Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

おサイフケータイとゲームと人生のコスト(注意:ネタバレあり)

投稿者: ほっしぃ 日時: 14日(木) 19:56

Nya01.jpg

※この記事には壮大なネタバレ情報が含まれています。これから毎日生活が無味無臭でつまらないモノになる可能性を秘めていますので、ここから先を読むのには十分ご注意の上、私には文句を言わないと天地神明に誓っていただいてからお読みください。

Nya02.jpg

さて、NuAns NEO [Reloaded]をお買い上げいただいたみなさまの中でも「おサイフケータイ」を使いたくて選んでいただいた方も多いのではないかと思います。これまでも使っていらっしゃる方ならば当然ご存じの話かもしれませんが、おサイフケータイ機能は毎日の支払いを便利にするだけでなく、同時にほんの少しだけお得なサービスが同時に利用できます。

それが、「ラッキータッチ」というアプリです。これは、おサイフケータイ機能の中でも楽天Edy、nanaco、モバイルSuica、WAONのいずれかを使って決済をすると宝箱ゲームを遊べる権利を得ます。その宝箱の中に入っているお宝を当てるとポイントがもらえる仕組みです。通知が来るので、実際に使われた方も多いのではないでしょうか。

Nya03.jpg

Nya04.jpg

Nya05.jpg

Nya06.jpg

Nya07.jpg

このように可愛らしい子猫がダイヤモンドとおぼしきお宝を3つの宝箱のどこかに入れてシャッフルし、それがどの中に入っているかを当てるという単純なゲームです。確率としては1/3で、外れ、1ポイント、2ポイントと最大2ポイントのポイントを獲得することができます。なお、シャッフルは肉眼では追いつくことができず、スローモーションビデオで撮影したとしても、入れた宝がどこに入っているのかを追うことは不可能です。

さて、問題はここからです。

1つ目の大きな大きな問題は、最初のうちは面白がってやるものの、実際には見事宝の在処を指定することができて、さらに2ポイントという最高得点を得たとしても、1ポイント1円として使用できる訳なので、実質2円です。段々とやっていくうちに最大2円のために、時間を費やすことに懐疑的になってきます。0円ということもあり得ることから、平均的には1円が獲得できるゲームとも言えます。おおよそ、アプリ起動からお宝の判定をするまでおおよそ10秒ほどを費やします。

もしかすると過去にも書いたかもしれませんが、自分の時間をお金に換算する考え方として、「1円玉を落としても拾うな」という言葉があります(たとえ方はいろいろあります)。この言葉の意味は、たとえば日本の平均年収が420万円だとして、ここから計算すると1ヶ月あたり35万円、おおよそ20日労働すると1日あたり1万7,500円、実労働で7時間とすると1時間あたり2,500円、1分あたりで41円となり、1秒に換算すると0.7円となります。

この計算からすると、1円玉を落として、拾うという動作にもしも2秒かけるとすると、コストは1.4円になります。あまりに急いで拾うと腰を痛めるかもしれませんので3秒ならば2.1円ですから、そうすると1円に対して2.1円のコストをかけて拾うわけですから、損失の方が大きいということになります。

もちろん、実際には当然ですが拾います。ただ、ここから考えると、1秒のコストというものは見えないけれども発生していて、その意識を持って仕事をしましょうという話に結びつけるわけです。無駄な会議を1時間もやれば、2,500円のコストがかかるわけですから、その分の成果を見込めないといけないわけです。当然、役職が高くなって年収が高くなれば1秒あたりのコストが上がってきますので、より効率的にやらなければいけません。

と、考えると、約10秒かけて7円を消費して、最高2円、平均1円を獲得するというのは本当に人生の貴重な時間をロスしているということになるわけです。何気なくやっていたゲームが、人生を損することになっているとはまったく思わないですよね。

さらにさらに、ここからが本当のネタバレです。上記のようなことをゲームの制作者が考えたかは不明ですが、実はある仕掛けが組み込まれています。

Nya09.jpg

Nya08.jpg

ずっとゲームをやっていると、右上に何やら「ゲームスキップ」なる文字があります。ゲームをやるのにゲームをスキップとは、禅問答のような問いかけではないかと思うわけですが、思わずタップしてしまいますと、衝撃的な事実が判明します。可愛い子猫が宝を入れる仕草や、クルクルと目視では終えないスピードで宝箱を回転させる動作、さらには宝箱を指定するゲームとしての最大のイベントをも無視して、いきなり結果が出ます。これを知った時、それまで自分が費やしてきた時間の無意味さに愕然としました。

つまり、あたり判定は何かしらで決まっていて、どの宝箱を選定しようとも結果は決まっていたのです。

このことを暴露しようかどうか迷いつつも、正義は我にあり、ということで使命感を持ってここに記すわけであります。ただ、これでスキップをしたとしても3秒くらいはかかるので、コストが2.1円ほどかかるため、平均1円のゲームに時間を費やすのは無駄だと判断して、それ以降はこのゲームをやらなくなりました。

もしも、近々私がブログを更新しなくなったり、この記事が密かに消えたりしましたら、フェリカネットワークス社から刺客が放たれて私が消されている可能性がありますので、その際には私のこと、NuAns NEO [Reloaded]のことを思い出してください。そして、追悼の意味を込めて購入してください。Amazonなどのレビューサイトで★5を付けておいてください(冗談)。

それでは、みなさま、素敵で有意義かつコスト負けしない人生をお過ごしください。

SUBMIT A COMMENT

このブログにコメントする権限を持っていません。(サインアウトする)
としてサインインしています。(サインアウト)
としてサインインしています。(サインアウト)

SNSアカウントを利用して投稿ができます。(クリックでサインイン)

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。

COMMENT

TRACKBACK

このエントリーのトラックバックURL:
http://trinity.jp/_tools/mt5/mt-tb.cgi/5053

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter