Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

シンガポールにThe Fingerist現わる

投稿者: ほっしぃ 日時: 12日(月) 23:53

Singapore01.jpg

7月に訪れたシンガポールEVENNO The Fingeristのデモをやったところ非常に好評で、その後に代理店の方々が頑張って普及活動に努めてくれ、なんとシンガポールでThe Fingeristのビデオが公開されました。

日本ではThe Fingeristの第一人者といえば佐世保のユニット「SandyTrip」ですが、シンガポールのThe Fingeristもなかなかどうして、しっとりと聞かせてくれます。iPhoneの演奏テクニックはSandyTripの方が1年以上やっているということで、まだもう少し高みを目指せるかなと思いますが、非常に歌もうまく、これからに期待ができるユニットです。

シンガポールの代理店の方々は熱心に当社製品を勉強し、普及しようとがんばってくれています。シンガポールでSimplismやEVENNO製品が広まっていくことを期待しています。

ドイツのおもひで

投稿者: ほっしぃ 日時: 10日(土) 23:51

IFA00.jpg

10年以上振りに訪れたドイツということもあって、前回の記憶がほとんどなく、とはいえあまり美味しい食べ物に巡り会わなかったというイメージだけが残っていました。一般的にも、ドイツはソーセージとビールとじゃがいもというのがあり、イタリアやフランスと比べると美味しいというイメージが湧かないのではないでしょうか。

IFA02.jpg

IFA03.jpg

もちろん、ビールは外せません。この写真にあるのは比較的控えめなグラスですが、ほとんどの人が1リットルくらいの大ジョッキで飲んでいます。IFA2011の展示会場の中にあるファストフードのようなお店でもそれくらいのサイズをガバガバと飲んでいました。フランス人にとってのワイン、と同義なのでしょうか。今回飲んだビールはどれも飲みやすく、普段はあまりビールを飲まない私でも数杯飲むことができました。

IFA04.jpg

IFA05.jpg

IFA06.jpg

これはドイツに限ったことではないのかもしれませんが、レストランで出てくるパンがどれも美味しかったのが印象的でした。いつもいつも思ってしまうので書いておきましょう。パンが美味しくて、最初に出てきて食べてしまうので、これが無料で提供されたらあまりパスタやピザなどを頼まなくなってしまうのではないかと思うのですが、ビジネスとして成り立っているということはそれほど影響がないのでしょうか。日本食でいえば、締めのおにぎりが最初に出てくるようなもの、とは違うんでしょうか。少なくとも私は、この後に炭水化物を頼むことはありませんでした。ちなみに、ドイツといえばプレッツェルということで食べてみましたが、私には普通のパンの方が美味しく感じました。

IFA07.jpg

IFA19.jpg

今回、一番美味しかったのはドイツの有名な家庭料理アイスバインでした。豚のすね肉を骨が付いているまま煮込むのですが、ふんわりと柔らかくてとても美味しかったです。ドイツの基本的な料理らしく、どのレストランにもほとんどメニューにありました。

IFA08.jpg

もうひとつ有名なのがシュニッツェルで、簡単に言うと豚肉のカツレツで、1枚がわらじのように大きく、1人では絶対に食べられない量でしたが、サクッとした小麦粉の香りと柔らかい肉がジューシーで美味しかったです。

IFA09.jpg

IFA10.jpg

食べ物はこれくらいにして、ベルリンといえばベルリンの壁です(私は「ベルリンの赤い雨」がすぐに出てきてしまいますが...)。ベルリンの壁がなにかということは概念としては知っていたのですが、ベルリンの壁が東西ドイツを隔てる国境に建てられて分離していると思っていました(みなさん、思ってませんでした?)。しかし、実際にはこのページの図解を見てもらうとよくわかりますが、東西ドイツはベルリンよりももっと西側で分断されていたので、ベルリンの壁で分断されていたわけではなかったのですね。

今ではほとんどが取り壊されていて、写真のようにモニュメント的に残っているだけとなっています。なお、ベルリンの壁のお土産として模倣品が蔓延っているようで、近くで売っていたからといって本物ではないことが多いようです。なぜか中国製の壁とかがあるようです...。

IFA20.jpg

IFA11.jpg

IFA12.jpg

ベルリンの壁があったそばにブランデンブルク門という観光名所があります。夜はライトアップしているということで、わざわざ夜に行ったのですが、なにやら普通じゃないライトアップが映し出されていました。ちょうど日独交流150周年イベントということで、なんと日本の照明デザイナーの第一人者である石井幹子氏のライトアップイベントがあり、そのリハーサルをやっているところでした。それはそれで貴重な体験だったのですが、普通のライトアップも見たかったところです...。

IFA13.jpg

IFA14.jpg

IFA15.jpg

ベルリンは市旗や市章にも描かれているとおり、クマがシンボルで街中にもクマが至る所にいます。それにしても、みんな手(前足)をあげて立っているのが多いのは何か意味があるのでしょうか。

IFA16.jpg

IFA17.jpg

さて、IFA2011を終えてフランクフルト経由で日本に帰るわけですが、ベルリンにはApple Storeがなくフランクフルトにあるということで、朝にフランクフルト入りをしてApple Store詣でをしてきました。Apple Storeはサイズやレイアウトの違いはあれど、基本的に世界共通の仕様なのでそれほどのサプライズはないのですが、日本やアメリカとは違うラインナップが一部あり、たまに面白いモノがあったりするので、世界各地を訪れた際には必ず行ってみたい聖地です。今回はちょっと残念なことがあって、あまり楽しく過ごせなかったのですが、Apple Store巡りはこれからも続けたいと思います。

IFA18.jpg

そのApple Storeから少し離れたところにApple Premium Resellerもあり、Apple Storeにない製品を多く取り扱っていました。こちらもドイツのローカルブランドがたくさんあり、それぞれ面白い特長を持っていたり(まったく持っていなかったり)して、ビジネスとしてだけでなく楽しむことができました。

行く前に持っていたイメージと違い、かなり美味しく、見るところもたくさんあったドイツの旅でした。また機会があったら行ってみたい国となったのは間違いありません。

日本の感性価値を伝える「感性kansei - Japan Design Exhibition」にThe Fingerist展示中

投稿者: ほっしぃ 日時: 31日(日) 19:41

Kansei01.jpg

2010年10月29日から開催されているデザインイベント「Tokyo Designers Week 2010」の特別企画展のひとつとして、西武渋谷店にて日本の感性価値を伝える「感性kansei - Japan Design Exhibition」が行なわれています。

10月28日(木) → 11月3日(水・祝)
午前10:00 - 午後9:00 ※ご入場は閉場の30分前まで
会場 : 西武渋谷店 A館7階 催事場
入場料 : 500円(税込)
※クラブ・オンメンバー、ミレニアムメンバーは300円(税込・ご優待価格)にてご入場いただけます。
※Tokyo Designers Weekイベントブックをご持参のお客さまは無料でご入場いただけます。

この感性展では、「和言葉」から製品の中に込められた"ものづくりの心"や"ものづくりのものがたり"を紹介していくという試みで、それぞれの言葉に関連する100のデザイン作品・製品を紹介しています。

「表情:物の表情に宿る感性 和言葉 : かげろう きめ たたずまい」
「動作:作り手や使い手の動作に宿る感性 和言葉 : からくり はぶく おる」
「心:人の心に宿る感性 和言葉 : もったい かろやか もてなし」

その中で、「からくり」という言葉のカテゴリーに当社オリジナルブランド「EVENNO」の「The Fingerist」が紹介されています。

Kansei02.jpg

Kansei03.jpg

Kansei04.jpg

たくさんの有名なデザイナーの作品が並ぶ中に、私たちが作った「The Fingerist」が存在しているということだけで非常に嬉しく思います。iPhone/iPod touchを楽器に変える「からくり」が、ただのiPhone/iPod touch周辺アクセサリーと違い、ユニークで新しい試みであるということが選者の目に止まったのかもしれません。

その他、たくさんのデザイン作品が展示されており、それぞれのデザインに対する思いが見えて、非常に面白い展示ですので是非ともご覧ください。

なお、11月3日(水)までの展示となっていますが、招待券がありますので、当社宛にお名前、ご住所、お電話番号をお送りいただければ送付いたします。

Fingerist展開店舗

投稿者: ほっしぃ 日時: 18日(金) 11:23

Fingerist01.jpg

昨日待ちに待った発表を行なったThe Fingeristですが、プレスリリースにある「全国の家電量販店」とはどこなんだろうかと思われるかもしれません。基本的にはいつもは本当に47都道府県においてどこかで必ず買えるような展開をしているのですが、今回のThe Fingeristは製品が少し特殊だということもあって限定的な展開となります。

公式ページにも後ほど記載しますが、取り急ぎ本日(6月18日)現在、The Fingeristを最低限在庫として展開しているのは下記の店舗です。ただし、ケースなどのように大量に在庫をしているわけではないので、もし購入のために足を運ばれるということがありましたら、事前にお電話などで確認をされてからにしていただきますようお願いします(行ってなかったら悲しいですよね)。また、来週からアマゾンでも販売が開始される予定です。

なお、店舗名の掲載は50音順です(この注意書きがないとアブナイのです)。

【ビックカメラ】 [店舗情報]

池袋本店
渋谷東口店
新宿東口店
立川店
なんば店
有楽町店
札幌店
新宿西口店
池袋西口店
天神2号館(天神新館)
池袋新本店
天神1号館(ピー館)
名古屋駅西店
大宮西口そごう店
柏店
有楽町店別館
藤沢店
ラゾーナ川崎店
京都
new新横浜
新潟
鹿児島中央駅前店
相模大野駅店
船橋駅店

【ヤマダ電機】 [店舗情報]

LABI1 日本総本店 池袋
LABI渋谷
LABI新宿東口館
LABI1なんば

【ヨドバシカメラ】 [店舗情報]

マルチメディアAkiba 2F/4F
新宿西口本店
マルチメディア横浜
マルチメディア吉祥寺
マルチメディア川崎ルフロン
マルチメディア梅田 B1F/3F

ついに、Fingerist発売へ

投稿者: ほっしぃ 日時: 17日(木) 22:51

Fingerist01.jpg

ついにというべきか、とうとうというべきか、やっとというべきか、ようやくというべきか、迷うところではありますが、何せ構想約1年、苦節約1年、待ち時間約3ヶ月という時を経て、EVENNO Fingeristが発売にこぎ着けました。

製品の詳細はFingeristの製品ページをご覧いただくとして、このFingeristはiPod touchやiPhoneの楽しみ方を拡げるアクセサリーとして自信を持ってお勧めできる製品です。詳細については、別途エントリーをまとめたいと思います。

ちなみに、このタイミングでリリースしてiPhone 4への対応はどうなっているのか、という話になることでしょう。現時点でまだ発売されていない、そして動作確認を直接この手で行なっていないデバイスに対する表明はし辛いですが、これだけは言っておきましょう。

「サイズはぴったりです」

それは買ってみればわかるようになっています。もちろん、実際の動作は6月24日のiPhone 4発売日に実機にてテストをしてみてからの正式表明ということになりますが、基本的には問題があるはずがないことになっています。

iPhoneが楽器となった、The Fingeristライブレポート

投稿者: ほっしぃ 日時: 6日(木) 23:40

Live01.jpg

先日告知をした通り、昨日、5月5日は渋谷はセンター街のど真ん中にあるソフトバンクショップの4F「iPRESS CAFE」でFingeristライブ&ハンズオンイベントを開催しました。

もうすぐ発売する予定のFingeristは、iPhone/iPod touchを楽器に変身させて音楽を奏でることができるミュージックアダプターで、これまでいろいろな場所でデモンストレーションを行なってきましたが、まだまだ未熟なのか、想像が付かないからなのか、本気で「使える」と思われていないことが多いため、今回はFingeristだけでのライブを「いつものAUGM」を離れて、東京のど真ん中渋谷で決行することにしました。

Live05.jpg

もちろん、ライブの主役は長崎県佐世保市の人気ユニット「SandyTrip」(@SandyTrip)で、バッキング演奏はすべてFingeristを使用して演奏していただきました。お2人にはできたばかりの「シンプティ」も着ていただいてパフォーマンスをしていただきました。見ていただいた方はもうおわかりだと思いますが、Fingeristは立派にバッキング演奏の「楽器」として成り立っていて、普通にプレイが溶け込んでいました。

Live06.jpg

今回は3回公演ということで3曲程度をお願いしていたのですが、3曲は3曲だったのですが、なんと3回とも違う曲を演奏していただいたので、都合9曲もFingeristのみでの演奏曲を用意していたということになります。楽器アプリだけを使用した演奏もありつつ、事前にバック演奏も作り込んできてもらい、それをiPhoneのiPod機能を利用して再生させながらギターアプリに切り換えて演奏するというiPhoneならではの演奏(iPhoneはiPhone OS 4.0を待たなくても一部マルチタスクなのです)もたくさん披露していただきました。

急なお願いで佐世保から来ていただいたのですが、事前にたくさんの準備と入念なFingeristのリハーサルをしてきていただきました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

なお、今回使用されたiPhoneアプリは「Guitar(iTunesが開きます)」と「PocketGuitar(iTunesが開きます)」です。特に前者のGuitarというそのまんまの名前のアプリは初心者からプロまで使えるアプリとしてFingeristにぴったりのアプリだといえます。

Live07.jpg

ボーカルのAYUMIさん(敬称は「氏」で統一しているのですが、今回だけはそぐわない気がして「さん」にしました)は普段ハンドベルを使う楽曲があるという話が前日の打ち合わせ(という名の「エベンノの会」)で出てきて急遽「Melody Bell(iTunesが開きます)」を使ってiPhone 2台で演奏してみていただきました。iPhoneからのスピーカーだけだったので音量的には少し足りませんでしたが、キレイな音色を奏でていました。

Live08.jpg

Live09.jpg

ライブの合間合間に「あっぷるまんあらためFBマスク(まだ定まってない)」も登場して、ギターだけでなくてドラムアプリなどを利用したプレイを披露してくれました。

余興として、リクエストをもらった曲を演奏して、一緒に歌わせてもらったりもしました。私も学生時代にバンドをやっていたことがあり、その曲をライブでやっていたこともあったので、とても懐かしい思いで楽しませてもらいました。

Live04.jpg

Live10.jpg

イベントとしてはちゃんとした段取りもあまりなく、グダグダな感じで進行していったので、来ていただいた方には恥ずかしいところをお見せしてしまいました。一応、ライブの前後では来場者の方にFingeristを直接披露したり、弾いてもらったりしました。ほぼ全員の方がたとえ楽器を弾けなかったとしても自分にもできそうと感じていただき、そしてなによりも「楽しそう」「やってみたい」と言っていただけたのが良かったと思います。それが今回のイベントの目的でしたから、その言葉が聞きたかったわけです。

Live11.jpg

イベントの最終回ではFingeristの生みの親であるITmedia松尾氏にも来ていただき、Fingerist誕生の経緯やFingeristを使ったデモ演奏を行なっていただきました。聞いていて格好良いフレーズをたくさん連発してくれて、自分でもあれくらいはデモができないといけないなと思いました。見た人が、格好良いと思ってもらえないとデモの意味がないですからね。

Live12.jpg

また、Fingeristの生みの親のひとりであるバード電子斉藤氏にも来ていただきました。翌日(5月6日)発売の新製品をプレゼントとして持ってきてくれて来場者へのクイズで盛り上がりました(クイズが思いの外難しかったですが)。

Live02.jpg

Live03.jpg

ライブのたった1週間前に決定した「思いつき」ともいえるこのイベントにはムリを通してたくさんの方が手伝ってくれました。簡単な編成でのライブにもかかわらず、「本気」のPAセットを用意していただいたり、今後にも使用するプロモーション撮影用に「本気」のカメラを持ち込んでいただいたり、急なイベントのために来られない方々にも見ていただけるようにUstreamの用意をしていただいたり。

おかげさまで、ゴールデンウィークのまっただ中で外出されてる方が多い中で70名以上の方々に試聴していただきました。いろいろコメントもいただいたりしていましたが、ちゃんと対応できない部分もありまして申し訳ありませんでした。

今回のライブイベントの模様は下記のページで録画を見ることができますので、もし興味がありましたらご覧ください(ビデオは下の方にあります)。

http://www.ipodstyle.net/special/event/20100501Fingerist/index.html

最後になってしまいましたが、SandyTripのお2人、お忙しい中ご来場いただきましたすべての方々、イベント関係者の方々、Ustreamで試聴いただいたネットの向こうのみなさま、素敵なスペースを提供いただいたテレコムサービス社には本当に感謝の言葉しかありません。ありがとうございました。

楽しく、本当に楽しく、やらせていただきました。この仕事をしていて、Fingeristを作って、良かったなと強く感じました。たくさんの方々とこの思いを共有できたとしたら、最高です。

Live13.jpg

Fingeristライブ&ハンズオンイベント開催のお知らせ

投稿者: ほっしぃ 日時: 29日(木) 23:23

Fingerist01.jpg

急遽決まった話なのでまだ告知が行き届いていませんが、私が書いた原稿の草案をとりあえず貼っておきます。社内で校正されて多少変わるかもしれませんが、取り急ぎ告知まで。

5月末に発売を予定しているEVENNOブランド「Fingerist」のライブ&ハンズオンイベントを下記の通り開催いたします。

[Fingeristハンズオンイベント]

Fingeristと音楽アプリを常設し、誰でも試奏できる環境を毎日提供します。詳細は別途告知しますが、演奏をYouTubeにアップロードして賞品がもらえるイベントも予定しています。

2010年5月1日〜5月22日(予定)

[Fingeristライブ]

長崎県佐世保市の人気ユニット「SandyTrip」(http://sandytrip.net/)によるFingeristだけを使用したライブを行ないます。Fingeristだけで演奏をこなし、Fingeristならではの演奏方法も披露しつつ、すばらしい音楽を奏でます。これまでのプレイスタイルを根本から変える可能性を秘めたライブを是非その目で、その耳で体験してみてください。

Sandy01.jpg

2010年5月5日(水)こどもの日
13:00〜
15:00〜
17:00〜

※閲覧は無料です。
※公開時からライブ時間を変更しました。

[場所]
iPRESS CAFE 4F カフェスペース
東京都渋谷区宇田川町25丁目6番 3・4F(MAP
TEL:03-5456-6034

Fingerist発売日延期のお知らせ

投稿者: ほっしぃ 日時: 31日(水) 19:46

Fingerist01.jpg

Fingerist02.jpg

CESで大々的に発表してからおよそ3ヶ月、そろそろFingeristの発売日として告知してきた3月が終わろうとしています。今日は3月31日ですから、今日発売すれば公約違反にはならないのですが、残念ながらみなさまにはお詫びしなければならない事態になってしまったようです。

現状を説明すると、製品としての開発は終了し、微妙な部分の仕上げもほとんど終わりました。Made for iPod/Works with iPhoneの認定を受けるためのテストも通過し、これらに対する準備も終わっています。それではなぜ発売に至っていないのか、というところですが、正直なところ絶対に必要なパーツが思ったよりも長い納期になってしまっているのです。このパーツは我々が製造しているわけではないため、ただ、待つしかないという状況なのです。大人の事情によりこれがどのパーツなのかをここで言及することは差し控えますが、我々にはどうしようもないところ、ということでご想像いただけるのではないかと思います。

現在のところ、このパーツ供給の短縮を依頼していますが、当初もらっている納期から鑑みると、正式な発売は5月にずれ込んでしまう見込みです。ご期待いただいたみなさま、関係者各位には非常にご迷惑をお掛けしてしまい、大変申し訳ありません。

なお、来週末開催されるAUGM長崎にはパブリックベータ版として、リリース版とほぼ同じバーションを5台ほど用意しておりますので、微々たるモノではありますが、ご期待いただければと思います。

Fingerist03.jpg

最後の写真はこのFingeristを製造するための金型の写真です。どでかい金型から成型されるため、この製造コスト自体も非常に高価で、生産量も少なく、14,800円で販売するのはかなりがんばった結果だということが、分かる人には分かるかもしれません。

AUGM大阪で、Fingeristライブ敢行

投稿者: ほっしぃ 日時: 31日(日) 22:34

AUGM01.jpg

今回も行って参りました、Apple User Group Meeting in Osaka(AUGM大阪)。今回はなんといってもFingeristを紹介したかったので、いただいた30分のプレゼンテーションの時間をすべてFingeristに費やそうと決めました。その代わりといってはなんですが、Simplismの方は総合カタログを作りました。iPod用とiPhone用それぞれフルラインナップが掲載されています(近いうちにアップします)。

プレゼンのデザインも1から作り直したので、前日の夜から朝方までかかってしまいましたが、それプラス、今回は喋るだけでなく演奏してFingeristの楽しさを伝えたいという意図でした。

AUGM02.jpg

Play Demoという、いまだやったことがないことに挑戦してみました。これも、当日開始直前まで練習していましたが、それでも全然時間が取れなくて不安いっぱいでしたが、やると決めたからには一生懸命やるだけ。

AUGM05.jpg

今回は、EVENNOの成り立ちストーリーで最初にジンギスカン屋でつぶやいた男、松尾公也氏をスペシャルゲストでお呼びしました。そして、その素晴らしい腕前を披露してもらいました。

AUGM10.jpg

現在、Fingeristを日本一うまく弾く男(プロトタイプを持っているのが松尾氏と私だけだから当然かもしれないですが)として、来場者がiPhoneでこんなにできるんだってこと、必ずしもギターを弾けなくても楽しめるんだってことを十分に伝えてくれたと思います。

AUGM09.jpg

そして、松尾氏の演奏で度肝を抜いた後は、練習してきた課題曲を松尾氏と披露しました。Fingeristは触りとしては本当に受けがよく、面白いと言ってくれる方ばかりですが、実際の所、Fingeristは面白いだけでなくて、演奏として1曲十分に弾くことができて、ギタリストと並んで一緒にバンドのメンバーにもなり得るんだ、ということを見せたかったのです。

というわけで、ブログのエントリーを見てもどんな感じか分からないと思いますので、今回のAUGM大阪はUstreamを使ってライブ中継をしていまして、その録画版が下記に残っていますので、是非とも一度見ていただければと思います。私たちのだけではない中継なので、まずは私たちのを見ていただいて、その後には他のプレゼンも見ていただくと、AUGMの雰囲気も伝わって良いと思います。

AUGM大阪公式Ustream

プレゼン開始:1:18:00あたり
松尾氏登場:1:31:00あたり
ユニット演奏開始:1:40:00あたり

AUGM08.jpg

プレゼン終了後の休憩時間にはたくさんの方々が興味を持ってくれて、楽しそうだった、やってみたいといってくれました。演奏は拙かったのですが、楽しそうだと感じてくれたのなら、プレゼンとしては成功だったな、と思います。

そんなこんなで、自己満足しつつ、楽しさをばらまきつつ、盛況のうちにAUGMを終えました。来場の方々、そしてスタッフの方々、松尾さん、ありがとうございました。本当に楽しかったです。

※写真は @h_inden さん、YUKIさん、藤原さんにご提供いただきました。ありがとうございます!

【CES2010ライブレポート:5】緊急事態とダメガジェット

投稿者: ほっしぃ 日時: 10日(日) 17:53

CES01.jpg

CES02.jpg

CES2010ライブレポートと言いながらもライブではないところは大目に見てもらったとしても、1日中ブースに立っていて、いくつかミーティングは挟んでいるもののその内容を書くわけにはいかないため、3日目はもうネタ切れです(汗)。

そんな中、書くネタを提供してくれたのが会場でのハプニング。なぜだか急に物々しい警備体制が敷かれ、我々のブース周辺は立ち入り禁止になりました。何かなと思ってみていると、おそらく、ブースに立ち寄った人がバッグを忘れたか何かで、見知らぬバッグが落ちているということで騒然としたようです。割と長いこと調べていましたが、特に問題はなかったみたいで通常通りに戻りましたが、時期が時期だけにテロには敏感なようです。

さて、またしてもFingeristの話題ですが、MACお宝鑑定団に動画を公開してもらいました。写真だけで見ていると、面白そうだけどあまり現実味がないと思うのでとても助かりました。

改めてみてみると、楽器アプリをもう少し練習しないといけないな、と思いました。Fingeristを買ったからといって無条件に楽器アプリを弾けるわけではありませんし、私はギターを弾けるのですが、だからといってギターアプリが上手に弾けるかといったらそうではありません。FingeristはiPhoneやiPod touchそのものを操作するよりは弾きやすくなることは請け合いですが、そこからは自分との戦いです。うまい方に弾いていただいて、どこまでできるのかを見てみたいところです。

それと、ガジェット情報サイトとしては超有名でいつも見ているEngadgetに掲載されましたが、「ダメガジェット」と認定されてしまいました(笑)。ニュアンスとしては「クソガジェット」という方が近いかもしれません。実際、お笑い系であることは確かですが、Engadgetなどはそこを楽しんでもらえるんじゃないかと思っていましたし、取材しに来てた人はものすごく喜んで何回も長いビデオを撮影していましたが、最終的にはこんな扱いにされてしまいました。救いは、コメント欄の所で「I WANT ONE」(私は欲しい)というコメントへの投票が1位になっているということでしょうか。Engadgetの見損ないであってくれたら良いですね。

Iwa.jpg

最後は、今夜食べた12オンス(340グラム)のフィレステーキです。暗いところでiPhoneで撮ると、岩みたいに見えますね...。でも、本当はとても美味しかったです。

明日は最終日、最後までがんばって少しでも多くの人に製品を伝えてきたいと思います。

1

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter