Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

始まりがあれば終わりがある

投稿者: とむ 日時: 18日(木) 10:00

みなさんこんにちは、とむです。
年も明けて、気がつけばもう1月も半ばを過ぎましたねー。えっ、もうそんなに経った?? と思ってしまうほどです。といいつつ、言われてみれば旅行にも行ったし実家にも帰ったし、先週新年会もしたしでそれなりにいろいろやってました。そら早いわけですねー。

さて、話を進めますが、現在トリニティではNuAns NEO [Reloaded] トリプルキャンペーンが開催中です。
20171130_twotone.jpg

知らなきゃ損! NuAns NEO [Reloaded]トリプルキャンペーン開催中
SNSキャンペーン中、「非売品TWOTONEカバー」はどんなもの?

上記トリログでもご紹介いたしましたが、もうご確認いただけましたでしょうか?
実はですねぇ・・・昨年末から開催している3つの超お得キャンペーンも・・・とうとう・・・終わりを迎える日が近づいてまいりました・・・。

気がつけばあっという間ですね。みなさんの中でいずれかにご応募いただいた方も少なくないのではありませんか?
ここで改めて内容をおさらいしていきましょうねー。

続きを読む...

ケーブルの絡まりにGoodbye

投稿者: ヘンリー 日時: 17日(水) 14:00

みなさん、こんにちは。
自他共に認める面倒くさがりのヘンリーです。

トリニティに入社してから、外出時にパソコンを持ち歩くようになり、その重要性をとても感じるようになったケーブル。今回はそんなケーブルのお話です。

外出する際に、面倒くさがりな私はケーブルをバッグにそのままIN→使うために取り出すと絡まってほどくのにイライラ(`Δ´)

ケースに入れたり、ホルダーでまとめたりしてからバックにINすれば、ほどくという面倒な作業は無くなりますが、それができないのが真の面倒くさがりなわけです。

そんなちょっとしたイライラから私を救ってくれるのがこちらのLightningケーブル【BANDWIRE

BW20180116190624.jpgのサムネイル画像

続きを読む...

iPhone Xへのフィルム貼りが劇的に簡単になる、魔法のツール

投稿者: レイレイ 日時: 16日(火) 10:00

...を紹介するビデオが公開中です。

20180115.jpg

この魔法のツールはiPhone X製品だけではなく、iPhone 8/8 Plus用などSimplismのフィルム/ガラス製品に付属していますが、そのメリットを一番実感できるのはiPhone Xユーザーではないかと思います。

こういう会社にいるので、これまで歴代のiPhoneに何度もフィルムを貼ってきました。そんな中でコツをつかんだのか、iPhone 5系(5/5s/SE)は上手に貼れるようになりました。

しかしiPhone X。フィルムを貼る際に重要なガイドとなる、ホームボタンがありません。残る頼りはスピーカーやカメラになりますが、ここだけを目安にして上下左右をピッタリ合わせるのはとても難しいです。

そこでこの「魔法のツール」! なぜこれを使うと貼りやすくなるのかは、ビデオをご覧ください。

続きを読む...

年賀状2018

投稿者: もぐたん 日時: 15日(月) 10:00

年末のグリーティングカード公開に続いて、年始となりましたので、今度は年賀状デザインの公開です。

タダーン!

20180112_newyearcard_01.jpg

毎年、どこかにモチーフとして干支を入れていることが多いのですが、今年は中央に大きく戌さんが位置しました。

流行のオルテガ柄をベースにした素材感を感じられるデザインとなっています。紙はサラサラとした質感のあるものを採用したので、見た目とも合っているかなと思います。

続きを読む...

自分で使いたいモノを作る、Catalyst創始者

投稿者: ほっしぃ 日時: 14日(日) 22:22

Brands.jpg

現在、トリニティは4つのブランドを展開しており、SimplismNuAnsは我々自身が立ち上げたブランドであり、BlueloungeCatalystは我々が日本における総輸入代理店としてブランドの普及活動をしています。

創業の頃は輸入代理店業務だけだったところから、オリジナルブランドも手掛けるようになり、それとともに取り扱いブランドを減らしてきました。これには色々な事情があるものの、ブランドとしての強さは製品としてのユニークさや競争力だけでなく、創始者の強い思いが重要になります。そして、最後に残っている2つのブランドに共通するのは、「自分で使いたいモノを作る」です。

Catalyst01.jpg

CES 2018において、なにやら面白そうなブースを構えているCatalystの創始者Joshのお茶目なところを紹介したいと思います。

続きを読む...

2018年のトレンドを表わす「CES 2018」

投稿者: ほっしぃ 日時: 13日(土) 23:50

CES2018_01.jpg

先日の記事にも書きましたが、今回は出展者としてではないCES参加としては、8年ぶりくらいです。ラスベガスという街は、どうしてもお金の臭いがするので、プライベートでは行きたいと思えません。しかし、ビジネスとしてはそこに多くの人が集まるという場所でもあるため、とても重要な街であるともいえます。

CESという展示会は、過去に様々な展示会が勃興しては衰退していく中で、さまざまな要素を取り込んで、今や世界最大、そしてあらゆるカテゴリーを内包するほどの規模になりました。インターネットの世の中になり、何事もインターネット上で情報が流れている中で、わざわざ飛行機に乗ってラスベガスに集まる人たちが毎年増えているというのは、これはこれでまだまだインターネットにはできないことがあるということなのでしょう。

さて、別記事でも書くようにCES 2018のためにラスベガス入りしているとはいえ、メーカーや海外の顧客とのミーティングなどもあり、さらにはサンフランシスコへも行ってきたたために、なんだかんだゆっくりと見るという訳にはいきませんでしたので、簡単に総括として写真とコメントを記しておきたいと思います。

続きを読む...

iPhone Xのベゼルをホワイトにしてみた

投稿者: レイレイ 日時: 12日(金) 10:00

...というビデオを作りました。

新機種が出るたびに、そのカラーにも注目されるiPhone。これまで背面がシルバーやゴールドの場合はホワイトベゼルでしたが、iPhone Xのシルバーはブラックベゼルになりましたね。

その理由についてはいろいろ噂がありますが、それはさておき「ホワイトベゼルが良かったのにーー!!」という方もいるのではないでしょうか。

そこでコレ!!

続きを読む...

自分の目で見たものを信じる

投稿者: とむ 日時: 11日(木) 10:00

こんにちは、とむです。
突然ですが、みなさんはお化けの存在を信じていますか? ぼくは存在してほしい、とは思っていますが、信じてはいません。それはまだこの目で見たことがないからです。

というのも、ぼくは昔から自分の目で見たものは信じる、をスタンスに生きています。なので、存在してほしくてもお化けはいないかもしれませんし、宇宙人も今まで遭遇したことがありません。ちびまる子ちゃんに出てくる花輪くんのようなお金持ちの友達も、まだ見かけたことがないので実在するのかどうかわかりません。もし自分がそうだ! という方が皆さんの中にいらっしゃるのであれば、是非お友達になりたいのでいつでも連絡お待ちしております。

さて、そんなぼくですがここだけの話、Catalyst Caseも最初は完全防水っていうけどどうなんだろうな、と半信半疑でした。

catalystcaseiphone7_con_001.jpg・・・いやいや水の中にドボンしたらアウトじゃないですか、普通。それに、まだガラケーを利用していた頃、防水をうたっていた携帯電話が雨の日にズボンのポケットの中で水没したことがあり、それ以来あまり防水に良いイメージがありませんでした。

それならば、ほんとに完全防水なのか実際に試してみようじゃないか! それでケースの中に水が入らなければ、それこそ信じることができるじゃないか! ということで、実際に水の中にドボンしてみました。

続きを読む...

非常食の予行演習

投稿者: あさすけ 日時: 10日(水) 10:00

こんにちは、あさすけです。

先日、会社で保管していた非常食が社員に配られました。今日はトリニータもお休みですし、いざというときに焦らないように、非常食を試してみることにしました。試したのは「尾西のわかめごはん」です。

01_package.JPG

作り方は超簡単です。

1. お湯わかす。(水でもOK)
2. 非常食を開封する。
3. 中の線までお湯を注ぐ。
4. 15分待つ。
5. 仕上げにごまを振りかけてできあがり。

続きを読む...

大正ロマン風スマホ

投稿者: ぽん 日時: 9日(火) 10:00

みなさんはインテリアを考える時、どんなテーマで揃えられていますか? 白を基調に、や、アメリカンテイスト! など、テーマを決めて部屋づくりするのは楽しいですよね。
こんにちは! ぽんです!

私はというと、題名でおおよそお察しかと思いますが、大正ロマン風な家が大好きです。日本の洋館の和と洋が組み合わさった感じが最高で。。。

ということで、NuAns NEOも大正ロマン風にしてしまいます。

はい。ケースを自分で作ります! こちらのベースを使用すれば、ご自身で簡単にオリジナルケースを作ることができるのです!

※3Dデータを駆使した本格的なケース作りは、是非ようへいさんのブログをご参照ください。

今回用意したものはこちら。
made1.JPG

続きを読む...

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter