Props

キーワード検索
  • BUY / 購入する
  • 製品情報
  • ギャラリー
  • メディア情報

ロゴ

会話が終わったらすぐに音楽に戻れる
イヤフォンホルダー

  • イヤフォンを首元でつなぎ留める
  • 長さ調整のスライダー付き
  • 柔らかなシリコン素材でイヤフォンケーブルを傷つけない

大事なイヤフォンをいつも手元に

Quirky(クァーキー)のProps(プロップス)は、使用中のイヤフォンの落下を防ぐホルダーです。

ストラップ式ホルダーを首にかけ、シリコン製の先端部分の切り込みにケーブルを差し込んで使います。

音楽を楽しんでいるときに、急に話しかけられたりしても耳からイヤフォンを外すだけ。その間、Propsがしっかりとイヤフォンを手の届く範囲にキープしてくれます。

また、ケーブルが絡まったりすることや紛失を防ぎ、再度使用するにはイヤフォンを耳に戻す動作のみと簡単です。Propsにはスライド式のアジャスターが付属しており、お好みの長さでお使いいただけます。

Quirkyのモノ作り

アイディアをカタチにする橋渡しをするのがQuirky(クァーキー)の使命です。これまでは、才能ある人々が素晴らしいアイディアを閃きそれを実現しようとしても、コストや技術面、また流通方法など複雑なルールに縛られるため、実現するのは非常に難しいことでした。

そんな世界中で悩んでいる製品作りの方法を早急に変えていこうと、Quirkyは2009年に設立されました。

彼らは集まったアイディアの中から毎週2つのプロダクトを選び出し、Webサイトのフォーラム上で、一般の人によるグローバルなコミュニティとQuirkyのデザイナースタッフとの間で活発な議論を繰り返し、製品作りを進めます。

今までにない公平でユニークな利益分配システムによって、ダイヤの原石のようなアイディアが世界中から彼らの元に次々と寄せられ、デジタル雑貨からキッチンウェア、生活用品と、カテゴリーに囚われることなくユニークな製品を生み出し続けています。

発案者:Kim Rumberger

1. あなたについて少し教えてください。
私は最初のキャリアと異なる教育分野でユニークな仕事をしているワーキングマザーです。ケープコッドに引っ越して来る以前は長年銀行でマーケティングティレクターを勤めていました。

ケープコッドに住んでいますが個人的にはアメリカ国内で最もクールな場所のひとつだと思います。初来者が上陸し、大西洋に囲まれ、季節の移り変わりがある場所です。

私は面白い男性と結婚しています。彼は教育者であり、ライターであり、言語学者です。私たちは、それぞれにユニークで愉快な3人の息子たちがいます。

私たちは(常にリワークが必要な状況ですが)リフォームした古い一軒家に住んでいて(常にリワークが必要な状況ですが)、一匹の野良猫と2匹のレスキュー犬と暮らしています。ケネディコンパウンドのあるハイアニス港は徒歩圏ですし、ビーチにも行くことができます。

私はさまざまなボランティア活動をしていることが多いです。長年、ラクロスのシーズンは息子たちの試合で、私たちは多忙を極めるので連絡がつかなくなることも多いです。この状況は1番下の息子が高校を卒業したら多少変わるかもしれませんが、彼が大学に進学したら、また彼を追いかけてあちこち出かけることでしょう。
2. いつからQuirkyに参加していますか、またどのようにQuirkyを見つけましたか?
PCでQuirkyのTV番組のサンダンスチャンネルマラソンを見たときです。実際アカウントを作ったのは後にアイディアの提出をするときだったと思いますが。
3. Quirkyを知ったきっかけは?
日曜の午後のサンダンスのチャンネルで良い映画を探していたときでした。
4. この製品のアイディアを思いついたきっかけは?
イヤフォンの不便さにほとほと愛想をつかしていたのです。個人的にはあれほど面倒なものでなければ、もっと頻繁にイヤフォンを使用するでしょう。

簡単に落下してしまうし、使うこと自体窮屈に感じていました。考えてみると、イヤフォンを使用するのはエクササイズ中や、ウォーキング、公共交通機関に乗っているときなど動く場面でのことがほとんどでした。

自分たちの歩く地面に落ちた物を拾い上げて耳に入れることほど、いやなことはないと思います! だからもしあなたがイヤフォンを落としたら何が付いてくるやら分かりません...なのにそれを耳に入れるつもりですか? できることなら避けたいですね。

そこで、この秋のある週末、誰も家にいないときにQuirkyのウェブサイトを訪れることに決め、アイディアを提出することはどういったことなのか見てみることにしました。
5. この製品を自作してみたことはありますか?
いいえ、アイディアを提出するまでは。それから息子のカイルのクロッキーズというメガネホルダーを借り、ハイアニスのメインストリートにあるビーズエンポリウムというビーズ専門店に行き、メガネホルダーのアタッチメントのパーツをいくつか購入してきました。そして、クロッキーズを調整しました。
6. 完成品を見ていかがですか?
現時点では写真で見ただけですが、良さそうですね。機能的です。後でこの製品で他にどんなことができるか、試したいと思います。

もし何か印刷されていたり、企業やチームの後援があればより売りやすくなるかもしれません。展示会や公的なイベントなどで配布するアイテムとしてもぴったりです。

非常に安価でみんな欲しがると思います。ロゴ入れなどもすべきでしょうね。デコってみたり、色々な色で作ってみたり。可能性は無限です!
7. これまでで一番革新的な発明品は何だと思いますか?
パソコンだと思います。人類に世界を開いたと思います。そして室内水道設備。私の父は配管工でした。これを言わなければ彼は私を撃つでしょう。でも、彼の言い分は正しいと思います。上下水道は世界を変えましたから。
8. あなたのインスピレーションは何ですか?
クリエイティブな物であればなんでも。他の人の作品を見るのを楽しみます。芸術品、発明品、写真、レシピなどなんでも。そして、楽しんでいる内に、わたしも思いつくのです。

私はもともと、大学でファインアートを学んでいました。その頃の自分がまだ残っているのです。あとそう、わたしはとてもよい料理人でもあります。
9. あなたの風変わりなところと言えば?
インドア派で飼い犬のテリアが大好きです。海でのカヤックを楽しみますし、長年ビールを自家醸造している家庭に育ちましたが、飲みません。家族は私をワイン好きと称しています。

さまざまなクリエイティブなことが好きです。料理、絵を描くこと、ビーズ細工、子供たちと工作することなどです。オフィスで働くより、家で働きたいと思います。その方が生産性が高いと思いますし、仕事中に周りで人々が小声で話すのが失礼だと思いますし、好きではありません。

私のデスクには多すぎるほどの子供たちの写真が飾ってあり、バーンスタブル高校の中でとてもクールな場所となっています。大量の写真は私のコンピュータにも、iPhoneにも入っています。私はテクノロジーを楽しんでいますが、もっと詳しかったら、とも思います。いろいろ試してみるときりがありませんからね。
10. 最後に一言どうぞ。
Quirkyは本当にコラボレートするのにクールな方法だと思います。私の勤務先の学校ではテクノロジー分野とたくさんのコラボレーションをします。

最終的な製品はオリジナルのアイディアとは若干異なるかもしれませんが、多くの人々が専門的に貢献してくれ、その結果ほとんどの部分でよりよくなっていると思います。ですので、Quirkyを見つけることができて嬉しく思いました。

最後に、この製品に関わったすべての方々に感謝します。そして、高校生たちがこのPropsを着けているのを見ることができたら最高でしょう。彼らは校内でモバイルデバイスの使用を禁じられていますが、私は無視することにしましょう。なんて反抗的なの!

この製品について問い合わせる

  • BUY / 購入する
  • 製品情報
  • ギャラリー
  • メディア情報

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter