Sanctuary4

キーワード検索
  • BUY / 購入する
  • 製品情報
  • ギャラリー
  • メディア情報

ロゴ

「聖域」であらゆるガジェットを充電

  • デバイスの休息、充電ポイント
  • 複数のデバイスを同時に急速充電可能(4000mA出力)
  • 4つのUSBポート搭載
  • 角度調節可能なタブレットスタンド付き
  • 底部に2本の滑り止め付き
  • トレイ側面は、高級感のある鏡面仕上げ
  • 埃が拭き取りやすく、デバイスに傷を付けないラバー仕上げのインナートレイ
  • 選べるカラーバリエーション(ホワイト、ブラック)

4つのUSBポート搭載、最大出力4000mA、4種類のデバイスを一気に充電可

スマートフォンやタブレットなどのデバイスが増えるたび、充電にあちこちのコンセントを使ってケーブルがぐちゃぐちゃ、なんてことがありませんか?

Bluelounge(ブルーラウンジ)のSanctuary4(サンクチュアリ4)は、4つのデバイスをコンパクトに収納、配置、一気に充電をすることができる便利なデジタルトレイです。

USBポート搭載により、どんなデバイスでもケーブルを変えるだけで充電が可能。また、最大4000mA出力により、複数のデバイスを同時に急速充電します。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。
Adobe Flash Player を取得


Sanctuary4にすべてをまかせる

家に帰ってきたらポケットの小物はすべてSanctuary4に預けてください。次に出かけるときにはデバイス類は充電が完了し、カギやサイフなどの小物は忘れずに持ち出すことができます。

Sanctuary4の設置はいたって簡単。インナートレイを載せれば内側の配線もまったく見えなくなります。

Sanctuary4のデザイン

表向きは極限までシンプルなデザイン。白鳥の水掻きのように、インナートレイの下、見えないところに複雑な機能を詰め込んでいます。

高級感を高めるため、台座側面には鏡面仕様を施し、底部には2本の大きな滑り止めを付け、デバイスの取り付け/取り外し時に、本体がしっかりと固定できるようになっています。

インナートレイ表面はラバー仕上げとなっており、デバイスを置くときに傷を付けることはありません。また、埃が付いた際も拭き取りやすくなっています。

角度調節可能なタブレットスタンド

スタンドはネジ止めにより、好みの角度に細かく調節できるため、お手持ちのデバイスに合わせた最適な角度を選択ください。

Sanctuary4の使い方

Sanctuary4の設置はいたってシンプル。インナートレイを載せれば内側の配線もまったく見えなくなります。

1. ACアダプターのプラグを挿し込んでください。そして、USBコネクターをポートに挿し込みます。

※本体USBポートにタブレットとスマートフォンのイラストがありますが、どのポートでもすべてのUSB充電機器を接続、充電が可能です。

2.ノブを回してタブレットスタンドの角度を調節してください。

3.インナートレイを図のようにはめ込んでください。

4.インナートレイがしっかりと収まっているか確認してください。

5.デバイスを接続し、充電を開始してください。

Blueloungeのこだわり

「Everything should be made as simple as possible, but not simpler.」Albert Einstein

デザイナーであるドミニク・サイモンズとメリッサ・サンジャヤは総合的なデザインスタジオとしてBlueloungeを設立しました。このパートナーシップにより、デスクトップ周りの悩みを解決したり、今までにはなかったけれど1度使うと手放せない便利なアイテムを次々と生み出しています。

製品は細部にわたって細やかな配慮がされつつも主張しすぎない、まさに削れる部分は削るといったシンプルなもので、既存の空間に溶け込みやすいデザインを一貫しています。

DOMINIC SYMONS(ドミニク・サイモンズ):
日常的な事柄でさえも欲求の対象へ変えようとする思いが、スイス/イギリス出身の製品デザイナー、ドミニク・サイモンズの動的な作品への創作意欲をかき立てている。

FAQ

  • USBポート上部のイラスト通りに充電デバイスのケーブルを挿し込む必要がありますか。いいえ。イラストが書いてあるため混乱しやすいと思いますが、どの挿し込み口にどのデバイスのUSBを挿しても問題ありません。

この製品について問い合わせる

  • BUY / 購入する
  • 製品情報
  • ギャラリー

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter