Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

いつもと違ったCESへ出発

投稿者: ほっしぃ 日時: 7日(日) 16:33

CES2018.jpg

「Consumer Electronics Show(CES)2010」出展のお知らせ | トリニティ株式会社

トリニティは2010年から、ラスベガスで毎年1月に開催されるCES(過去はConsumer Electronics Showという名称でした)に出展をしていて、SimplismNuAnsなどを世界に展開するために製品展示やデモを行なってきました。この前年まではサンフランシスコで行なわれていた、現在はもう開催されていないMacworld ExpoというApple関連の展示会に出展をしていましたので、海外での展示会はかなり長いこと出展してきています。

今回、CESはこれまでとは違ったカタチで訪れることになりました。

今年、2018年はCESにブースを出展しないということにしました。その理由としてはいくつかあります。

・Blueloungeの出展見合わせ

当社は最初の出展から、当社が日本の総輸入代理店を務める「Bluelounge」との共同出展をしていました。そして、2018年のブース出展について話し合ったところ、彼らは出展を見送るという意向がありました。この意向を受けて、改めて我々もCESの出展の意義、メリット・デメリットを考えてみました。

ちなみにBlueloungeが出展しない一番大きな理由は、すでに世界に販売チャネルを持っていることです。展示会の目的のひとつが、新しいチャネル開拓だといえます。この目的はすでに達成しているBlueloungeとしては、新製品のお披露目と、既存代理店とのミーティングが主な目的です。しかし、前者はあまり頻繁に新製品を出していかないBlueloungeからするとあまり意味がなくなってきていて、後者もすべての代理店が来る訳でもないため、各地にツアーした方が顧客とも会えるということで効果的だと判断したようです。

・当社製品とのマッチング

一時期は、Macworld ExpoというApple関連の大きな展示会が開催されなくなり、その受け皿としてCESがありました。これによって、多くのブランドがCESに移ってきました。その後、iPhoneなどの隆盛により、このカテゴリーのブースはどんどんと大きくなってきました。これが2年前からマーケット自体も飽和してきていて、CESとしても縮小傾向になってきました。

元々はカーオーディオのコーナーが年々縮小し、そこのブースエリアを維持できなくなってきたところで、ちょうどAppleやモバイル関連のブランドが移ってきたため、カーオーディオのエリアを奪うように拡がっていきました。しかし、ここ数年は車自体のブランドの展示が増えてきて、我々のブースの隣にフォルクスワーゲンの巨大なブースが迫ってきたりしていました。2018年もコネクテッドな車はさらに多くなっていることでしょう。

我々のオリジナルブランドであるSimplismはiOSデバイスを中心としたケースやフィルム、ガラスなどのアクセサリーです。これらは日本ではある程度健闘しているものの、海外に出るとなるとどうしても圧倒的な差が付けられずに苦戦していました。そこに変わってNuAnsがそのデザインや機能などのユニーク性から注目を浴びるようになりました。

しかし、NuAnsは毎年毎年新しい製品を出していくわけでもなく、さらにはNuAns for WORKLIFEのようなエレクトロニクスと関係ない製品も出てきています。最初にNuAnsを出したときには大いに注目されましたが、毎年同じものを出し続けるわけにも行きませんし、展示会の性格上、エレクトロニクスでないものをたくさん出していくのは「違う」のではないかと思いました。

NuAns NEO [Reloaded]はまだ出した事がありません。ただ、これはMWCというモバイル専門の展示会の方が向いているといえますし、我々の出展エリアがiOSを中心としたモバイルアクセサリーであることから、あまり注目を浴びない場所でもあります。

トリニティはエレクトロニクスだけでなく、雑貨系のメゾンエオブジェ(パリ)やデザイン系のミラノサローネ(ミラノ)などにも出展をして、我々の製品にマッチしたところで世界へアピールをしていくようにシフトしていきます。

・費用対効果

特に海外の展示会の出展はとても多額の費用と労力がかかります。場所代、装飾代、人件費、サンプル費、輸送費、旅費交通費などなど信じられないほどの出費があります。それでも、展示会の目的である、チャネル開拓、メディアを通じたPR、既存代理店とのミーティング、などの成果が出れば良いかもしれません。しかし、前述のように展示会の性格と、我々の手持ちが異なってきている現状からすると、ここに投資するよりも他にその資金を使った方が良いのではないかと考えました。

たとえば、展示会の費用を当社製品を販売している国への訪問費用に充てるとか、新規開拓のための市場調査費用に充てるとか、プロモーションに充てるとか、他にも資金の使い方はあるのかなと思って、ちょうどBlueloungeと出展していたのが、できなくなるというのをきっかけに方向転換をすることにしました。


書き始めたら長くなってしまいましたが、というわけで、今回は久方ぶりに出展無しでのCES参加なので、いろいろとトレンドを見たり、新しいブランドの発掘などもしてきたいと思っています。

SUBMIT A COMMENT

このブログにコメントする権限を持っていません。(サインアウトする)
としてサインインしています。(サインアウト)
としてサインインしています。(サインアウト)

SNSアカウントを利用して投稿ができます。(クリックでサインイン)

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。

COMMENT

TRACKBACK

このエントリーのトラックバックURL:
http://trinity.jp/_tools/mt5/mt-tb.cgi/5290

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter