Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

[All About NuAns]はじまりのはじまり

投稿者: ほっしぃ 日時: 4日(土) 23:56

NuAns.jpeg

NuAnsのすべてを書いていく前に、「NuAns」になる前の話もしなければ「NuAnsのすべて」といえません。まずは、その話から始めたいと思います。実のところ、NuAnsというブランド名やコンセプトは最初からあったわけではなく、TENTというクリエイティブユニットからの提案を受けてのブランド名、コンセプトです。私自身が温めていたアイディアをTENTにぶつけて、それを彼らが具現化してくれたというのが流れになります。

まずは、その温めていたアイディアが生まれた時の話から始めます。

Simplism01.jpeg

Simplism02.jpeg

当社、トリニティ株式会社が長年自社ブランドとして展開しているのが「Simplism」というブランドです。歴史も長いのと量販店での展開も多いので知名度としてはSimplismの方が上かもしれません。Simplismでは、まだiPhoneも発表されていない頃からiPodのアクセサリーを中心にいろいろな製品を作り、Mac向けも作っていたり、iPhoneが出てきたところでiPhone用のアクセサリーを始め、iPadがでてそれに合うアクセサリー、というように幅を拡げていきました。

Simplismの製品のほとんどが保護フィルムや保護ガラス、ケースで、一部それらに属さない製品もありますが、それでも大半はケースやフィルムです。Simplismブランドも、その名の通りシンプルだけれども機能性やデザインに優れ、ひとつなにか光るアイディアをプラスするというコンセプトで年々ラインナップを拡げていき、ビジネスとしても大きく広がっていきました。自分たちで欲しいもの、こういうのが必要なんじゃないかと思うものなど当社の企業理念である「デジタルライフを豊かにする」という言葉をキーワードに製品を作り続けてきました。

ある時、ふと考えたことがありました。自分がiPhoneをメインで使っていて、自分で使いたいと思うケースやフィルムはいろいろと作ってきた。けれどもiPhoneを使う上でケースやフィルム以外にも自分が使っているアクセサリーがあって、もっとこうだったら良いのにと思うこともたくさんあって、市場に自分が欲しいそのものの製品がないということです。実は、以前に何度か軽くトライしたことはあったのですが、元々がプロダクトデザインをしていたわけでも何でもなく、それまでSimplismを一緒にやってきたデザイナーもプロダクトのデザインをしていたバックグラウンドではなく、グラフィックデザインの延長線上でケースやパッケージのデザインをしてきていましたので、本格的に構造をしっかりと考え抜いて作るということまでは踏み切れずにいました(実のところはいくつか失敗をしていました)。

ぼんやりと自分の欲しいもののアイディアが浮かんでいる中で、それをしっかりと具現化するにはどうしたら良いのだろうか、と考えているところにちょうど良い出会いがあったのです。

つづく


[All About NuAnsバックナンバー]
・Vol.1 はじめの一歩
・Vol.2 はじまりのはじまり
・Vol.3 TENTとの出会い
・Vol.4 クリエイティブユニットTENT
・Vol.5 TENTとトリニティ、そしてNuAns
・Vol.6 NuAnsというブランド名に込められた想い
・Vol.7 基本のコンセプトは「ニュアンスのある生活」を提供すること
・Vol.8 これまでにないニュアンスを提供するために【素材編】
・Vol.9 新しい回答は、ケーブルとの戦い。
・Vol.10 こNuAnsの最初の製品「MAGDOT」は一番シンプルなケーブルホルダー
・Vol.11 デバイスたちの居場所を定義する、「MAGMAT」と「MAGFIT」
・Vol.12 ケーブルを再発明。すべてを再設計したケーブル「BANDWIRE」

SUBMIT A COMMENT

このブログにコメントする権限を持っていません。(サインアウトする)
としてサインインしています。(サインアウト)
としてサインインしています。(サインアウト)

SNSアカウントを利用して投稿ができます。(クリックでサインイン)

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。

COMMENT

TRACKBACK

このエントリーのトラックバックURL:
http://trinity.jp/_tools/mt5/mt-tb.cgi/4542

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter