Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

タイピングの速度と精度が落ちるというストレス

投稿者: フェイ 日時: 30日(金) 10:00

フェイです。

「これからはデジタルだ! パソコン通信だ! インターネットだ!」と、中学生の頃に鼻息荒く両親に頼み込んでパソコンを購入してもらったものの、NIFTY-ServeやWebを見るにも文字入力が必要、ゲームをしようにもコマンド入力が求められるという状況だったので、とにかくキーボードで自由に文字を入力できなければ何もできない! という思いから、必死にタッチタイピングを練習した結果、それなりのスピードでできるようになりました。

その頃のタイピング練習の貯金(?)があるので、いまも人並みのスピードでタイピングできてはいるものの、若い頃に比べると、目に見えてタイピング速度が落ちているうえに、入力の精度も悪くなっていることに気がつき、地味にストレスを感じ始めています。もしこのままタイピング速度が落ち続けてしまうと、

続きを読む...

偉大なるWeChat

投稿者: あさすけ 日時: 19日(月) 10:00

こんにちは、あさすけです。

最近、WeChatのお世話になっています。

WeChatは、とても簡単に言うと、中国版のLINEのようなものです。お店では支払ができますし、タクシーの料金もWeChatで支払えます。友達や同僚との金銭のやりとりもWeChatでできます。SNSで情報も検索できるし。。。なんでもできる。そういう印象です。

先日、スマートフォンのデザインハウスから、ハードウェアエンジニアが来てくれました。主に修理をするために来てくれたのですが、困ったことに、日本語も英語も通じません。そこでお世話になったのが、WeChatです。

WeChatの何がすごいって、翻訳機能の精度がかなり高いのです。技術的な話になるとさすがに中国のスタッフに翻訳してもらうのですが、簡単な会話ならかなり正確に訳してくれます。翻訳アプリもいくつか試してみたのですが、WeChatが一番わかりやすく、チャットに参加している人たちが各々の言語で翻訳できるので、時間短縮にもなりました。

続きを読む...

iMac Proに似合うキーボード「HHKB」とそのサポート

投稿者: ほっしぃ 日時: 10日(土) 23:19

HHKB01.jpg

iMac Pro、投入。1秒たりともムダにしない。」ということでiMac Proを愛用しています。スピードに関しては、やはり何よりも速いといえますが、実はトラブルも多くあります。

macOSのバージョンとしては他のHigh Sierraと同じですが、どうもハードウェアとして何かが違うようで予期していないトラブルに見舞われています。たとえば、私はスクリーンセーバーとしてGoogleが配布しているGoogleフォトのスクリーンセーバープログラムを使用していますが、これは正しく起動してくれません。iMac 5Kの方では問題なく動作しているので、iMac Proの問題の可能性があります。

さて、もうひとつハードウェアでもiMac Proならではの問題に遭遇しました。

続きを読む...

NuAns for WORKLIFEがシリーズとしてiFデザインアワードを受賞

投稿者: ほっしぃ 日時: 3日(土) 23:06

iF01.jpg

NuAns WORKLIFEシリーズ、 iFデザインアワードを受賞 | トリニティ株式会社

日本でデザイン賞というと、一番有名なのが「グッドデザイン賞」だと思います。NuAnsブランドでもいろいろと賞をいただいたり、NuAns NEOではベスト100という、受賞作品の中でもさらに選ばれた賞をいただいたり、そのもの作りとしても「ものづくり」賞もいただいたりしました。

世界では、「iF design award」と「red dot design award」が有名なデザイン賞となります。今回はそのひとつであるiFデザインアワードをNuAns for WORKLIFEシリーズとしていただくことができました。

続きを読む...

[All About NuAns]最高の使い勝手と心地よい手触り、インテリアとも馴染むモバイルバッテリー「TAGPLATE」

投稿者: ほっしぃ 日時: 28日(日) 22:27

TAGPLATE_08.jpg

NuAnsブランドの製品シリーズの中でも、前回ご紹介した「BANDWIRE」はケーブルを再発明したという意味において、まさにエポックメイキングな製品だといえます。今回ご紹介する「TAGPLATE」はその延長線上にある製品で、これもまたNuAnsのエッセンスがふんだんに散りばめられた傑作のひとつです。

Amazonでも非常に評価が高いTAGPLATEについて、掘り下げていきたいと思います。

続きを読む...

2018年のトレンドを表わす「CES 2018」

投稿者: ほっしぃ 日時: 13日(土) 23:50

CES2018_01.jpg

先日の記事にも書きましたが、今回は出展者としてではないCES参加としては、8年ぶりくらいです。ラスベガスという街は、どうしてもお金の臭いがするので、プライベートでは行きたいと思えません。しかし、ビジネスとしてはそこに多くの人が集まるという場所でもあるため、とても重要な街であるともいえます。

CESという展示会は、過去に様々な展示会が勃興しては衰退していく中で、さまざまな要素を取り込んで、今や世界最大、そしてあらゆるカテゴリーを内包するほどの規模になりました。インターネットの世の中になり、何事もインターネット上で情報が流れている中で、わざわざ飛行機に乗ってラスベガスに集まる人たちが毎年増えているというのは、これはこれでまだまだインターネットにはできないことがあるということなのでしょう。

さて、別記事でも書くようにCES 2018のためにラスベガス入りしているとはいえ、メーカーや海外の顧客とのミーティングなどもあり、さらにはサンフランシスコへも行ってきたたために、なんだかんだゆっくりと見るという訳にはいきませんでしたので、簡単に総括として写真とコメントを記しておきたいと思います。

続きを読む...

渋谷でライフスタイル製品をゆっくり見るなら「arenot」

投稿者: ほっしぃ 日時: 3日(日) 23:19

arenot01.jpg

渋谷でライフスタイル製品を見るお店で、断然お勧めなお店があります
それは「arenot|インテリアショップ|北欧家具」の渋谷本店です。実はこのお店、全国で展開しているのですが、かなりの店舗でNuAnsNuAns NEOBlueloungeなどの取扱いをしていただいています。

そして先日「大阪梅田でNuAnsやBluelounge製品をゆっくり見るには。」という記事で紹介した「so many years」も同じ会社が運営しているお店となります。

渋谷駅からほんの少しだけ歩きますが、逆にゆったりとしていて周りに素敵なカフェなどもあるので、喧噪のセンター街から離れてゆっくりと、のんびりとライフスタイル製品を見るには最適なのです。

arenot02.jpg

ちょうど私も視察に行ったので、少しだけ店内をご紹介したいと思います。

続きを読む...

UQ mobile、だぞっ

投稿者: ほっしぃ 日時: 30日(木) 23:16

UQ01a.jpg

かつてはポケベルの時代から、その後いわゆる「ガラケー」ではずっとNTTドコモの契約をしており、SoftBankがiPhone 3GSを日本に持ってきた時を契機にずっとSoftBank回線を契約しています。孫正義氏を尊敬しているという事もありつつ、iPhoneのわくわく感を持ち込んでくれたSoftBankに感謝の意味も込めて、おそらくメインの回線をSoftBankから変えるということは考えていません(品質もとても良くなりました)。

今回、第2回線としてUQ mobileを契約しました。

続きを読む...

アップルストアで初めての"MacBookを充電できるモバイルバッテリー"「mophie powerstation USB-C XXLユニバーサルバッテリー」

投稿者: ほっしぃ 日時: 27日(月) 23:47

Mophie01.jpg

人気コンテンツ3部作の「Nの悲劇」シリーズをお読みになった方はご存じとは思いますが、先日やむなくアップル表参道に行く機会がありました。予約の時間より少し早く着いたので、販売されているアクセサリーをチラチラと見ていたところ、このモバイルバッテリーが目に留まりました。私はその時に初めて知ったのですが、実際には今年の9月から販売されていたようです。

mophie powerstation USB-C XXLユニバーサルバッテリー - Apple(日本)

最初は大容量のモバイルバッテリーかと思ったのですが、よくよく見てみるとUSB Type-C端子が付いているのです。Appleの直営店であるアップルストアで販売されているバッテリーとしては初めて、USB PD(Power Delivery)に対応してMacBookに給電(充電)できる製品ということになります。これまではApple純正のACアダプターのみでしたが、電源が無くてもMacBookを使えるようになるのはとても大きいと思います。

続きを読む...

Nの悲劇、感動のフィナーレ

投稿者: ほっしぃ 日時: 23日(木) 22:29

N01.jpg

大好評をいただいている「Nの悲劇」シリーズ。私の不幸が大好きなみなさま、お待たせしました。今回で涙涙の大団円を迎えることと相成りました。ハンカチの用意はよろしいでしょうか。振り返ってみると、「N」のキーが効かないストレスを抱え、代替案として編み出したワイヤレスキーボード乗せで大冒険をし、何が何でも預けないといけないという悲しみの別れを経てのフィナーレでございます。

この記事からアクセスされた方は「Nの悲劇」と「Nの悲劇、その後」をじっくり読んでいただいてから、今回の三部作の最終話をお読みいただければと思います。

おっと、百聞は一見にしかず。写真がすべてを物語ってしまいますね。

続きを読む...

1

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter