Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

Jawboneとの思い出「Vol.6 終わりの終わり」

投稿者: ほっしぃ 日時: 5日(日) 22:32

UP01.jpg

Jawboneの破産のニュースをきっかけに、せっかくだから思い出を語ってみようと思い立って書き始めたものの、それなりにいろいろな出来事があって書いているうちに長くなりました。その間に、ニュースなどでも取り上げていただいて、輸入代理店としての裏話が面白いということでたくさんのアクセスをいただきました。Jawboneとの付き合いの長さから考えると、もっともっとたくさんの思い出があるのですが、それをすべて書き出しても意味がありませんので、今回は最終回として「終わりの終わり」で一区切りとしたいと思います。

続きを読む...

争奪戦の末に手に入れたiPhone Xのファーストインプレッション

投稿者: ほっしぃ 日時: 3日(金) 22:10

iPhoneX01.jpg

激しいiPhone X予約争奪戦の末、11/3に配達予定としての確定予約を手に入れました。当社スタッフは一刻でも早くということでApple Storeに出かけたのですが、私は自宅で配達を待ってその後にいろいろとザイオンで仕事があったので、その時にちょこちょこと触ろうと思っていました。レビューを誰よりも早く書かなければいけないということもありませんので、Appleの10年記念モデルとして、これからの10年を担う最初のモデルとしてのiPhone Xを見てみたいというつもりでした。

しかし、スタッフがどんどんと手に入れていく中、私のiPhone Xは一向に配達されません。ウェブで配達状況を見る限り、近くの大きなセンターには来ているものの、配達中になっていません。11時を過ぎても配達中にステータスが変わらないので、焦って運送会社に電話すると「特に午前中配達という指定にはなっていないので...」と後回しになるような回答だったので、「できる限り早く配達して欲しい」ということでお願いしました。それでも、さすがに11時に配達に出ていなければすぐに配達されることもないだろうと、宅配ボックスに配達されると通知されるシステムになっているので、会社から徒歩10分以内という立地を活かして、いったんザイオンに移動してしまいました。

と、そのすぐ後に宅配ボックスに配達したという通知が...。ちょっと待てば直接受け取れたようでした。

さて、それはそれとしてiPhone Xを手に入れました。最近はNuAns NEO [Reloaded]をメインにしてしまったものの、iPhoneを約10年ほど使い続けたところでiPhone Xの進化についてファーストインプレッションを書いてみます。といっても、レビューというほどではなくそう感じた、くらいの話です。

続きを読む...

常に新しい発見を探して、引き出しに詰め込むために

投稿者: ほっしぃ 日時: 28日(土) 23:15

CMF01.jpg

まったくの素人ながら、さまざまな方のサポートをいただき、いろいろなもの作りをしてきました。アイディアはまったくのゼロから生まれるわけではなく、毎日の生活から見たもの、聞いたこと、触ったもの、感じたこと、などが自分の中で消化され、どこかの引き出しに一度入り、それがなにかの拍子で出てくることが多くあります。自宅から会社、客先を行き来するだけでは、その引き出しは空っぽになってしまうことになってしまうかもしれません。その意味で、常に新しい発見を探して、引き出しに何かを入れておきたいと思い、さまざまな展示会などにできる限り参加するようにしています。

CMF TOKYO 2017 - SENSE / 2017 Oct. 26,27,28

本日、CMF Tokyo 2017というイベントに参加してきました。CMFとは「CMFとは、Color(色)、Material(素材)、Finish(仕上げ)の頭文字で、様々な製品の"表面材"を構成する3つの要素です。優れたCMFデザインは、私たちに直感的に「いいな」と思わせる、まさに私たちの心を動かすデザインといえます。」ということで、まさにもの作りに必要な要素です。

CMF02.jpg

場所は青山の渋い建物で開催されていて、幕張メッセや東京ビッグサイトなどのような巨大な展示会場で行なわれるようなイベントではありませんが、いろいろな会社が自慢の技術を持ち寄って展示をしています。

続きを読む...

送料はお客様が決めた結果

投稿者: ほっしぃ 日時: 26日(木) 22:40

ZOZOTOWN01.jpg

以前に「送料はお客様が決める」という記事でファッション系通販の大手「ZOZOTOWN」の面白い試みについて書きました。私が直接的に指示はしていませんが、マーケティング担当が当社のオンラインストアもしっかりと表記を変えてくれました(送料当社負担)。

その後、ZOZOTOWNから「「送料自由」の利用状況を公開 平均送料は96円、送料0円が設定された注文の割合は43% - 株式会社スタートトゥデイ」という発表がありました。詳細はリンク先を見ていただくのが良いかと思いますが、サマリーとしてはページタイトルにあるように、送料として支払われた平均は96円、送料0円と設定した人の割合が43%ということでした。みなさんは、この結果についてどうお感じになられたでしょうか。

私は基本的に服などはオンラインストアで購入しません。それはサイズ感だったりとか、肌触りだったりとかそういう部分で気に入ったものを買いたいと思っているからです。一部例外としては好きなブランドであるKATHARINE HAMNETTなどで、買ってみたら気に入ったので色違いも欲しい、というときなどはオンラインで買うこともありますが、それは前述のような情報がすでにあるからです。という話をすると必ず、気に入らなかったら返品すればいいという風に言われます。しかし、モノを作って売っている身としては、そういう買い方はしたくないのです。

ところで、もしも私がこのZOZOTOWNで何かを購入して、送料を自分で設定するとしたらどうするかを妄想として考えてみました。

続きを読む...

禁煙事情から見る、中国の推進力

投稿者: ほっしぃ 日時: 25日(水) 22:20

China04.jpg

中国では一昔前は、一昔前の日本のように喫煙天国でした。公共の場所だろうとレストランであろうと、どこであろうとタバコはどこでも吸っている人がいて、歩きタバコなどは普通だしポイ捨てもよく見かけました。初めて会う人は挨拶代わりにタバコを一本勧めてくるというのもよくあることでした。私自身は喫煙をしないので、正直少し苦々しく思っていたところがありましたし、この状況は過去の日本と同じだなと感じていました。

ただ、ここ最近は中国政府の規制により、公共の場における喫煙が禁止され、色々な場所で禁煙の看板を見かけるようになってきました。そういう施策を始めたということは聞いていましたが、最近は罰則も付いてきたようで、一気に広まってきました。

China01.jpg

続きを読む...

投票率を上げるために何ができるか

投稿者: ほっしぃ 日時: 22日(日) 23:00

Election01.jpg

※特に写真に意味はありません。内容そのものに合いそうな写真がなかったので、カメラロールからお気に入りの写真を抜き出しただけです。

本日、衆議院議員選挙と最高裁判所裁判官国民審査が行なわれました。みなさんは行かれましたでしょうか。あいにくの雨だったという事もあり投票率はあまり伸びず、ここ最近最低は上回るものの、投票率は相変わらず低い状態が続いているようです。私自身も近くの投票所に行きましたが、寒かったし雨だったのもあって、ほんの少し「億劫」だという気持ちは否めませんでした。

その解消方法として、オンラインでの投票ができたら良いんじゃないかということが言われますが、これはなかなかハードルが高いといえます。

続きを読む...

何が仕事をするのか。

投稿者: ほっしぃ 日時: 19日(木) 23:45

Image01.jpg

※特に写真に意味はありません。内容そのものに合いそうな写真がなかったので、カメラロールからお気に入りの写真を抜き出しただけです。

昨日、「ビジネスとはサッカーのようなもの」という記事を書きました。そこでは、トリニティというひとつのチームの中で、それぞれにポジションがあり、そこにミッションがあり、それを全うすることでゲームに勝つことができるので、特定のポジションだけが活躍するわけではないという趣旨の内容を書きました。

今日はそれに加えて、もうひとつ聞かれることが多かったり、伝えておきたいことを書きたいと思います。

続きを読む...

ビジネスとはサッカーのようなもの

投稿者: ほっしぃ 日時: 18日(水) 23:16

2017.jpg

最近、いろいろな職種での面接をすることが多く、そこから学ぶことも多くあります。面接とは、私たちが候補者を選考して、選択していくためのものでもありますが、逆に候補者の方も当社だけに応募している人は別として、複数社受けている場合には会社を選択する場でもあります。人生の中で最低限約8時間ほどは仕事に時間を費やすことになりますので、24時間のうちの1/3の割合になります。そうすると、その時間をどのように過ごせるのか、がとても重要になります。お互いに、やりたいこととやって欲しいことがマッチするのかということを見極めなければいけません。私はなるべく多くの時間を割こうと思って、よっぽど前半にすれ違いが無い限りは1時間半ほどは話すようにしています。その中で、できる限り多くのことを引き出して相手のことを知ろうと思いますし、逆にこちらのこともしっかりと話していきたいと思っています。

今日は、その面接の中で出てきた話題について。

続きを読む...

Jawboneとの思い出「Vol.5 終わりの始まり」

投稿者: ほっしぃ 日時: 17日(火) 23:47

JawboneUP01.jpg

まず、このVol.5を始める前にしっかりとお伝えしたいことがあります。

この一連の記事を書いたことで、当社にJawboneについての何かをご期待いただいてご連絡いただく方がいらっしゃるようです。しかしながら、これから書くように当社理由ではないところですでに3年前以上に代理店業務を終了、移管しておりますので、現時点において当社にできる事はありません。大変申し訳ありませんが、購入された販売店、もしくはサポートまでご連絡いただくより他ありません。ご理解をよろしくお願いいたします。

さて、Jawbone UPの登場によって、Jawboneを取り巻く環境は大きく変わりました。それまでのハンズフリーヘッドセット、ワイヤレススピーカーもそれなりに知名度が上がる素晴らしい製品でしたが、Jawbone UPはそれらとは桁違いに売れましたし、有名になりました。本社の方では、莫大な資金を投入してハードウェアやソフトウェア、ビッグデータを使った大きなビジネスを拡げていきました。私が出会った頃には50名程度だった従業員も200人を超えるようになって、大きな大きな投資も受けるようになって会社の体制が変わっていきました。

JawboneUP03.jpg

続きを読む...

通勤地獄から抜け出すには。

投稿者: ほっしぃ 日時: 15日(日) 23:11

Tokyo01.jpg

日本人が「通勤地獄」から抜け出せない、歴史的な背景 (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

この記事を読んだ時、私は12年以上前を思い出しました。まだ会社員だった頃、1時間半以上かけて通勤していた時のことです。行きに1時間半ということは当然帰りにも1時間半なので、合計で3時間です。貧乏人にもお金持ちにも、老若男女あまねくすべての人が等しく持っているのが1日24時間という時間です。その中の、3時間といえば1/8日ということになりますから、言い換えるならば人生の1/8は通勤に費やしていたということになります。

12年前。私は計画的に起業したわけではなく、ある意味成り行きで起業したところがあり、人数も少なく事務所を借りる費用を浮かすためにと自宅兼オフィスから始めましたので、その時に通勤時間ゼロとなりました。ドアを開けたらオフィス、ドアの向こうは寝室という位の感じだったので、これは普通の人にはなかなか体験できないことだと思います。最近はフリーランスやSOHO(もう古い言い方かもしれません)などの働き方が増えてきたので、体験したことがある人もいるでしょう。そして、その後も小さなオフィスを構えた時にも自宅から徒歩5分、今のザイオンに移動してきた時にも自宅はバスで10分くらいのところで、今では徒歩10分圏内に引っ越してきています。

ザイオン移転 | トリニティ株式会社

よく、オフィスが埼玉にあるのが不思議に思う方がいるようで、なんで埼玉なんですかと聞かれます。私の育った地元であるということは、大きな理由のひとつではあります。しかし、実際には東京にオフィスを構えるメリットがほとんど感じられないからです。

続きを読む...

1

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter