Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

新しい試み、TRATTORIA・TRINITAを始めます

投稿者: ほっしぃ 日時: 31日(土) 21:55

TRINITA01.jpg

なにを突然? と思われる方が多くいらっしゃることは想定内として、トリニティ株式会社はイタリアンレストラン「TRATTORIA TRINITA(トラットリア・トリニータ)を始めることを発表しました。

iBeaconやWaiter、Squareなどのテクノロジー/サービスを利用したレストラン「TRATTORIA TRINITA」をオープン | トリニティ株式会社

私たちが考える、新しいレストランを追い求めたひとつのカタチです。もちろん、味は自信を持ってお薦めできますし、その他レストランとしての必要なサービスは提供しつつ、さらにITのチカラを使って効率的に運営することでお客様に快適な環境を提供できると考えています。

グランドオープンは6/2(月)ですので、ぜひともトリニータまで足を運んで体験していただければと思います。その他の詳細は追々ご紹介いたします。

春色ガジェットたち

投稿者: みんみ 日時: 27日(火) 11:45

xperia_1.jpg

Xperia Z1 fのイエローを1月の誕生日に自分で買って使っています。

私はiPad miniを日常持ち歩いているので、スマホって家に置きっ放しがほとんどでした。iPad miniで写真撮影や動画撮影をよくするなか、ちょっと物足りない! と思っていた大きな不満要素はカメラ周りのことだけでした。

通話をほとんどしないので、以前からXperiaのカメラの良さと防水仕様に惹かれてはいましたが、とにかくZ1やGALAXYではiPhone以上に大きいことが購入に至らなかった最大の理由でした。

Z1のライト版と言われて発売されたZ1 fですが、私にとってすばらしかったのは、iPhoneと同じくらいの大きさに戻ったこと、黄色の綺麗な色が出たこと。

今までスマホや携帯、デジカメに至るまで、黒ばかりで色は揃えていました。Apple製品はMacBookに始まってiPadは今まで4代ずっと白に揃えていました。

色モノを買うのは勇気がいりましたが、背面のガラス材と黄色の透明感が合わさった本体の黄色に心がひかれ、さらに当社で一番売れている極薄カバーを付けることにしました。このカバーはデバイスを保護しつつもカバーの存在を忘れる、使う人の気持ちをしっかりとらえたカバーとなっています。

▶製品についてはこちら。
Ultra Thin Cover Set for Xperia Z1 f

続きを読む...

ロビンマスクの鎧はサファイア製?

投稿者: ほっしぃ 日時: 26日(月) 23:40

Sapphire01.jpg

その強度、ロビンマスクの鎧なみ!「Simplism サファイアガラスプロテクター」

先日発表したサファイアガラスプロテクター、もっとサファイアのことを知ってもらいたいと思っていたら、面白い紹介の仕方をしているブログを発見しました。あのキン肉マンに出てくるロビンマスクの鎧がサファイア製だというのです。どうも、よくよく調べてみると悪魔将軍と戦ったときにはサファイア製で、他の時には鋼鉄製だったそうです。サファイアの方が硬いのに、後に鋼鉄製に変えたというのはコスト的なところだったのでしょうか。また、あのロビンマスクの鎧の造形から考えるとどのように切削したのかも気になるところです。

そんな、ロビンマスクの鎧と同じ硬度であるサファイアガラスプロテクター、そろそろ発売です。悪魔将軍は硬度10のダイヤモンドなので傷つけてしまうかもしれませんが、それ以外のみなさん予約は済ませましたか?

中国からのゲスト。Simplismを支える、縁の下の力持ち。

投稿者: ほっしぃ 日時: 25日(日) 23:31

Sofia01.jpg

ちょっと渋い顔をしているのが、当社の中国における開発・オペレーションマネージャーです。今週一週間、日本で研修などをおこなうために滞在していました。写真は、吉野屋で日本の「早い・安い・うまい」を実感しているところです。仕事だけでなく、日本の文化や日本にいるスタッフとの交流を通じて仕事の一体感も醸成できるのではないかと思っています。

続きを読む...

地球上で2番目に硬いサファイアクリスタルで作られた、まさに究極のディスプレイプロテクター

投稿者: ほっしぃ 日時: 24日(土) 21:11

Sapphire01.jpg

ダイヤモンドに次ぐモース硬度「9」のiPhone 5s/5c用サファイアガラスプロテクターを発売 | トリニティ株式会社

iPhoneも含めてスマートフォンやタブレットなどで必需品のひとつとして挙げられるものの中にディスプレイ保護フィルムがあります。当社においてもiPhone用として販売しているだけでも結構なラインナップがあります。基本的にはカラーや柄などのデザイン性というよりも、用途によって作り分かれているのでケースよりはバリエーションが少ないものの、市場には相当数の種類の保護フィルムが存在しています。

今回、当社では「ずば抜けて」特別な製品をリリースしました。

ディスプレイ保護の素材としてサファイアクリスタルを採用した史上初(グーグル先生調べ)の製品です。なお、日本ではサファイアガラスという呼び名が一般的のようなのでガラスと呼称していますが、実際にはガラスではありません。

続きを読む...

トリニティビジョン2014

投稿者: ほっしぃ 日時: 8日(木) 23:10

Vision.001.jpg

昨日、当社9年目の始まりに、この1年のトリニティビジョンを社内に発表しました。ある程度の細かい項目も含めて、全体としてどうやっていくか、何を目標にしていくのか、課題は何か、社内の各チーム毎に期待することなどをプレゼンテーションとして説明しました。

1年365日動いている中で、「期」というくくりは単に会計上の話であって、ビジネスになにか区切りがあるわけではありません。それでも、ゴールデンウィークという長い休業の後、9年目の始まりとしてはある程度の指針を示し、チーム全員でそれに向かって進んでいくのは大切なことです。

スライドはかなりの枚数になり、約1時間の長丁場となりました。社内のこともあるのでここでそれらを公開するわけにはいきませんが、伝わってくれたのではないかと期待しています。これからの1年間、みんなでがんばっていきましょう。

どんなときでも自社ケースを見抜くチカラ

投稿者: ほっしぃ 日時: 7日(水) 23:55

Gaia01.jpg

私は基本的に朝のニュース以外はテレビはリアルタイムで見ません。いつも見る番組は録画予約をしていて、特に気になっている分野についてはキーワードにて自動録画されるようにしています。テレビ局の放送時間に縛られずに自由なタイミングで見たいのと、CMなどつまらない部分は早送りできるので、効率的に見ることができるからです。

その話とは何の繋がりもないのですが、録画した番組を見ていたら当社の【Simplism】iPad mini Retina用 スマートフリップノート [Smart Flip Note for iPad mini Retina]を使っているのを発見しました。割と一瞬のタイミングだったのに、しっかりと見抜くことができました。

続きを読む...

あたりさわり

投稿者: とっぽ 日時: 7日(水) 12:45

休日に何か集中して作業する時は、必ず外にいきます。もちろん行き先は、以前のブログの舞台である某カフェです。

人それぞれだと思いますが、私は自宅=オフというモードですし、何かをやろうと思っても人目もなく、すぐに気が散り、違う事をしてしまいがちです。Wi-Fiもあり、カウンター席やコンセントも多く、真剣に何かに向かってる人が多い環境は、刺激になり活力に繋がります。それでも1番は「あたりさわりない店」だから行くのです。

図書館など、フリーで入れるスペースでない限り、必ず誰かと関わります(休日の図書館は、子供が多く賑やかで個人的にNGです)。集中できないので外にいくわけですが、そこでネックなのは、本来の目的を達成するまでに、外部からの悪い刺激があるかないかです(そんなに神経質ではないのですが、大袈裟に表現しています)。些細な事でも塵も積もれば...という想定です。

『店内の消火器もあたりさわりなく』
20140507_image.jpg

続きを読む...

ガソリン代高騰と燃費向上のバランス

投稿者: ほっしぃ 日時: 6日(火) 10:52

Gasoline.jpg

<ガソリン高>連休に痛手、5年半ぶり164円 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース


ゴールデンウィークを利用して車で出かけられた方も多く、このニュースは本当にタイミングも悪く厳しかったのではないかと思います。

私が20年前にガソリンスタンドで働いていたときのレギュラーガソリンの価格はおおよそ110円〜115円程度でしたので、そこから考えると50%くらいも上昇してきています。50リットルくらいで考えると、5,500円と8,200円ですから相当な差です。牛丼で言えば9杯くらい食べられてしまう計算になります。

続きを読む...

いまさらながら、「あんぽん」読了

投稿者: ほっしぃ 日時: 5日(月) 15:35

Anpon.jpg

あんぽん 孫正義伝:佐野 眞一をようやく読了しました。かなり以前に手に入れていたものの、どうしてもこれだけの分量の本を読み切ることができなくなっているので、後回しにしていました。実際のところ、これと合わせて「スティーブ・ジョブズ:ウォルター・アイザックソン」の方もいわゆる「積ん読」になってしまっていることは内緒です。こちらもどこかで一気にいきたいと思っています。

さて、久しぶりに大作を読んだので軽く感想など書き記してみたいと思いました。

続きを読む...

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter