Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

2017年を振り返って

投稿者: ほっしぃ 日時: 31日(日) 23:14

Trinity.jpg

2017年12月は、いつもよりも予定が詰まり、さらに忘年会も例年よりも多かったために、トリログの更新が滞ってしまいました。しかし、当社スタッフたちが元気に毎日更新してくれたので、トリログ自体は活気ある12月となりました。

ブログからソーシャルへ移りつつ、またブログに戻ってくるという流れの中で、やはりブログの大切さが際立ってきています。自社メディアでしっかりと発信をしていくということが、流行に左右されずに発信していくという意味においてとても重要です。それをスタッフ全員で理解して、真面目なこと、面白いこと、個人的なことなどを書き綴ってくれているのはとても嬉しいことです。

これはスタッフ一人一人の成長でもあり、私だけのトリニティではなくなってきたという始まりの始まりかなと思っています。もちろん、私自身も発信を止めていくわけではなく、これからも時間を作っていくことには変わりがありません。

さて、2017年最後のこの日、少しだけ振り返ってみたいと思います。

NuAnsNEO.jpg

NuAns NEO [Reloaded]

なんといっても、NuAns NEO [Reloaded]NuAns NEO [Windows 10 Mobile]に引き続く2号機という意味合いよりも、「Reloaded」に相応しく、OSがAndroidになったというだけではない多くの思いと機能、時間とお金を注ぎ込んだ渾身の製品であるといえます。

そして、私自身10年弱使い続けてきたiPhoneからメイン端末の座をNuAns NEO [Reloaded]に引き渡したという意味で、自分のライフスタイルの中心をNuAns NEO [Reloaded]と共に過ごすことにしたのは、単に新製品を発売したということに止まらない大きな出来事です。

WORKLIFE.jpg

NuAns for WORKLIFE

2017年は、そのほとんどをNuAnsに費やしたといっても過言ではありません。前述のNuAns NEO [Reloaded]の開発は2016年から始めていましたし、NuAns for WORKLIFEについても同様に2016年から始めたプロジェクトでした。そして、2017年に本格的に作り込みを行ない、ほとんど同じタイミングでの発売となりました。

スマートフォンというある意味、現時点でのデジタル製品の中心中の中心を作りつつ、NuAns for WORKLIFEは普段の仕事に必要な製品は何だろうと考えて作り出した、まったくのアナログ製品であるという対比は我ながら面白いと思います。

我々はデジタルだけが正解だと思っていませんし、「使いたいモノを作る」が根本にあるが故に、その方法がアナログでもデジタルでもゴールに辿り着くならばどちらでも良いのです。

Simplism.jpg

・Simplismとトリニティチーム

当社が10年間作り続けているデジタルライフアクセサリーブランド「Simplism」は、トリニティの代名詞とも言えるブランドで、古くはiPodから現在はiPhoneやiPad、Mac向け、さらにはXperiaまで幅広く製品をリリースしています。今回、上記の2つにかかりきりという中で、iPhone 8やiPhone Xが発売になり、それらに向けた数多くの製品を同時にリリースしました。

さすがに私もスーパーマンではないので、これらまで自分でやっているわけもありません。当社の開発チームは最近ブログにも多く登場するように、かなり強力なチームに仕上がり、私がほとんど関わらずに今回のiPhoneシリーズを作り上げてくれました。一部、私が関わっている製品もあるのですが、それが分かる方は相当はSimplismもしくは私マニアかもしれません。

いずれにせよ、大部分はトリニティ開発チームが企画から開発、生産、出荷までを一貫して手掛けてくれました。また、マーケティングチームはパッケージを含むクリエイティブ関係を作り上げてくれました。セールスチームも全国津々浦々、数多くの店舗への展開を拡げてくれました。

これがトリニティの成長の第一歩だと考えています。冒頭にブログの件についても書きましたが、段々とトリニティというチームが自ら動き出すことができるようになったということが、2017年の大きな大きな進化であり、2018年はこれらを加速させていく年であるともいえます。


振り返ればあっという間の1年ですが、それでも上記のように大きく次のステップに踏み出せたことなどあり、とても満足のいく1年でした。もちろん、ああすればよかった、こうすればよかったという反省もありますし、それは今後に活かしていきたいと思っています。

また、これらの実績はデザインチーム、中国の当社スタッフ、中国工場の方々、日本の素材メーカーの方々、流通の方々、などなど数え上げればキリがないほどのサポートしてくださった方々の力がなくてはなし得なかったことです。無理ばかり言ってしまうところを、協力していただいたみなさまに感謝の気持ちを込めて。

「2017年、ありがとうございました」

SUBMIT A COMMENT

このブログにコメントする権限を持っていません。(サインアウトする)
としてサインインしています。(サインアウト)
としてサインインしています。(サインアウト)

SNSアカウントを利用して投稿ができます。(クリックでサインイン)

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。

COMMENT

TRACKBACK

このエントリーのトラックバックURL:
http://trinity.jp/_tools/mt5/mt-tb.cgi/5282

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter