Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

病は気から、のはずが。

投稿者: ほっしぃ 日時: 31日(日) 21:41

昨日こんなことを書いてしまったので、もちろん営業日になっても体調不良のままで仕事を休むわけにもいかないと、土曜日も日曜日もほとんどなにもせずに休んでいたのですが、一向に良くなる気配がありません(汗)。

明日の朝までには、と気合いを入れてもう一度眠ってみます(ずっと寝ていたので全然眠くないので辛いのです)。

病は気から

投稿者: ほっしぃ 日時: 30日(土) 23:29

Golden.jpg

よく、病は気からと言われますが、それは本当なんだなと思うことがよくあります。たとえば私は会社を創業してから約7年間、営業日に体調不良で休んでしまったということがありません。実は今週はとてもハードな毎日で、いつもより早くから動き出し2時過ぎに寝るという毎日でしたが、疲れを感じてきたのは金曜日の夕方から。そして、金曜日の夜までの仕事を終えてから倒れ込むように寝て、今日は1日寝て過ごしていました。

特に創業の頃は3人しかおらず、セールスも出荷もサポートもいろいろやっていたために、自分が休んでしまうと動かなくなってしまうことがたくさんあったために、多少大変でも気持ちで持っていたのではないかと思います。今もまだ、会社を経営するという緊張感が毎日あり、それによって具合が悪くなっている暇はないという気持ちが影響して、営業日には体調不良にならないのではないかと思っています。

私の場合にはだいたい喉から異変があるので、そういうときには早めに対処するということもあります。写真は中国で有名なのど飴で、これを舐めると不思議と治るのです。インフルエンザになると気持ちではどうしようもないのかもしれませんが、この7年間かかったことがありません。

というわけで、土曜日は1日休むことに費やしてしまいましたが、明日からまた復活です。

ミッドタウンの夜桜

投稿者: ほっしぃ 日時: 29日(金) 22:00

Midtown.jpg

先日は地元の河川敷に咲いている桜を見ながらバーベキューなどをして楽しみましたが、昨日は打ち合わせの後にミッドタウンのライトアップされた桜を見てきました。さすがに六本木の桜ですからキレイに咲き誇って、色とりどりのLEDライトで下から照らされている姿は美しかったです。

こんな桜を毎日見ている某社には、夜10時以降も電気が灯っているのを確認して、ほんの少しホッとしながら(なぜか)埼玉への帰途につきました。みんながんばっていますね。私たちもがんばらなくては。

大人気のJAMBOXに新色「ホワイトサファイア」登場

投稿者: ほっしぃ 日時: 28日(木) 23:31

JAMBOX01.jpg

私も大好き、みなさんも大好きなJawbone JAMBOXに新色「ホワイトサファイア」が登場しました。JAMBOXの魅力自体は過去に語り尽くした感があるので多くは書きませんが、このJAMBOXは発売以来、それまでにはなかった、超コンパクトでありながらもBluetooth無線接続で音楽を再生することができ、音量もしっかりとあり、音質も良いということで大好評のスピーカーです。さらにはマイクが付いていて通話にも使えたり、ソフトウェアアップデートで機能が追加されたり、バッテリーが10時間も持つので外出先でも安心だったり、書き始めるとキリが無いくらいの素晴らしい特長を持っています。

今回、新色ということでスペックには変更がありませんが、新しい仲間として、これまでのイメージとは少し違ったスタイルで登場しました。

続きを読む...

シルバー、ゴールド、そして華麗なるコンビネーション

投稿者: ほっしぃ 日時: 27日(水) 23:59

Floating01.jpg

本日付のニュースで「柄が剥がれないiPhone 5用カバーの新柄を発売」としてiPhone 5用で人気の【Simplism】iPhone用 フローティングパターンカバーセット [Floating Pattern Cover Set for iPhone 5]の新パターンを発売開始しました。

自社のニュースながら、個人的には柄が剥がれない新柄ってなんか違和感があるタイトルですね。韻を踏んでいるような気もしますが、フローティング「パターン」カバーなので新パターンとした方が繋がるし、そもそも「柄が剥がれない」というのは副次的な効果であって、この製品の面白くて新しいところは違うところにあるのです。

続きを読む...

ラウンジの新しいカタチ、ANAデジタルコンテンツサービス

投稿者: ほっしぃ 日時: 26日(火) 23:50

ANA01.jpg

私は仕事柄、よく飛行機を利用します。そして以前に「これまでも、これからもANAに乗り続けよう」というエントリーを書いたとおり、ずっとANAに乗り続けています。海外に行くときには出発の2時間程前に空港に行きますし、国内線の場合には1時間から30分程前に空港に行きます。そして、いつもラウンジを利用してちょっとした仕事だったり、時間潰しだったりをしながら搭乗時間までの時間を過ごすのですが、ラウンジはたくさんの人が入ってくる割には新聞や雑誌の数が少ないのです。紙媒体という物理的なサービスの場合には誰かが読んでいたら、当然読むことができないわけです。

そこを解決しよう取り組んできたのがANAのラウンジサービスでした。

続きを読む...

アクセスランキングもXperia Zにジャックされる

投稿者: ほっしぃ 日時: 25日(月) 23:15

XperiaZ.jpg

以前に「トリニティサイトがXperia Zにジャック」というエントリーで、当社側の前のめりな姿勢もご紹介しましたが、その後のアクセスランキングを見ていると、これまたXperia Zにジャックされているといっても過言ではないくらいのアクセス数になっています。このトリログでもアクセスランキングを出していますが、これはGoogle Analyticsの結果から導いているので、恣意的な操作を一切していない自然なランキングです。その中でも、トップ10のほとんどをXperia Z関係のエントリーが占めています。

続きを読む...

桜咲く河川敷でお花見

投稿者: ほっしぃ 日時: 24日(日) 22:53

Hanami01.jpg

桜前線が急速に北上しているというニュースが流れていました。みなさまはお花見を楽しんでいますでしょうか。私の住む新座市にも桜前線が到来していて、今日を逃すと散ってしまうのではないかということで、会社近くに住むトリニティチームのみんなとお花見に行ってきました。お花見は割とタイミングが難しくて、もう少ししっかり咲いたら、と思っているとすぐに満開になって、春の強い風や雨で流されてしまうことが多いので、今だと思ったら無理してでもやってしまうのが良いと思います。

続きを読む...

[All About 次元(Jigen)]世界に誇る日本の金型技術

投稿者: ほっしぃ 日時: 23日(土) 23:37

Jigen01.jpg

前回「[All About 次元(Jigen)]中国におけるモノ作りの限界」ということで、これまで中国でモノ作りをしてきたところで、ある一定以上のところに到達するには非常に高い壁があるという話をしました。そして、ケイズデザインラボのD3テクスチャー技術を活かしたiPhone用ケースを作るためには、どうしても高精細な金型技術が必要でした。そこで、日本の最先端かつ細かい技術を活かすには、これまた日本の金型技術しかないということで、D3テクスチャーを実現するための金型技術を持った樫山金型工業を紹介したもらったのです。

続きを読む...

消費税増税に向けて、中小企業対策がいくつか提案されるも

投稿者: ほっしぃ 日時: 22日(金) 23:41

Tax.jpg

昨年になりますが「消費税増税が中小企業を不幸にする」と題して、当社のような中小企業が消費税増税によって苦境に陥っていくという話を書きました。それが届いたのかどうかはわかりませんが、来年に控えている消費税増税に向けて中小企業対策がいくつか打ち出されてきました。

消費増税還元セール禁止 政府・自民が価格転嫁対策:日本経済新聞

中小企業対策としてはまずは業者がスーパーなどに納入する際に増税分の値上げを認めないということがないように、「消費税還元セール」と禁止するというもの。ただ、これは消費税還元セールをしないのと、納入時に価格に消費税増税分を転嫁しないかどうかは別の問題のような気がします。

これよりも大事なことは、以前のエントリーでも指摘した「総額表示義務の緩和」です。「2017年3月末までは「10000円+税」のように、本体価格と税を分けて示す外税方式の価格表示ができる」とされています。これで当面は外税方式で表示させることで本体価格がいくらで、税額がいくらであるということを切り離して表示させることで、価格が上がっているのではなくて税額が上がっているということをしっかりアピールすることができるようになります。2017年3月末までにリミットを切る意味は、本来総額表示方式の方が消費者は実際にいくら払うかがわかりやすいので、消費者のためであるということから、恒久的な措置ではなく増税のステップの中での救済的な施策であるということなのだと思います。

この記事にはありませんが、別の記事では「中小企業を中心に増税分を価格に上乗せすることを取り決める「転嫁カルテル」も特措法の期間に限り認める」としていますが、こちらはたとえば当社が同業他社と話し合って、増税後はいくらにするようにしましょうと決めることです。しかし、すべての業者が話し合って足並みを揃えることは不可能ですし、この仕組みは自由競争を阻むのであまり好ましいものとはいえないのではないかと思います。

消費税が上がるのは既定路線としてもう受け入れるとして、税金の分だけ中小企業が苦しむようにならないような措置をしっかりととって欲しいところではありますが、無理矢理感が漂うようなものや、自由なビジネスを阻むようなことも同時に防がなければならないと思います。

さて、来年の4月にはどうなっていることでしょう。

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter