて日曜日。久々に名古屋に来たからということで一部の方々と名古屋ぶらり旅を実行しました。実際には食い倒れの旅、と言っても過言ではないくらい、食べまくってしまいましたが。

最初は世界最大でギネスブックにも載っているという名古屋市科学館のプラネタリウムを堪能しました。大きいし、とてもゆったりとした空間で、後半は記憶が...(汗)。

AUGM758_07.jpg

AUGM758_08.jpg

名古屋と言えば櫃まぶし、ということでこれは実のところ前日に食べたのですが、名鉄百貨店にある「まるや本店」でいただきました。以前に来たときにも食べて美味しかったことから、ここは外せないなということで食べてきました。相変わらず、鰻の香ばしい香りと、外側はカリッとしつつもトロッとした食感はさすがでした。

AUGM758_09.jpg

ここからが翌日食い倒れツアーですが、前日に朝まで食べたりしていたということもあって、ホテルでの朝食券は無駄にしてお昼からスタートです。最初は「スパゲッティハウス ヨコイ」の定番「ミラカン」をいただきました。ミラネーゼとカントリーを合わせてミラカンという、よく調べないとなんのこっちゃという感じなのですが、名古屋のソウルフードのようであんかけソースだけで販売されているほどです。

AUGM758_10.jpg

さきほどが朝食の代わりとすると、どうしても食べておきたかったのが「台湾ラーメン 味仙」の台湾ラーメンです。こちらも以前に食べたことがあり、辛さがパンチが効いていてそれでいて味わいがあるおいしさということでまさに病みつきになってしまったのです。以前は今池本店の方に行きましたが、今回はツアーの関係上矢場店の方に行きましたが、味はほとんど変わらなくて汗だくで平らげました。

AUGM758_11.jpg

かなりパンチが効いた辛い台湾ラーメンを食べた後は、あるお方がどうしても行きたいとおっしゃるのでメイドカフェの先駆けと言える「M's Melody」に行ってきました。特に興味はなかったのでハーブティーだけ飲んで出てきましたが、あるお方はご満悦のようでした。

AUGM758_12.jpg

その後は、AUGMのじゃんけんマスターMACお宝鑑定団DANBO氏が名古屋のB級グルメの最高峰「喫茶マウンテン」に連れて行ってくれました。元々予定していなかったということで、その前の3時間の間に2食もしてしまっていたので、コンディションとしては最悪だったのですが、せっかく連れて行っていただける(登山と呼ぶそうです)ということでこのチャンスを逃してはいけないということで行ってきました。

AUGM758_13.jpg

ご存じの方も多いと思いますが、このマウンテンは量が半端じゃなく多いというのがひとつの特長です。DANBO氏が軽く頼んだコーヒーフロートは上に乗っかるアイスが大きすぎて浮いていません(笑)

AUGM758_14.jpg

一緒に参加した女性陣がシェアしながら食べた「マヤのピラミッド」も相当な高さでした。

AUGM758_15.jpg

極めつけは私が頼んだ「フルーツ氷」はもう顔よりも大きいサイズです。食べていくウチに溶けて崩壊していきそうになるし、かといって食べても食べても減りません(汗)

AUGM758_16.jpg

他の人も食べきれないほどの量の料理が出てきて、同じ味を食べ続けるとさすがに無理だということで交換したりしながら、なんとかすべての料理を完食することができました(登頂と呼ぶらしいです)。

AUGM758_17.jpg

AUGM758_18.jpg

そして、日も暮れて帰ろうというところで、もう苦しくてはち切れそうだというのに、美味しい栗きんとんがあるということで「すや」でひとつだけ栗きんとんをいただきました。これがものすごく美味しくて、今まで食べた栗きんとんの中でも一番美味しいと言えます。

というわけで、地元の方々にいろいろとお世話になりながらも、食べまくって苦しくなって帰って参りました。お付き合いいただいた皆様、どうもありがとうございました。また来ますので、よろしくお付き合いください。

新しいカテゴリーiPad mini登場とアクセサリーラインナップ

投稿者: ほっしぃ 日時: 24日(水) 16:02

iPadmini00.jpg

すでに多くのメディアに掲載されているとおり、昨夜未明、アメリカはサンフランシスコにてApple主催のメディアイベントが開催され、新しいMacBook Pro 13" Retina Display、Mac mini、iMacが紹介され、iPad(3rd)がより進化してiPad(4th)へと変化を遂げ、さらに新しいカテゴリーであるiPad miniが発表されました。

ちょうど中国に出張に来ていて、朝から晩までミーティングをやっていて、少し忘れかけていたのですがTwitterなどで思い出してちょうど家に着いたらライブストリーミングが始まっていました。Appleによるライブストリーミングは久しぶりでしたが、中国の非常に悪いネット回線でもかなりの画質で、たまにしか止まらずに見ることができたのはすごいですね。

iPadmini01.jpg

さて、iPad miniです。巷では期待外れとかなんとかいろいろ言われていますが、もうそれって恒例行事かなと思うくらい、iPhone 4Sの時の発表直後の酷評からものすごい勢いで売れた件なども含めてほほえましく見られるようになりましたね(笑)

当然、当社でも水面下では開発を進めており、明けた今日、ラインナップを発表しました。事前にしっていからと言ってリークするようなことは絶対にしませんし、一部で話題になっている「なんだか分からない穴」というのもありませんので、安心して購入していただければと思います。

20121024_ipadmini.jpg

iPad miniに対応したアクセサリー、計10製品を発表 | トリニティ株式会社

iPad miniの使い勝手を考え、さらに自分らしさを演出するためのデザインを追及した自信のラインナップですので、是非ともご期待ください。全製品ではありませんが、iPad miniの発売日に合わせた形での発売になります。詳細は追ってご案内しますので、今しばらくお待ちください。

今週末は久しぶりのAUGM名古屋開催。

投稿者: ほっしぃ 日時: 23日(火) 15:23

AUGMNagoya01.jpg

またまた「今週末は」から始まるタイトルで恐縮ですが、今年はまだ判明しているだけでも気仙沼と盛岡が残っているので、少なくともあと2回はこのタイトルを使うことになりますので悪しからず(タイトルを変えれば良いという話は受け容れられません)。

さて、私にとっては2007年以来の参加になりますが、名古屋は意外と通り過ぎてしまうことが多い町なので、楽しみです。

AUGM名古屋開催概要

日 時:2012年10月27日(土)
開場時刻:11:00
開演時刻:11:30 (予定)
場 所:電気文化会館 イベントホール (5F)
定 員:180人
参加費:無料(事前登録が必要です)

P.S.
たまにしか行かないAUGMの地ですので、もしいつもは見られないけれどもこの製品を見てみたい(そして買いたい)というような要望がありましたら、コメント、もしくはTwitter(@hosinity)でご連絡いただければできる限り対応します。

iPhone 5の壁紙をケースとコーディネートして彩る

投稿者: ほっしぃ 日時: 20日(土) 22:27

fabriccoveriphone12_con_019.jpg

まだまだひとつずつの製品紹介をしきれていないのですが、発表済みのラインナップはすべて出揃いました。今回は、今までよりも柄や素材、パターンを多彩にしていますが、それにマッチした待受け画面画像を配布することにしました。

これにより、ケースのデザインと待受け画面を合わせられるので完全にコーディネートされたiPhone 5を持つことができます。

iPhone 5用ケース待受け画面ダウンロードページ

Sato01.jpg

Sato02.jpg

ちょっと写真がうまく撮れていなくて恐縮ですが、AUGM沖縄にてファブリックカバーを購入していただいた@sato_net氏の友情出演です。このように表も裏も揃っていると美しいですね。

floatingpatterncoveriphone12_con_005.jpg

フローティングパターンカバーなどは、裏側が透けるということでホワイトベースとブラックベースのiPhoneを想定して2種類ずつ用意するなど非常に手の込んだ画像をデザインチームが用意してくれました。

ケースをただ付けるだけではなくて、こういう形でよりおしゃれに使うことで自分だけのiPhoneを楽しみたいですね。

verticalflipiphone12_con_007.jpg

ちなみに、それぞれ素材によって家紋のようなマークが付いていることに気づかれましたでしょうか。これらは素材毎のアイデンティティをアピールするために付けているモノで、実はパッケージにもちゃんと印刷されているのです。

新たなる人財募集(ブランドマネージャー)

投稿者: ほっしぃ 日時: 19日(金) 23:31

Trinity01.jpg

Trinity02.jpg

当社ウェブサイトおよび求人サイトにて人財募集を開始しました。役職としては「ブランドマネージャー」ということで、当社で輸入代理店を務めているJawbone、Bluelounge、Quirkyのブランドを今以上に盛り立てていくポジションとなります。

いつも求人の際に書いていることですが、当社は零細企業なので誰かが手取り足取り教えてくれるわけではありません。自分で考え、自分で組み立てていける人財を求めています。したがって、歯車になりたい方はあまり向いていないと思いますし、逆にこれができる人には天国といえる環境ではあると思っています。

創業して7年目、当初は輸入代理店業務がメインでしたが、段々と自社オリジナルブランドのSimplismが目立ってきてはいますが、私たちのデジタルライフを支えるガジェットたちをもっともっと多くの方に知っていただきたい、ということは変わっていません。現在取り扱っている3ブランドを拡げていくのはもちろんのこと、これから新しいブランドを見つけることも視野に入れて動いていただきたいと思っています。

海外ブランド担当ということで英語が必須のポジションとなってしまいますが、我こそは、と思われる方は是非ともご応募ください。

P.S.
応募される方はここらへんのエントリーを必ず読んでから応募してください。でないと、どんな人でも書類選考で落とします。

飛びまくったこの1年、10万マイルへ到達

投稿者: ほっしぃ 日時: 16日(火) 22:59

Diamond.jpg

この仕事を始める前には、マイルを貯めてもダイヤモンドメンバーなんて雲の上だと思っていましたが、なんだかんだ毎月中国に行ったり、展示会でアメリカやドイツに行ったり、AUGM関係で国内を飛んだりしているとそれなりに貯まるもので、このたび10万マイルに到達したので来年度のダイヤモンドメンバー資格を得ることができました。

ファーストクラスやビジネスクラスのチケットを買ったということもないので(マイルを使ってのアップグレードはしていますが)、高いチケットでマイルを多く得たというよりも普通に回数を乗ったというところなんだと思います。メールやSkypeなどでコミュニケーションを取れるとはいえ、やはりもの作りとしては工場の方に行かなければなりませんし、展示会では人にものを見せて伝えなければいけませんし、ユーザーの方々との交流も行かなければいけません。そういう意味では、これからも乗っていくのだろうなと思っています。

Sky01.jpg

Crystal Cover for iPhone 5の成型不良について

投稿者: ほっしぃ 日時: 10日(水) 23:20

Crystal01.jpg

これから製品についてのこだわりを綴っていこうという前に、みなさまに謝らなければなりません。当社で発売している【Simplism】iPhone用 抗菌クリスタルカバーセット [Crystal Cover Set for iPhone 2012]のクリアについて、一部で成型不良が発生してしまっているようです。こちらでも見かけましたし、一部当社にもお問い合わせをいただいています。クリアだけに発生しており、ほとんどのケースが問題ないのですが、金型から取り出す際に不具合が発生しているようで「キツイ」「合わない」という症状が現われているようです。

私も含め、当社でチェックしている製品には問題ありませんし、クォリティチェックを行なっているのですが、外側に傷防止コーティングをしているのですが内側にはしていないので、フィッティングチェックをすると傷がついてしまう可能性があるために、ランダムで検査をしています。基本的には金型で成型している製品についてはロット全体が不良になるということがあっても、少しだけ不良が出るというのはあまり考えられないのですが、今回は発生してしまったようです。今後このようなことがないように細心の注意を払い、チェック体制を見直す所存です。

せっかく期待をして製品を購入していただいたお客様には残念な思いをさせてしまい、大変申し訳ありません。購入された方には無償で交換させていただきますので、大変お手数ですが、下記までご連絡いただきますようお願いいたします。

【ウェブページ】https://trinity.jp/forum/contact/
【E-Mail】info@trinity.jp
【TEL】048-299-3433(10:00~18:00/土日祝日を除く)

小さくても大きい工夫を凝らしたiPhone 5用シリコンケース

投稿者: ほっしぃ 日時: 9日(火) 23:15

Silicone.jpg

シリコンケースといえば、ケースの中でも広く知られていて一般的な製品でもあります。思い返せば2007年に当社オリジナルブランドSimplismで最初に作った製品もシリコンケースでした。当時はiPod nano(2nd)のころでした(遠い目)。

今回のiPhone 5用シリコンケース【Simplism】iPhone用 抗菌シリコンケースセット[Silicone Case Set for iPhone 2012]もその長い歴史の中で進化してきた分、かなり完成度の高いものとなりました。

世の中にはシリコンケースと呼ばれるものはそれこそ星の数ほどありますが、当社のシリコンケースはそこらへんとは訳が違うのだよ、ということを是非とも知ってもらいたいと思います(ちょっと高飛車ですが、それなりに自信があるということです)。

Silicone01.jpg

まず、シリコンケースはゴムのような素材で弾力性に富んでいて、プラスチックなどのハードケースと比べるとiPhoneの保護という意味では一歩秀でている性能だといえます。ただし、素材自体は粘着性を持っているため、当社が2007年にシリコンケースをデビューさせたときにはこの粘着性を低減させるための「アンチダストコーティング」というのが当時には新しい手法でした。現在は、いろいろなメーカーが採用しているのでそれほど珍しくなくなってしまいましたが。

Antibacterial01.jpg

iPhone 5用保護フィルムの紹介の際にも触れましたが、毎日使うiPhoneだし、必ず手に触れるものだし、そして時には顔にも触れるものですから「抗菌加工」はとても安心です。フィルムももちろん抗菌ながら、ケースも抗菌なので、iPhone全体を抗菌コートでカバーすることができるのは、「星の数」の中でもほとんど聞いたことがありません。

Silicone02.jpg

当社のシリコンケースにはいつもiPhoneにはないストラップホール機構を付加してあります。このストラップホールの位置ですが、メーカーによってまちまちで、上にあるところもあればサイド、またはコーナーにあるものもあります。我々がなぜこの位置を選んでいるかというと、ひとつはアクセサリーの付けやすさやストラップとして首から提げるときにセンターである方が安定感があるからです。逆に、コーナーなどにあるとそこから引っ張られると、シリコン素材に伸縮性があるためにケースが外れてしまうという懸念があるからです。

ストラップホールの位置ひとつをとっても、実は理由があってここにしているということがおわかりいただけると思います。

また、これも「星の数」の中では希ですが、一体型ポートカバーを装備しています。これは使っていないときのイヤフォン端子やLightningコネクター端子にフタをすることで埃やゴミから守ってくれるので、端子の接触不良から守ってくれて安心かつ清潔に使い続けることができます。ジーンズのポケットに突っ込んだりすることも多いと思いますが、その時にも意外と埃が中に入ってしまうことがあるのです。

なお、他社製品や、実のところ当社製品でも過去には独立したポートカバーを同梱していたことがあります(Lightningコネクターのバージョンはまだ見たことがありませんが)。しかし、独立したカバーの場合、Lightningコネクターでもイヤフォンでも、使っているウチには外さざるを得ず、そこで無くしてしまったり忘れてしまうことがあるのです。それでも当社では無くさないようにストラップホールに引っかけられるような工夫をして提供していましたが、それでも無くしてしまうということが多くありました。

iPhone 5用シリコンケースでは一体成型にすることによって外れて無くしてしまうことがありません。これは、実は作る視点から見ると、とても難しい設計で安いケースではそう簡単にはできません。そのコストを許容してでも、ユーザーの使い勝手を向上させようと考えているわけです。安価なシリコンケースにはこういう工夫はないのです。

Silicone03.jpg

iPhone用シリコンケースでカメラホールが開いていないものは無いと思います。しかし、ただ開ければ良いということではなく、ここにも美的センスが問われるのです。ざっと見る限り、ほとんどのケースは当社シリコンケースよりもカメラホールを大きく開けています。これはiPhone 4時代にフラッシュが映り込んでしまうという問題があり、それを回避するために大きく開けていた名残だと思います。

しかし、iPhone 5ではAppleが根本的にカメラとフラッシュの位置を離すなどして解決していますので、実際にはここまで拡げる必要は無いのです。しかし、これまでの設計をiPhone 5に合わせるだけのメーカーはそのまま開けてしまっているのです。

私たちは、今回のiPhone 5の上下の素材の違いから、そのラインが非常に重要だと考えました。これまで通りにカメラホールを開けるとどうしてもほんの少しだけ中途半端に金属部分が見えるという「美しくない」状態に陥るので、なんとしてでもこれを避けたかったのです。もちろん、通常使用で写真を撮ったときにフラッシュが映り込むことがないということはしっかりとテストをして判明しています。

これらも、ただ形をアジャストして作れば良いと考えているメーカーとは一線を画しているということが分かっていただけると嬉しいです。

Silicone05.jpg

カラーバリエーションは少し淡めの色で揃えました。ここは割と好き嫌いが分かれるところだと思いますが、iPhoneユーザーは子供というよりも、学生以上、比較的大人な人が多いということからこのようなカラーにしました。個人的にはかなり素敵なバリエーションだと思っています。

cableclip01.jpg

cableclip02.jpg

ただのおまけのように思われているケーブルアジャスター「CableClip Wave」ですが、実はかなり使える代物です。我々でデザインを考えたこのCableClipは非常にコンパクトながらも、ケーブルの長さを調整して、シャツやネクタイなどにクリップして留めることができるという、ミニマルながらも機能的なデザインでとても便利なのです。ケーブルアジャスターを同梱しているメーカーもいくつかありますが、どれも実際に使ってみるとぶらんぶらんして使いにくかったり、見た目がイマイチだったりしますが、このCableClipはデザインも機能性も一歩上をいっていると自負しています。

Silicone04.jpg

ケース本体にも随所にこだわりや工夫をちりばめ、光沢タイプの抗菌保護フィルムに指紋を拭き取るクリーニングクロスや気泡の原因となる埃を取り除くテープ、さらには気泡を押し出すヘラも属しつつ、CableClipまで同梱して税込み1,280円と非常にお買い得な価格設定になっています。もちろん、もっと安いシリコンケースはありますが、絶対的な価格と、相対的な価値をもたらす価格を考えてみると「バリュー」は当社のシリコンケースにあると信じています。

他社で、シリコンケースひとつにこれだけの情熱を持って開発しているところがあるでしょうか(あったら酒を酌み交わしたいくらいです)。私たちはいつも、ひとつひとつの製品に他にはない「なにか」を付け加えて開発しています。それがSimplismのロゴにある「+」マークの所以なのです。是非とも店頭で手にとっていただき、この思いを感じていただけたら嬉しいです。

来週末はAUGM沖縄で盛り上がろう。

投稿者: ほっしぃ 日時: 8日(月) 23:24

AUGMOkinawa01.jpg

だんだんとタイトルがコピー&ペーストなんじゃないかという疑惑が持ち上がるほどのAUGMラッシュのこの3週間です。毎週末開催されているので、本当に毎週行っているのですが、こちらからすれば毎週なのですが、AUGM広島は1年に1度、AUGM大阪は唯一3ヶ月に1度という頻度ですが、AUGM沖縄も1年に1度ですから、それぞれの地方では待ちに待ったAUGMということになります。

Apple User Group Meeting in OKINAWA 2012


日 時:2012年10月13日(土)午前9時受付開始 10時開催
場 所:ライブハウス・カラハーイ 沖縄県中頭郡北谷町字美浜 8番11号

今回はまだ事前申し込み受付が締め切られていないようですから、これを機に沖縄に行くのもよし、沖縄近辺の方は是非とも参加してもらえると嬉しいです。私よりももっと楽しいプレゼンテーションがたくさん見られることと思いますし、iPhone 5アクセサリーがたくさん並ぶのもAUGMならではです。

沖縄というと、その地名からリゾート感を醸し出すからか、必ず「良いなぁ」と言われますが、前日に入って本番後の翌日には帰るわけですからそんなに遊んでいる間があるわけもなく、それほど羨ましいということでもないんですよ。ちなみに、公式ページは当社の社名が間違っていますね...(汗)

というわけで、今週末、熱い沖縄で盛り上がりましょう。最後は、昨年のAUGM沖縄で今をときめくITジャーナリストの方が蛇を首が大好きということで首に巻かれて記念写真を撮っているところです。これで十分楽しさが伝わってくると思います。

AUGMOkinawa03.jpg

AUGMOkinawa02.jpg

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter