Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

2014年を振り返って。

投稿者: ほっしぃ 日時: 31日(水) 22:48

Simplism01.jpg

2014年の最後の日に、2014年を振り返ってみたいと思います。

2014年は当社にとって9年目の年で、毎年毎年何かに挑戦していくのですが、今年は内部的にも変化の年で組織作りというところに重点を置いてきました。また、新しい製品作りとしてこれまでにないカテゴリーへの挑戦を始め、デビュー自体は2015年になりますが、それでも自信を持ってお届けできるものも用意できる見込みです。

既存製品も進化を遂げ、9年目として過去最高の売上高を記録することもできました。iPhoneアクセサリーという過当競争ともいえるほどの激戦区にあって、それでも売上として伸ばし、マーケットシェアも拡大することができたのは、今もたくさんの製品を作っているのですが、すべての製品を自信を持ってお送りしているところなのではないかと思っています。

そして、なによりも支持していただいたお客様、販売していただいたお店の方々、商品を流通していただいている方々など、すべての方々のおかげです。また、過去最高の忙しさを乗り越えて、良い製品を作り伝えてくれた当社スタッフのがんばりの賜物だと思っています。ありがとうございました。

2014年、いろいろと良いことも悪いことも、楽しいことも悲しいこともありましたが、振り返ってみれば良い1年だったと思います。また、もうすぐ2015年がやってきて、いつまでも終わりがありませんが、それでも前に向いて進んで行きたいと思います。2014年、お世話になりました。2015年もよろしくお願いします。

2014年、大掃除をして仕事納め

投稿者: ほっしぃ 日時: 27日(土) 11:03

Lastday01.jpg

2014年も12月26日で当社の営業最終日となりました。元々、12月22日が休みなので、今週は12月23日の祝日と合わせると残り3日しかなく、最終日は午前のみで終了とさせてもらい、午後から恒例の大掃除ということで対外的にはお休みとさせていただきました。

大掃除は、言い換えれば「断捨離」です。当社では書類は基本的にスキャンをしてデータ化し、ファイルサーバーに保存することで検索性を上げて効率化するようにしていますので、書類系はよっぽどことがない限りはデスク周りに置いておく必要がありません。その他、取っておけば何かに使うかも、というのはここ3ヶ月を振り返って使う気配がなければ捨てる、というように日常必要ないモノはどんどん「さようなら」していくのが大掃除です。究極をいえば、コンピューターだけがあればすべて事足りるような状態でも良いと思っています。

そんな当社では大掃除大臣が毎年任命されて、各自のデスク周りの点検や共有の場の掃除分担などを決めて指示をして回り、全体としても綺麗にしてその年を終えることにしています。

続きを読む...

クリスマス

投稿者: ☆ユカイ 日時: 24日(水) 10:40

早いもので2014年もあとわずか。そしてもうすぐ世間はクリスマスですね。

前職ではパーティグッズを扱っていましたので、この時期はもうクリスマス一色でした。

世間的には楽しそうなイメージを持たれがちですが、当然のことながら本番当日まで出荷、店舗への手持ち納品、販売応援などがあります。

イベントとして楽しめることはなく、在籍中の10年は世間の華やかさとはそれはそれは無縁なものでした。

続きを読む...

COPICカラーの美しい色合いに加えて割れないハードケース

投稿者: ほっしぃ 日時: 23日(火) 15:35

COPIC01.jpg

【Simplism】iPhone 6 0.7mm極薄ケース [0.7mm Ultra Thin Case for iPhone 6]
【Simplism】iPhone 6 Plus 0.7mm極薄ケース [0.7mm Ultra Thin Case for iPhone 6 Plus]

iPhone 5/5sの時から人気のCOPICとのコラボシリーズはiPhone 6/6 Plus向けにさらに進化を遂げました。

プラスチック素材を使ったハードケースは古くはiPod nanoの時代から作り続けてきました。レザーケースなどと比べると薄く作れること、透明な素材を使うことでデバイスを見せることができること、固い素材なのでカッチリ感を保つことができるなどのメリットがあります。ただ、ひとつ大きな問題を抱えていたのです。

続きを読む...

中国大陸の凍える部屋で

投稿者: ほっしぃ 日時: 22日(月) 15:21

China01.jpg

China03.jpg

2014年の締めくくりに中国大陸にやってきました。今日は月曜日なのに全然メールが来なくて、世の中は4連休で浮かれてるなと思ったら当社が特別でした。

というわけで中国ですが、めちゃくちゃ寒いのです。気温を見る限りには日本の方とほぼ変わらないのに、凍えるような寒さです。

続きを読む...

iPhone 6/6 Plusの前面ガラスを全面的にカバーするブルーライトカット機能付き強化ガラス登場

投稿者: ほっしぃ 日時: 21日(日) 15:57

BluelightCutGlass00.jpg

ブルーライトを低減し、端まで覆いガラス全面を守るiPhone 6/6 Plus用強化ガラスプロテクターを発売 | トリニティ株式会社

iPhone 6/6 Plusのタッチスクリーンに採用されているガラスの端が曲面になっていることに起因するフィルムが小さくカットされている、ガラスがかなり小さくカットされている問題に対応した「フレームフィルム/フレームガラスシリーズ」で本当の意味での解決とはいわないまでも一定の効果で問題点を取り除くことができました。

なんだかんだ言ってこの方法は今後の定番となってくると思いますが、当社が先駆けて展開したということはしっかりと記憶と記録に残しておいて欲しいものです。

この方式はアイディア勝負で、正直難しい技術ではないために後からたくさん出てくるということが予想されます。そこで私たちは今回さらに一歩進んで、機能性を付け加えることにしました。それが、ブルーライトカット機能付きフレームガラスです。

続きを読む...

落ちない

投稿者: りーさ 日時: 18日(木) 10:30

りいさです。
物流に携わっているので、その時々の売れ筋商品が何か、をいただく注文数の変化で日々感じ取っています。

新機種が発売されると、対応新製品のご注文が増えるのは当然ですが、一つ前の機種関連製品のご注文も増えるんです。店頭でそれまでよりもリーズナブルに入手できるようになるからだと思われます。

私自身も、スマホに限らず、新機種を求めるというより、少し前の型番の製品を好んで使う方なので、自分と同じ考えのお客様がたくさんいらっしゃるのを知って、親近感を強く覚えました(笑)。

ところで、最近、新機種でも、一つ前の機種でもない製品のご注文が急に増えたことに気がつきました。RingGripシリーズです。

続きを読む...

1年の半分を終えて、振り返りとこれからの半分。

投稿者: ほっしぃ 日時: 17日(水) 23:18

Presentations01.jpg

当社は2006年5月1日に創業しており、当社の暦では10月末で半期が終わり、11月からは後期に入ります。社内の各チームや個人で振り返りや、その時点での中間評価なども行ない、後期に向けて再設定を行ないます。今回、評価指標をリニューアルしたので、全体への周知徹底や改めて個人やチームでの共有を行ない、これからの後期に修正すべき所は修正して、目指すものに向かってみんなで走っていこうということになる折り返し地点でもあります。

今日は、それらを踏まえて、各自が自分の振り返りと後期への取り組みを発表するプレゼンテーション大会を開催しました。

続きを読む...

曖昧

投稿者: とっぽ 日時: 16日(火) 10:45

駅の話です。電車に乗る機会が増え、このように日々思っています。

というのは、「あっちに!」の案内を見て、そこに向かって進んでいくのですが、ゴールの気配も感じず不安になり、間近でも目的地を示す案内もなく、すんなり辿りつけないからです。

しかも、数多い出口の番号だけ詳細に書かれていたり、導くはずの矢印がどちらを指しているのか、わからない場合もあり、余計混乱を招いています。

ei00.jpg

⚠︎ちなみに私は方向音痴です。しかし、それを差し引いても分かりずらいと思ってしまいます。

毎日利用している人達には、案内など無用だと思いますが、大きい駅だからこそ、普段利用しない人の事を考え、わかりやすく、伝わりやすい案内が必要です。無人の改札口も多く、駅員もすぐに見つからないため、気軽に聞く事もできません。

ストレスフリーな駅になってほしいと願うばかりです。でも「中々難しいだろうなぁ」とも考えてしまいます。それは、比較的に新しい駅ですら、後付けで案内を設置しているからです。

ラミネートされた紙が柱に貼ってあるのを見掛けないでしょうか。事前にこれで伝わるか? など試したりはしないのでしょうか。最近は、色分けがされていたり、案内や行き先も細かく書れていますが、それはそれでわかりずらい。。。

結論はでませんが、こんな事を考えている私が、最近あった「駅」での出来事を紹介させていただきます。

続きを読む...

草野球監督業の必須アイテム

投稿者: フェイ 日時: 11日(木) 10:00

どうも、ボーカルのフェイです。
(男なら誰でも一度は言ってみたいセリフ)

気が付けば気温もグングン下がり、いきなりの冬到来に震えながらも、相変わらず週末は草野球に精を出しています。

私が加入しているチームは、監督交代制という少し変わったルールがあり、試合ごとにメンバー内で監督が交代します。

監督になると、好き勝手にオーダーを組み、采配を揮えるという楽しみがある半面、通常のプレーヤーとは違い、試合当日にやらなければいけないことがグッと増えてしまうため、出来ることなら避けたいなというのが私の本音です。

そんな私が先月の練習試合で久しぶりに監督を務めたのですが、これがまぁ大変でした。

【試合当日に監督がやること】
・早朝、グラウンドの管理事務所へ使用可否の確認連絡
・自チーム及び相手チームへグラウンド使用可否の連絡
・派遣審判へのグラウンド使用可否の連絡
・グラウンド代金の支払い
・相手チーム及び自チームからグラウンド代の徴収
・相手チームとメンバー表の交換
・先攻後攻を決めるジャンケン
・担当審判へのメンバー表提出&ルール確認
・ベンチにてメンバーに試合方針について伝える
・ウォーミングアップの指示
・内外野へのノック指示
・助っ人への連絡(人数が足りず助っ人を呼んでいる場合)
・キャッチャーとの打ち合わせ(自分が投手の場合)
・ブルペンでの投げ込み(自分が投手の場合)

上記のグラウンド代金支払い以降を約30分の間に全てこなさなければならないのです。そのなかでも特に大変なのが、派遣審判との連絡や助っ人との連絡です。

続きを読む...

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter