朝、並びに行かない新製品発表

2010.09.02

Event01.jpg

朝方になってきたので、手短かに。

今回の大きな目玉は製品だけではなく、ライブストリーミング放送がものすごく綺麗で、これからはこのようにほぼストレス無く高画質でイベントを見ることができることでしょう。

さて、今回はある程度予想された発表の範囲内ではありましたが、iOSのアップデート、iPodファミリーの刷新、Apple TVあたりが大きなトピックでした。

個人的にはiPod shuffle(4th)に対してはまったくノーマークだったので、今から焦ってるところです。デザイン的には第2世代のiPod shuffleに回帰した形で、クリックボタンが復活していますので、暗に第3世代のデザイン失敗を認めて修正をしたということなのでしょう。ヘッドフォンのボタンで起動できるのにVoiceOverボタンが本体にあるのは少し謎です。

iPod nanoはこちらもオーディオプレーヤーへの回帰とも言えるモデルチェンジで、ビデオ撮影も再生もできなくなった代わりに、iPod shuffleレベルのサイズまで小さくして、なおかつタッチスクリーンを投入してきました。マルチメディアプレーヤーはiPod touchにすべて担ってもらうということなのでしょうね。価格が9,800円を実現できていたら大ヒット間違いなしだったでしょう。

iPod touchは順当なアップデートで、こちらもひとつだけ残念なのは19,800円(税込)になればかなり売上げが変わったと思います(実際は20,900円)。

iPod classicはSteve Jobs氏にまったく触れてもらえなかったのですが、iPod touchが128GBを実現しなかったので継続販売されるようです。そろそろ消えゆく運命かと思っていたので、こちらも小さなサプライズでした。

最後に、今回のイベントを通してみていた印象としては、正直、準備不足感が否めませんでした。Steve Jobs氏は何回も言葉に詰まったり、言い間違えたり、次のデモに迷ったりしていました。また、それほど大きなインプレッションを受けないデモがいくつかありました。これがほんの少し残念でした。

とはいえ、すべての製品のデザインは秀逸で、どれも欲しくなるモノですね。日本においてはSonyも巻き返してきていますから、これからどうなっていくのか楽しみです。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す