Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

iMac Proに似合うキーボード「HHKB」とそのサポート

投稿者: ほっしぃ 日時: 10日(土) 23:19

HHKB01.jpg

iMac Pro、投入。1秒たりともムダにしない。」ということでiMac Proを愛用しています。スピードに関しては、やはり何よりも速いといえますが、実はトラブルも多くあります。

macOSのバージョンとしては他のHigh Sierraと同じですが、どうもハードウェアとして何かが違うようで予期していないトラブルに見舞われています。たとえば、私はスクリーンセーバーとしてGoogleが配布しているGoogleフォトのスクリーンセーバープログラムを使用していますが、これは正しく起動してくれません。iMac 5Kの方では問題なく動作しているので、iMac Proの問題の可能性があります。

さて、もうひとつハードウェアでもiMac Proならではの問題に遭遇しました。

iMac Proといえば、性能もさることながら、その黒い筐体、周辺機器も特徴的です。プロ感を漂わせつつ、単体で購入することができないというのも希少感を醸し出して特別な存在であるということを表わしています。

しかし、私はあえてその特別なAppleのスペースグレイのキーボードではなくHappy Hacking Keyboard | PFUを使用しています。HHKBと呼ばれているこのキーボード、打鍵感が最高に良く、非常にコンパクトなのでとても気に入っています。キーボードトップの刻印がほとんど見えないので、完全にタッチタイピングをマスターしていないと使えないキーボードです。テンキーもないため、数字も文字の上の数字キーを使わないといけないという上級者向けです。

ちなみに、冒頭の写真で手前に見えている黒いモノはバード電子製専用パームレストです。これがまた素晴らしく、高級感に溢れつつも、HHKBの高さを吸収してタイピングがとても楽になり効率的に入力できるようになります。

さてさて、前置きが長くなりましたが、このHHKBとiMac Proの組み合わせで問題が発生しています。

HHKBは特殊なキーボード配列であるという事もあり、またWindows PCと共用のキーボードであるという事もあるために、Macで使用する場合にはドライバーをインストールする必要があります。しかし、メーカーのサイトからドライバーをダウンロードしてインストールまではうまくいくものの、どうしてもMacの特殊キーを使用する事ができません。具体的には、「かな」と「英数」キーが反応してくれません。

この2つのキーは日本語入力をするときに、かな入力と英数入力を切り替えるもので、かなり頻繁に使用するキーのため、これが反応しないとなると非常に困ってしまいます。メニューで切り替えることはできますし、キーボードショートカットを設定することで回避できなくはないのですが、はやり長年Macを使っている上で使用しているので、どうしても効率が下がってしまい、「1秒たりともムダにしない」ということにならなくなってしまいます。

メーカーのサポートにメールで連絡してみると、ものすごく素早く返信が来ます。そして、内部の技術の担当の方とやり取りしつつ、こちら側にもいろいろと確認をしてきます。こちらも初心者ではないので、ターミナルの操作なども含めて対応していきましたが、どうしても解決に至りません。ドライバーも特別なものを用意していただいたり、いろいろな方法を試してみたものの、結果としてはiMac Pro固有の問題ではないかということになりました。

iMac Proはどうしても高価なため、検証機としては用意してないと思われるので、そのハードウェア固有の問題だとメーカーとしてはどうしようもないのかもしれません。メールのやり取りで10回を超えるやり取りをしたものの、現時点での回避方法としてはUSB端子を抜き差しすることです。これによりなにかがリセットされるようで、その後には件のキーが動作するようになります。しかし、再起動などをしてマシンがリセットすると問題が再発しています。

とはいえ、iMac Proを再起動するということは実際はあまりないため、この回避方法でもそれほど不自由を感じないということで、素早くも温かいサポートをいただいた事を感謝しつつ、Appleにも報告するということでしたので気長に待とうと思っていました。メールのやり取りとしても、ここで終わりと思っていました。

しかし、少ししてからまたメーカーサポートからメールが送られてきて、iMac Proを入手して検証を行なったとの連絡が来ました。そして、原因としてはやはりiMac Pro固有の問題で解決するにはAppleに報告してApple側で何かしら直してもらう必要があるということでした。

その意味では、実際には何の進捗もなかったということになってしまうのですが、このまま終わっても良いかもしれないところを、実機を入手してまで検証してくれたということは、我々もメーカーであることから考えると凄いことだなと思いました。しかもiMac Proですから、高価すぎる検証です。ユーザーが使えない状況であれば仕方ないかもしれませんが、そういう状況でもなかったのに追及して修正しようとしたところにメーカーとしての真面目さと誠実さを感じました。

我々もメーカーとして、この姿勢は見習っていかなければいけないなと思いました。そして、やっぱりこういうサポートをしていただくと、今後も使い続けようと思いますね。

SUBMIT A COMMENT

このブログにコメントする権限を持っていません。(サインアウトする)
としてサインインしています。(サインアウト)
としてサインインしています。(サインアウト)

SNSアカウントを利用して投稿ができます。(クリックでサインイン)

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。

COMMENT

TRACKBACK

このエントリーのトラックバックURL:
http://trinity.jp/_tools/mt5/mt-tb.cgi/5348

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter