Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

ポモドーロ・テクニックを使って作業に集中できる3日坊主では終わらないアプリ

投稿者: あさすけ 日時: 15日(金) 10:00

こんにちは、あさすけです。

作業に没頭していたら、いつの間にか2時間経ってしまっていた。。。ということはありませんか? 細かいタスクが多いと、2時間同じ作業にかかりきりになってしまうと困ってしまいます。

そこで今日は、1つの作業に没頭しすぎないようにするために最近よく使っているアプリを紹介します。

▷BFT(Bear Focus Timer)
01_start.PNG

時間を設定して、作業時間と休憩を管理することができるアプリです。作業時間と休憩時間を自分で決められ、簡単に設定することができます。

ポモドーロ・テクニックを用いたタイマーアプリや作業時間計測アプリなど、これまでにいくつか試してみましたが、私は軒並み3日坊主で使わなくなってしまいました。このアプリはなぜ、飽きずに継続して使えてるのか。その理由を考えてみました。

●まず、アプリを開きたくなる。

キャラクターや絵のタッチがかわいくて、仕事中に癒やされるからか。アプリ開きたいという気持ちにさせてくれるのが、継続できている一番の理由だと思います。

05_break.PNG

●作業時間と休憩時間を自分で決められる。

5分区切りで設定できるのも私の性格に合っている。1分ごとに設定すると、細かすぎてイヤになってしまう。設定の仕方も感覚的にわかって簡単。

●自分好みのホワイトノイズ(環境音)を設定できる。

音楽を聴いているより耳は疲れないし、外部の音もほどよく聞こえる。いくつか種類があって、私は嵐の音がお気に入り。雨と雷の音が遠くから聞こえてきて落ち着く。他には、たき火の音やコーヒーミルで豆をひく音など、全部で6種類の環境音がある。

03_setting.PNG

●画面を下に向けると作業時間タイマーが開始してホワイトノイズが流れ始める。

画面を上に向けるとタイマーがストップするので、勉強しているときなどはスマートフォンの誘惑に負けずに作業に集中できる。途中で時間が気になって画面を上に向けると、キャラクターの顔がむっとした表情になる。ちょっとした表情の変化も楽しい。

02_stop.PNG

●作業終了の時間が来たときに鳴るアラートがかわいい。

小気味よい、軽快な鳥の鳴き声で、「やったーおわったー」というちょっとした達成感を味わえる。アラート音はオフにもできるし、バイブレーションだけの設定にもできる。

04_achieve.PNG

確実に利用者の好みによると思いますが、これくらい簡単で、ゆるい感じが、心にスッと入り込んだのかなと感じます。

時間をきちんと区切って作業できているかといえば、必ずしもそうではありません(汗)。家で勉強したり、本を読む分には中断して休憩を挟みますが、仕事となると、キリがいいところまでやりたいという気持ちにやはりなります。

しかし、時間を意識するようになるのでアプリの効果はあると思います。作業時間をきちんと区切りたい、ポモドーロ・テクニックを使いたい、ストップウォッチやアプリなどを使ってもなかなか作業時間を計測したり区切ったりできないという方は、是非試してみてください。

SUBMIT A COMMENT

このブログにコメントする権限を持っていません。(サインアウトする)
としてサインインしています。(サインアウト)
としてサインインしています。(サインアウト)

SNSアカウントを利用して投稿ができます。(クリックでサインイン)

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。

COMMENT

TRACKBACK

このエントリーのトラックバックURL:
http://trinity.jp/_tools/mt5/mt-tb.cgi/5513

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter