Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

NuAns NEO [Reloaded]に最新ファームウェアアップデート「V25」配信

投稿者: ほっしぃ 日時: 15日(木) 5:57

NuAnsNEO.001.jpeg

NuAns NEO [Reloaded]のリリースノートのページでも公開していますが、NuAns NEO [Reloaded]の最新ファームウェアである「V25」を配信しました。必ず、バックアップを取ってから実施して頂くことと、インターネット回線を通じての配信となりますので、できる限りWi-Fi環境でアップデートをお願いいたします。

リリースノートだけだと、機能などの背景も分からないために少し解説したいと思います。

・Googleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化をしました(KRACK脆弱性対策済み)。

Googleによるセキュリティパッチ1月分を適用しました。いろいろなセキュリティホールへの対策が含まれています。以前に話題になったKRACKの脆弱性についても対策がされています。ユーザーの方からご指摘もありましたが、今後はセキュリティアップデートは機能追加や改善のアップデートとは別に配信していくようにしたいと思います。今回も、セキュリティアップデート自体を取り込むのは終わっていて、機能の追加や改善の方に少し時間を要してしまったということがありました。

・通話品質を改善しました。

通話における品質について、まだ改良の余地があるというフィードバックを受けて音質を向上させるように調整しました。私たちのテストにおいても、かなり音質が良くなったと実感できましたので、是非ともお試しください。

・標準カメラアプリにシャッタースピードが1/30以下にならない「手ぶれ防止モード」を追加しました(初期設定ではON)。

そもそもでいうと、カメラは周囲が暗い場合に、適正な露出を保つために絞りもしくはシャッタースピードの調整を自動的に行ないます。NuAns NEO [Reloaded]を含むスマートフォンの場合、基本的に絞り値は固定のため、基本的にはシャッタースピードで調整することになります。ただ、その場合、暗い環境ではシャッタースピードが遅くなり、結果としてしっかりとホールドするか三脚などで固定しないと手ぶれしてしまうという問題がありました。これ自体は、一眼レフなどのカメラでも発生することですので自然な動きです。

ただ、比較的簡単にシャッタースピードが遅くなってしまうので、もう少し改善をしたいと研究をしてきました。機構的に手ぶれ補正機能を付けるのは不可能ですので、あとはソフトウェア的に抑える、もしくは後から補正するということが考えられます(トップブランドのスマートフォンはそうしています)。しかし、それには莫大な開発コストがかかりますので、NuAns NEO [Reloaded]では現実的ではありません。

そこで考え出したのが、手ぶれをしないシャッタースピードを最大値として固定してしまうことです。一般的に1/30よりもシャッタースピードが遅くなると手ぶれしやすくなります。ですので、この値を1番遅いシャッタースピードに設定すれば手ぶれを抑えることができます。いろいろとテストをしてみましたが、問題なさそうなので今回実装をしました。これで、しっかりとホールドしていなくてもある程度は手ぶれを抑制できるのではないかと思います。とはいえ、変わらずしっかりと脇を締めてホールドしながら撮影する方が良いのは言うまでもありません。

また、弊害としては撮影した画像が少し暗くなることがあります。しかしながら、実際には暗いのに明るく撮ろうとしてシャッタースピードを落としてしまい、結果として手ぶれをしてしまうのでは本末転倒です。暗いときには少しはそれを反映して暗く撮れても良いのではないかと思っています。

・特定の環境下でカメラ設定をHDR Auto(表示はHDR A)にすると画面がちらつく問題を解決しました。

私を含めHDR Autoを使用していない方には分からない現象ですが、ユーザーの方からの指摘があり修正を加えました。テストして限りでは、どのような環境でもちらつくことがなくなりました。

・標準カメラアプリにおける色調整を行ないました。

一部の照明環境下における、赤色の強調を抑えるようにしました。これにより、かなり自然な赤が再現できるようになりましたので、思う存分生肉やレアステーキを撮影できるようになりました。

・V22を適用することで発生した通話やデータ通信が途切れる問題を解決しました(ご利用環境で通信が途切れる症状が出る場合は、[設定>もっと見る>モバイルネットワーク>アクセスポイント名] と進み、右上の3点ボタンをタップして「初期設定にリセット」を選択し、APNリストを初期化してください)。

V22というよりも、Android 7.1.2にアップデートした際に発生した問題ですが、今回解決しました。ただし、一部の方は記述の通りAPNのリセットが必要になりますので、うまくモバイルネットワークに接続できない場合にはお試しください。

追記:リリース文では分かりにくかったのと、一部補足があるため下記のサポートページを作成しましたので、問題が発生している方はご覧ください。

V25-03適用時にモバイルデータ通信が出来なくなる問題について


・Wi-Fi接続からモバイルデータ通信への切り替え時に通信ができなくなる場合がある問題を解決しました。

どんな状況でも常に発生するというわけではありませんでしたが、一部の環境においてWi-Fiからモバイルネットワークへの切り替えがスムースにいかない場合がありましたので解決しました。

・LEDフラッシュを利用した通知設定時の光の明るさを調整できるようにしました。

当初、通知LEDは不要と考えていましたが、要望が多くあり、カメラ用のフラッシュを代用することで実現しました。しかしながら、あまりにも眩しいので使えないというフィードバックがあり、何かしら対策はできないかと考えていたところ、LEDの明るさ調整ができるということで今回実装しました。実際のところ、フラッシュのLEDは輝度が高く、1番暗い設定にしてもまだ明るいのですが、これが最大限の調整となります。これまでよりは、かなり良くなったのではないかと思います。

・電話アプリのインポート/エクスポートの設定メニュー表示順を修正しました。

元々はAndroid標準の標記だったのですが、一部で表記がおかしかったようなので調整を行ないました。結構、日本語がおかしかったり、間違っているところもあったり、翻訳されていないリソースもあったりと、素のAndroidと言いつつも結構手を入れないといけなかったのは誤算でした。

・ETWS/Jアラートメッセージ受信時の表示を改善しました。

以前にJアラートが発令されたときに、表示がおかしかったり、マナーモードの時に音が出なかったりしていたのを調整しました。これまで同様、テストできる環境がないので、あまり期待したくないのですが、次回に発令されたときに、今回の対応で完璧になっているかどうかが分かります。

・その他細かいバグを修正しました。

その他、細かいバグ、とはなにか、と思うかもしれませんが、普通には分からないような本当に細かなところをいくつか直しています。通常使用において、特に気づくようなところでもありませんので、詳細の記述は割愛しています。なにかしら、改善されたんだなというくらいに思っていただければと思います。


ソフトウェアについて、大きな問題点やご要望についてできる限り手を入れたと考えています。今のところ、今回のアップデートで取りこぼしている大きなものはないと認識してます。次はAndroid 8に向けて取り組んでいくようになります。今回のアップデートでも直っていない問題、もしくはご要望がありましたら、コメントに書き込みをいただけますでしょうか。

引き続き、NuAns NEO [Reloaded]をご愛用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

SUBMIT A COMMENT

このブログにコメントする権限を持っていません。(サインアウトする)
としてサインインしています。(サインアウト)
としてサインインしています。(サインアウト)

SNSアカウントを利用して投稿ができます。(クリックでサインイン)

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。

COMMENT

#1897 hideki namimatsu 2018年2月15日 09:19 返信

新VerUPご苦労様です。
2/15早朝に適用しました。
ところで、VerUP後に通信SIM(nuroモバイル)を認識しなくなりました。
OSは正常起動しているみたいですが・・
同様の症状の方はいますか?

私も同様の症状です。
通話は可能ですが、通信ができない状態です。
(Wifiは可能です。)
電波は圏外になっていませんが、「3G」「LTE」が表示されていません。
SIMはmineoです。

サポートに問い合わせしましたが、私も接続できなくなりました。

APNはマニュアル入力していますがアップデート後
こちらが消えていたので再登録しましたが接続できません。
また本体再起動すると登録したAPNが消えている状態となります。

なお、何度も再起動して設定しなおしと機内モードのONOFFを繰り返すと接続できるのですが、再起動するとAPN設定が消える状態です。

プリセットAPSではないですが、因果関係はありそうですね。

#1900 しんご 2018年2月15日 11:22 返信

V25 満喫しております。ましてや、oreoへ?楽しみです!。
さて、本題で、モバイル通信の件、APNの初期化を実施と有りますが、これは初期値ではつながりが悪いAPNでAPN設定をMVNO指定の設定で追加している場合。毎度、この追加作業が必要でしょうか?また、何度かアップデート後に当方もたもた(APNを選択し直したり、モバイル通信をオンオフしたり、再起動して、APN追加設定したりで)事なきとなりました。この辺りの初期化操作での手順(例えば、モバイル通信のオンオフ操作やAPN選択の切り替え等を)を示して下さると幸いです。宜しくお願い致します。

#1904 しんご 2018年2月15日 14:56 返信
#1900への返信

他の方の投稿を参考に、初期値戻して→使わないAPNを全部(ちまちま)削除→NifmoLTEの設定を初期値から変更して、保存→これを選択。
この状態ではDOCOMO3Gのまま。
端末再起動。
通信先はDOCOMO3Gのまま、再度、APN設定を見るとななんと、削除したAPNが全て復活してるm(__)m。。
端末再起動でAPNは初期化され事を確認。。。
APNを新規作成で設定、保存してタップ選択、これでリアルタイムにDOCOMO4Gにアンテナが代わりました。この件は諦めました。

他は完璧だし、個別案件だし、次のアップデートまで諦めて、新規設定手品をSDに格納しました。SDが使えるって便利(´ー`)
oreoを待つしかありません!
開発の方々期待して待っております!

#1901 とんとn 2018年2月15日 11:39 返信

アップデートありがとうございます。私も2/15早朝に適用しました。アップデート後に通信SIM(LINE SIM)は認識しているのですが、ネットに繋がりません。OSは正常に起動しています。

#1902 kobayashi 2018年2月15日 12:57 返信

私もファームアップ後、4Gの掴みが悪かったので
以下の対応を実施しました。

1)リリースノートの手順でAPNリストの初期化
2)不要なプリセットAPNを削除
 ※私の場合は楽天モバイル(rmobile.jp)を使用している為、それ以外のプリセットAPNは削除
3)この状態でAPNを選択
4)さらに優先ネットワークタイプを"LTE"の方を選択。
5)端末再起動

一応この手順を実施後は
通話(発着信)/通信(Chromeでの検索など)はできている状況です。

※4)は不要かもしれません。(LTE優先にしたかったので私は実施しました。)
※手動入力のAPNでは試せていません。

#1918 kobayashi 2018年2月16日 13:10 返信
#1911への返信

APNの手動入力も試してみました。

ただ何故かわかりませんが、
不定期なタイミングでAPNリストがプリセット状態に戻される現象が発生。
手動入力したAPNが無くなるのでLTE接続が失敗して繋がらなくなりました。
※APNリスト初期化の操作はしていないのに発生し、
 APNリストのどれも選択されていない状態になる。
※何度か試したのですが、
 プリセットを選択しているだけでは発生せず。
 手動入力のAPNを追加した後は上記現象が発生しやすいです。

#1920 kobayashi 2018年2月18日 10:41 返信
#1919への返信

参考URLみて手動入力でAPN追加時にAPNタイプを設定したところ
端末再起動後なども問題なく接続できました。


各社SIM設定時の説明にはAPNタイプの記載は
ないのがほとんどなので
手動入力時のAPNタイプの初期値が未指定なのも
問題なのかもしれません。

プリセットに登録されている全APNには
APNタイプが設定されていました。

試しにプリセットを選択して、
そのプリセットのAPNタイプを未指定で保存しなおして
端末再起動したらLTE接続に失敗したので
APNタイプを未指定にすると影響がでるようです。

ぼくもモバイルネットワーク繋がらなくなって、下記手順で復帰できました。

1. [設定>もっと見る>モバイルネットワーク>アクセスポイント名] と進み、右上の3点ボタンをタップして「初期設定にリセット」
2. 通信事業者 を開いて、Mineoを選択し直す
3. 再起動

優先ネットワークタイプについては元のままでOKでした。

mineo/docomo のSIMです。

バージョンアップありがとうございます。

当方の環境(DMM mobile)でも、他の方と同様にモバイルネットワークに接続出来ない現象が発生しました。

一応、3Gでは接続可能になりましたので、手順を書かせてもらいます。

1. 2018/02/15 16:20頃にアップデート。
2. モバイルネットワークに接続不可能になった。
3. APN設定を確認した所、何も選択されていなかった為、DMM mobileを選択。
4. この状態では、3Gのみ通信可能でした(ブラウザにて確認)。
5. 設定>無線とネットワーク>モバイルネットワーク>優先ネットワークタイプを「LTE」に変更。
6. この状態では、3G・LTE共に通信不可能。
7. 優先ネットワークタイプを「GSM/WCDMA/LTE」に戻し、端末を再起動。
8. 3Gでの通信可能状態に復帰。

問題解決に不足している情報等ありましたら追記しますので、必要でしたら返信をお願いします。

HUAWEIやシャープの一部のスマホでやってる指紋センサーにナビゲーションキーの機能を割り当てて全画面表示出来るようにする設定が欲しいです

アップデート失敗と表示され、再度実施しようとしても、すでに最新版ですと表示されて、アップデートができません。

#1908 畑中 良之 2018年2月16日 00:55 返信

SDを内部ストレージにしているせいか、結構動作が重い
初期化をしようと思うが、近日中にアップデートないかとblogチェックし問題ないことを確認。
2月13日に初期化して、SDは外部として使用するとやはり動作が軽い。
色々とテストしていると新しいバージョンを見つけたのメッセージ・・・_| ̄|○

基本的にアップデートしたら必ず初期化するので現在suicaなど預け入れを行いアップデート開始
その後、初期化して再セットアップ完了

使用しているUQ mobileでは特に問題なし。
無線も安定・・・かなあ。
期間が短くまだテスト中。

TRACKBACK

このエントリーのトラックバックURL:
http://trinity.jp/_tools/mt5/mt-tb.cgi/5356

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter