TRILOGトリログ

怒濤の中国

2009.02.22

投稿者 : ほっしぃ

China01.jpg

AUGM大分を終え帰宅したのが日曜日の夕方過ぎ。そして、休むヒマもなく月曜日から中国出張に突入しました。今回の目的は、開発中の新製品の仕上げ、パートナーの工場の視察、定期的なクォリティコントロール、新規プロジェクトの立ち上げなどです。

今回はいつもと違って、当社スタッフおよびSimplismブランドデザイナーのKennyKen氏と3人の旅です。これまではずっと1人で中国を訪れていたので、ちょっと心強くもあり、スケジュールが割とタイトだったので大丈夫かも心配でした。2人とも初の中国訪問ということもあって若干緊張気味ではありましたが、徐々に慣れてきて毎日毎日ハードなスケジュールを一緒にこなしてくれました。

実際、到着が夜中なのですが、そこからミーティングをするといういつものワザにでて、さらに翌日も朝から工場訪問など、朝から晩まで(晩といっても日付を越えます)ずっと何かしらやることが詰まっているという状態で、現在ようやく香港の空港に到着して一息ついたところです。そんなこんなで、1週間は怒濤のように過ぎたので、エントリーもまったく書くことができませんでした。

China02.jpg

私自身はあまり日本で中華料理を食べないのですが、日本で食べたことのあるような中華料理はあまりなく、だいたい初めての味を体験することになるのですが、ちょっと今回は王道の場所に行ったということもあって、2人ともそれほど「やられる」こともなく、美味しい食事を堪能していたようです。まぁ、最初からあまりハードなものにいってしまうと、二度と来たくなくなってしまうことも考えられるので、今回は怪しいモノはほとんど食べませんでした。

China03.jpg

そして、前回もう二度とこの路線は乗らないでおこうと思ったハズの「真夜中2時の出発便」にまたまた乗る羽目になってしまいました。通常使っている便がもう満席だったことと、Ken氏のスケジュールの関係でどうしても乗らざるを得なかったのです。前回と違うところは帰国が日曜日の朝だということで、そのまま仕事に突入することはかろうじて避けられたものの、朝9時過ぎに帰宅するためそのまま寝てしまって一日を無駄に過ごしてしまうという悪夢が現実のものとなりそうです。なんにも悪いことをしていないのに、なんか後味が悪くなってしまうのはなぜなのでしょうか。

そんなこんなで、メールも未読が300通を越えるなどワクワクな状況ではありますが、もうそろそろ搭乗です。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す