TRILOGトリログ

iLounge製品レビュー(Simplism Emergency Battery, Dual USB Charger Slide + Dual USB Charger Air)

2010.03.16

投稿者 : ほっしぃ

iLounge01.jpg

Simplism Emergency Battery, Dual USB Charger Slide + Dual USB Charger Air
※オリジナル記事へのリンク(英語)
iLounge編集長
Jeremy Horwitz
2010年2月18日

日本を最近訪問した際、明らかなことが一つあった。SimplismがiPodとiPhoneアクセサリー業界の主要ブランドになっていたということだ。日本でデザイン、製造し、高品質で比較的価格設定が高めの製品を扱うPower Supportとは違い、Simplismはみごとなマーケティングと安価な中国での製造で低価格に押さえている。私たちが見たSimplismのほとんどのアクセサリーはケースだったが、中には3つの充電器もあった。

Emergency Battery for iPod/iPhone(エマージェンシーバッテリー)
Dual USB Charger Slide Style (2ポートUSB充電器スライドスタイル)
Dual USB Charger Air Style (2ポートUSB充電器エアスタイル)

これらはそれぞれ個別に販売されそれぞれ黒と白がある。これまでに見たことのないひとひねり加えられたアクセサリーを販売している。

これらの3つのアイテムについて一つだけ言っておきたい。期待通りに動き、見た目も良いが、全て安っぽい感じがある。安っぽいと言ってももともと考られてのことだろうから、きっと「この価格でどんなものを想像するのか?」と聞かれてしまいそうである。多くのiPodやiPhoneのアクセサリーはAppleのデザインを例にプラスチックからシームをなくしたり、適度な重さを加えたり、動かした際の安心感のあるカチッとしたり滑らかな感覚を売りにしている。この3つのアクセサリーはこの原理を捨てたようだ。そこが低価格の秘訣と言えよう。

Emergency Battery for iPod/iPhoneを見てみよう、バッテリーというよりはぴかぴかのプラスチックで単4形乾電池3本を入れると電池がなくなりかけのiPodやiPhoneのための緊急の充電器になる。ドックコネクターがあり、裏側には電池スペース(電池は付属外)また、使用していない時にドックコネクターを保護するキャップが付属されている。黒のiPhone 3GSのような外観で、プラスチックメッキの淵でiPhoneのような形状しており表面の文字はシルバーのMyriad Proのフォントを使っている。そして、小さな黄色のライトは充電中であることを表示する。

アメリカでは単4形乾電池3本が一番手軽な電源ではないが(単4形乾電池は一般的に3本セットでは売られていないため)電池をセットした状態でもiPhoneやiPod classicと同様の薄さを保ち、完全に電池がなくなった状態からでも使用可能で、ある程度まで電力を回復させることができる。試したところ新品の電池3本で、完全に電池のない120GBのiPod classicが約70%まで回復した。(よって、発電電力はおおよそ400mAhだと推測)ということはiPhoneであれば1/3くらいの充電は十分にできるだろう。これは緊急時用なので、これで十分動く。

Dual USB Charger AirもAppleのデザインに倣っている。Airの名前は、壁取り付け型で2つのUSBポートがMacBook Airのようにポンと開くところから来ている。差込部分の先端が少し細くなっており、実際の奥行63mm x 幅50cm x 高さ26cmのサイズより小さく感じられる。シームが側面にあり、開閉の動きは満足できるものとはいえないがカチッと動き、USBポートも期待通りの働きをする。AppleのUSBケーブルが問題なく2つ収まる。アメリカと日本の電源プラグに使用可能。Charger Airはプラグの差し込み角度を変えることができる。

USB Charger Slideは移動する時のためにふたがスライドして2つのポートを保護する構造だ。SlideはAirより若干小さく、こちらもプラグの差し込む角度を変えることができる。2つとも価格が同じで機能も一緒なので自分の好きな方を選べば良い。どちらもUSBケーブルに接続するiPodやiPhoneのドックコネクターは付属されていないためかGriffinなどより価格設定が低い。

まとめると、これらの3つの充電アクセサリーはそれなりに良いが最高ではない。もし、バッテリーやケーブルを自身で用意するのであれば、これらは便利で価格に見合うデザインだ。3つとも’通常レベル’のお薦めである。1000円〜1500円以上のアクセサリーはデザインと機能が付いてくる。Simplismは明らかにそれを理解した上で商品開発をし価格設定している。

Simplism Emergency Battery
Simplism Dual USB Charger Slide
Simplism Dual USB Charger Air
※当社製品ページへのリンク(日本語)
前回のレビューとは時系列的に逆になってしまいましたが、3種類の製品を一気にレビューした記事の抄訳を掲載します。このiLoungeの方々はたびたび日本にも来ているようで、その際に市場もチェックしているようです。

当社のSimplismブランドとしての価格設定は、価格の割にクォリティが高いということで、製品を見た後に価格を聞くと「思ったよりも安い」と感じてもらえるようにしています。それは製品だけでなく、パッケージのイメージも含めて、ということです。

このレビューでは価格が安い分安っぽく見えるということを書いていますが、特にプラスチック成形の場合には価格は如実に仕上がりに表われることから、そう感じたのかもしれません。ただ、たとえば2ポートのUSBチャージャーがアメリカで25ドルなどで売られていることから、価格帯としてはまったく別の層をターゲットとしていて、価格の割には凝ったデザインをしていると自負しています。少しだけ、違う方向からの見方、というわけです。

レビュー全体に関しては、まさに書いている通りで正確な記事だと思います。前回同様「通常レベル」のBとなってしまいましたが、今後ここでAを取れるように製品を作っていきたいと思います。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す