Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

秘密のキャンペーン、開催中

投稿者: ナタリー 日時: 30日(金) 11:00

この度、NuAns NEOがグッドデザイン賞を受賞し、さらに「グッドデザイン・ベスト100」に選出されました。パチパチパチ(拍手)!

20160929_n_blog_02.jpg

と、いうニュースを先日お知らせいたしまして、詳しくはこちらでご確認いただけます。

続きを読む...

iPhoneとブラックの歴史

投稿者: ようへい 日時: 27日(火) 12:00

いよいよ発売されるiPhone 7ですが、新色ジェットブラックの人気が凄いのか、Apple Storeでも11月の発送予定になってしまっています。

ジェットブラックも良いのですが個人的にはブラックが非常に気になっています。実はよく見ると非常に「濃い」ブラックになっています。

【iPhoneとブラック】

この「ブラック」というカラーはiPhoneにとってずっと鬼門でありました。

iPhoneとブラックの歴史を紐解いていくと、iPhone 3Gで初めてブラックの筐体カラーが出ました。このときはまさに漆黒のブラックだったのですが、素材はプラスティックにハードコーティングを施したものでした。

iphone3g.jpg

その後、iPhone 3GSを経て、iPhone 4が発売されました。iPhone 4はガラスの背面を採用し、これまた漆黒のブラックを実現していました。

【アルミは使っていれば傷つくし、アルミの地金が出てくるのは普通だよ。】

そしてiPhone 5が発売されます。このiPhone 5はより薄型、軽量化を進めるために背面はアルミニウム素材となりました。

このアルミニウム素材というのは、プラスティックと違ってアルミニウム自体に着色することができず、表面にカラーを乗せるしかありません。塗装ではすぐに剥がれてしまうので、アルマイト(陽極酸化処理)という化学変化を利用した着色でブラックを実現しました。

iphone5.jpg

しかし、アルミニウムはやわらかいため、傷が入るとすぐに中からアルミニウムの地金が露出してしまいます。特にブラックでは傷が非常に目立ちやすく、Appleは色々と指摘を受けたようです。

当時のシニアバイスプレジデント、Philip Schillerの回答は以下の通り。

Any aluminum product may scratch or chip with use, exposing its natural silver color. That is normal. アルミは使っていれば傷つくし、アルミの地金が出てくるのは普通だよ。

画像を見ていただけると分かるのですが、現在のiPhone 6と比べても非常に深いブラックで発売されました。これほど濃いブラックはちょっとした傷でもよく目立ち、おそらく製造、輸送段階でも傷不良が非常に多く発生したと思われます。

上記の発言とは裏腹に、Appleとしては大きなトラウマを抱えたのではないでしょうか。これ以降、Appleはブラックカラーの濃度をどんどん落としていくことになります。濃度を落とすことで傷を目立ちにくくしていったと考えています。

続きを読む...

通学のお供に

投稿者: りーさ 日時: 23日(金) 11:30

りいさです。

長男くんの高校入学時に、通学用として某3Wayリュックを用意しました。

が、どんどん荷物が増えていってしまい、結局その中には収まりきれなくなりました。

そこで登場したのが、Bluelounge Bag Series Backpackです。

FullSizeRender.jpg

教科書から飲み物からお弁当(毎日は作れないけど。。)まで、なんでも入ります。パンパンに詰め込んでも見た目がもっさりしないのはさすがですね。

続きを読む...

iPhoneを守る最強タッグ

投稿者: ナタリー 日時: 21日(水) 19:28

iPhone 7/7 Plusの対応製品、みなさんはどれが気になっているでしょうか。私がおすすめするのはこちら、[Aegis Pro] Full Guard Set 3D Complex Glass + TPU Case( iPhone 7(4.7インチ)iPhone 7 Plus(5.5インチ))です。先日、ほっしーさんも紹介していました。

リリース直後から注目度が高く、とても人気の製品です。背面を見せて、iPhoneそのままのデザインを活かしてシンプルに持ちたい、という方に最適です。

続きを読む...

iPhone 7ジェットブラックの落とし穴

投稿者: ほっしぃ 日時: 19日(月) 16:08

JetBlack01.jpg

iPhone 7の見た目上の大きな特徴として新しいカラー、特にジェットブラックが大きな話題になっています。これまでのiPhone 6系ではアルミ素材に特殊加工をすることでマットな質感を提供していましたが、iPhone 7ではジェットブラックのみ磨き上げられた美しい表面加工を誇ります。実際に手に取ってみると、その質感は非常に高く、圧倒的な高級感を醸し出しています。ただ、これは両刃の剣とも言えるチャレンジで、傷が付きやすいという弱点があります。それは、Appleとしても最初から認識しているようで、iPhone 7のウェブページの1番下にある注意書きにも下記のような記述があります。

ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。

続きを読む...

[NuAns NEO]Anniversary Updateを配信開始

投稿者: ほっしぃ 日時: 18日(日) 23:33

AU01.jpg

約1ヶ月ほど前に、Microsoft社からリリースされたWindows 10 MobileのAnniversary Updateについて「[NuAns NEO]Anniversary UpdateとNuAns NEO」という記事を書き、不具合があるために一時的に配信を停止するというご案内をしました。その後に大きな不具合である「・Continuum機能が正しく動作しない ・NFC機能が正しく動作しない」という2つについて解消されたということが確認されたため、Anniversary Updateを配信することとしました。

現在、すべてのNuAns NEOユーザーの方に配信されるようになっておりますので、まずはバックアップをしっかりと取った上で、「設定」アプリより[更新とセキュリティ > システムの更新]と進んでください。

AU02.jpg

続きを読む...

崇高なる知識を求めて〜私設図書館で過ごす一握の暖かみ〜

投稿者: ぼぶ 日時: 16日(金) 10:00

画像001.JPG

こんにちは。この時期冷房28度と暖房28度はどっちが過ごしやすいのか考えたことのあるセールスメン、コードネーム【BOB】です。

たまに加湿器と除湿機戦わせてみたり、12月に家の窓開けて寝袋使って寝てたりします。半チャーハン2杯注文したり、カロリー1/2甘味料を2個使ったり。

無意味の極致です。されど無意味は人生の調味料、今そんな言葉を考えました。

さて、夜窓辺から虫の歌声が聞こえはじめる、そんな季節ですね。ちょっと前の話ですが、当社では夏休みを7〜9月度にそれぞれ取得するのですが、私今回7月早々に取得、消化してしまいました。冒頭画像は今回訪れた天竜川の画像です。よかったです。でも、これで夏が終わってしまいました。

今回はその後の夏の日に振り返ったことを記載します。

その日は誰も相手にしてくれないので地元近くの『私設図書館』ですごそうと思いました。休日、教養を身につけるため、知識を求めるためにはうってつけの場所です。

ちなみに私設図書館とは会員制で日本各地の駅前、もしくは郊外に存在し、小さいところでも2万冊、大きいところだと40万冊の蔵書があります。

私の愛用私設図書館は4万冊くらいです。毎日10冊読んでも10年はかかりますね。以前無職期間中にひさかたぶりに行ってみたら、想像以上に快適だったので以来、ちょこちょこ愛用しています。PC環境あったり、Freeドリンクだったり、リクライニングあったり、お食事(有料)できたりいたれりつくせり。

画像09122.JPG

続きを読む...

こんなアプリがありました。

投稿者: フェイ 日時: 12日(月) 11:35

先日久々に神宮球場へヤクルト-阪神戦を観に行ってきたのですが、試合開始早々に阪神先発のメッセンジャーが大乱調の5失点で降板。反撃もホームラン一本に終わるなかなかに寂しい展開でした。

昔も神宮で勝てなかったなぁ。ラジオをつけたら神宮のヤクルト-阪神はヤクルトが土橋の2点タイムリー、ハウエル3ランなどで大量リード。阪神のピッチャーは先発湯舟から2回途中で早くも御子柴にスイッチ、一方ヤクルトは岡林が投げています、とか流れてきてそっとラジオを消したなぁ、、、などと一緒に観戦していた妻と妻の従兄弟をよそに頭の中が自然と暗黒時代の思い出モードになってしまった私はサポートのフェイです(小声)。

そんな私もNuAns NEOを使い始めて約半年。便利なアプリや楽しいアプリは無いかなとストアを覗いておりましたが、最近素敵なアプリを見つけたので紹介したいと思います。(Windows Phoneを昔からご利用の方には今更、という内容ですが)

MS-DOS Mobile
MS-DOS Mobile.png

まさかのCUI OSが手元で。これをインストールすると色々できちゃったりするのかな?ということで早速色々と試してみました。

wp_ss_20160816_0006.png

こいつ・・・動くぞ!
ipconfigもやってみよう。

wp_ss_20160816_0001.png

あれ?動かない。なんでだ。とりあえずファイル一覧を見よう。

wp_ss_20160816_0009.png

え?君なんか違わない?

とりあえずWindowsフォルダの中身を開いたらWIN.COMなんてファイルがあったので実行してみる。

wp_ss_20160816_0010.png

ティティーン!
スクリーンショット 2016-08-16 19.08.28.png

このあたりでなんとなくこのアプリが何であるかを察しましたが、起動時に流れる「Tada.wav」を聞けただけで嬉しかったのでOKです。ちなみに表示されているアイコン達をタッチするとそれぞれ実際に起動しますが、個人的にはInternet,Mail,Media Playerあたりをおすすめしておきます。

続きを読む...

[NuAns NEO]最高級なスマートフォンに変身できるGRAMAS FLIP Case

投稿者: ほっしぃ 日時: 10日(土) 23:46

GRAMAS_FLIP00.jpg

NuAns NEOは、これまでのスマートフォンにはない質感、触感を実現するためにさまざまな素材やカラーをカバーとして用意しています。それらは自由に組み合わせて数多くのパターンを作り上げることができます。シミュレーターでは発売当初のバリエーションで組み合わせて楽しめますが、現在はさらに新しいカバーも発売しているので組み合わせ数は比較的に増えています。

そして、その中でもGRAMASカバーシリーズは、本物の革を日本の革職人がひとつひとつ作り上げている貴重な製品です。そして、GRAMASシリーズを装着すればNuAns NEOがこれまでとはまったく違う高級感溢れるスマートフォンに変身し、ラグジュアリーな雰囲気を醸し出してくれます。

今回はその中でも最高峰、そして最高額のGRAMAS FLIP Caseリザードブラックをご紹介したいと思います。

続きを読む...

逆の発想から生まれた耐水ケース

投稿者: ようへい 日時: 9日(金) 12:00

皆さんがスマホを購入するときに何を基準にして選んでいるでしょうか。

画面サイズ、処理速度、カメラ解像度、などなどいろいろありますが、やはり、「防水」であることを重視して、XperiaやGalaxyを購入する方も多いと思います。

IMG_14481.jpg

こういった防水機器は、端末のスロットにキャップを取り付けることで防水を実現しています。このキャップですが、爪でこじるようにして開ける、ちょっと面倒な機構になっています。

SDカードやSIMスロットは滅多に開けることがないのでそれでも問題ありませんが、Xperiaも含め、過去の防水端末は、Micro-USB端子にもキャップが用意され、充電のたびにキャップの開閉が必要という仕様になっていました。

それが、最近の機種ではキャップレス防水端子という名目で、端子むき出しのままでも防水性が確保できるようになりました。

また、Xperiaでは水滴が画面についていても誤動作を防ぐタッチ技術なども盛り込まれています。

お風呂で使用したり、雨の中に出たり、釣りで使ったり、煩わしさを全く感じさせずどこにでもシームレスで使える現在の防水端末はスマホの使用用途を広げる、大きな進化を遂げています。

余談ですが、最新のXperiaやGalaxyでType-C端子が出ていないのは、このキャップレス防水に対応した端子の開発ができていないからではないでしょうか? 開発さえ終われば、すぐに変更されると予想しています。

さて、このように進化した防水端末ですが、その防水端末に装着するケース、アクセサリーはどうでしょうか。

プラスティック製のハードケースであれば問題はありませんが、TPUなどは繰り返し使っていると加水分解を起こして変色してしまいますし、ケースで主流の手帳型ケースではほとんどがPUレザーを使用して、水没することを想定していません。

せっかく端末がキャップレス防水などの進化によってそのまま水に入っていけるようになっても、ごく一部のケース以外では水に濡れることができなかったのです。そのため、風呂で使うときは一度ケースから外すなどの手間が必要になっていました。

IMG_1445.jpg

例えばiPhoneのように防水性能のない端末であれば、当社でも扱っているCatarystのような完全防水ケースが開発されています。

しかしながら最初から防水機能のついたスマホ用のケースには、そういった機能があったでしょうか。当然ケース自体に"防"水機能は必要なく、携帯電話と同等レベルの"耐"水効果があれば十分です。

そういった逆の発想から、Xperia X Performance向けにFlip Note Case AQUAを開発しました。

IMG_1447.jpg

続きを読む...

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter