「GRAMAS」TWOTONE Cover & FLIP Case

キーワード検索
  • BUY / 購入する
  • 製品情報
  • メディア情報

ロゴ

「GRAMAS」が手がける
NEOのカバー&ケース

  • GRAMASとNuAnsのコラボレーション
  • 熟練の職人によりひとつひとつ丁寧に作成
  • 希少性の高い贅沢な革を使用
  • TWOTONEはリザード、オーストリッチ、クロコダイルのバリエーション
  • T・MBHが誇るマットリザードを採用したFLIPケース
    ※T・MBHは岡本拓也氏のブランドです

洗練された、美しいカバーとケース

「GRAMAS」が手がけるNuAns NEOのTWOTONEカバーとFLIPケースです。GRAMASのエキゾチックレザーケースを作成するT・MBHの本磨きによる完全手作業で制作しています。

希少性の高い革を贅沢に使用した、使い込むほどに艶の出る美しい仕上がりとなっています。同じ革を使用していてもひとつひとつ表情が異なりますので、それぞれが持つ個性をお楽しみいただけます。

TWOTONEタイプ

樹脂を手磨きにより荒らし、接着力を増してから革を手作業にて張り込んでいます。革は岡本 拓也氏がすべてカットすることで、革の方向を正しくみせ、美しさを最大限に引き出すよう重視しています。

クロコダイル:最高峰のポロサスクロコのみを使用。コバは完全手作業による本磨きの後ふのりで磨き、熱で溶かした蝋をコバに溶かし込んでは手磨きするという工程を繰り返します。

リザード:立体的な革であるため、平面に接着する際にしわが出ないように細心の注意を払っています。

オーストリッチ:裏面の起毛部分をすべて手作業でつまんで取り除く。これは、一番の特徴であるクイールマーク(毛穴)の立体感を活かすためです。

通常のTWOTONEカバー(テナージュ®、クラリーノ®、ウルトラスエード®)との組み合わせも可能で、異素材の組み合わせが革の良さを引き立ててくれます。

※本革を樹脂に貼り付ける関係上、GRAMASのカバーは他の素材より厚みがあります。
そのため、組み合わせるとこのような段差が発生しますので、ご了承ください。

FLIPタイプ

希少性の高い贅沢な革を熟練の職人によりひとつひとつ丁寧に作成します。コバ仕上げは何度も何度も重ねては磨きを繰り返す「塗り」により耐久性を重視し、革はリングマークトカゲをマットに仕上げたT・MBHが誇るマットリザードを採用しました。特筆すべきは、その耐久性で、薄くて強いFLIPカバー向けとして理想的な革です。

使い始めはマットな仕上げですが、使い込むとどんどん美しい艶が出てくるのが特徴。お手入れも不要で、乾いた布で磨くことで艶が増していきます。1頭から1つだけしか作らない、「1頭取り」で作った贅沢な手帳型ケースです。

T・MBHについて

T・MBHは葉合せ、後研磨法など独自の技法を編み出した革職人である、岡本 拓也氏のブランドです。最高級の技術と共に最高級の品質を持つ革製品を生み出しています。

下請けとしての物作りは行なわないというポリシーの元、多くのGRAMAS製品をコラボレーションという形で手がけています。今回は「NuAns × GRAMAS」としてTWOTONEカバー、FLIPケースに華を添えます。

FAQ

  • 本革ですか。 はい。職人がひとつひとつ、ていねいに制作しています。
  • TWOTONEは上下別のカバーと組み合わせできますか? はい。全部で36通りの中からお好きな組み合わせでお使いいただけます。通常のTWOTONEカバー(テナージュ®、クラリーノ®、ウルトラスエード®)との組み合わせも可能ですが、GRAMASのカバーは本革を樹脂に貼り付ける関係上、他の素材より厚みがあります。そのため、組み合わせると多少の段差が発生しますので、ご了承ください。

この製品について問い合わせる

  • BUY / 購入する
  • 製品情報
  • メディア情報

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter