2011年を振り返って

2011.12.31

Xmas.jpg

2011年を振り返ってみると、どうしても東日本大震災がまず最初に頭に思い浮かんでしまいます。その少し前から私たちはiPad 2発売に向けて準備をしており、私はiPad 2がアメリカで先行発売されるということでニューヨークに飛んでいたときに、大震災が起こりました。その意味では、私自身はあの震災をこの身では体験していません。

現地で寒い中並んでiPad 2を手に入れても、なかなか喜びを表に出しづらかったという記憶があります。現地ではまだあまり実感が湧かなかったのですが、あの未曾有の大震災はこれが始まりでした。そして、まだ終わっていません。

Fukushima.jpg

これからまだまだ続く復興への道、私たちにできることは何なのか、震災直後には義援金メーカーと協力しての支援キャンペーンを行ないましたが、その後に継続的に支援をできていないことが心残りでした。

Kesennuma01.jpg

先日、気仙沼には行くことができ、復興の息吹が感じられつつも、まだ道半ばだということを再認識しました。毎日の仕事に追われながらも、忘れないようにすることが大事ですし、なにができるかを常に考えていきたいと思っています。

そして、もうひとつ。今年はスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった年でもあります。

Steve.jpg

私が音楽を作るきっかけとして触れたMacから始まり、音楽を聞くスタイルを変えてくれたiPod、ライフスタイルすら変えてくれたiPhone、そして今ここで働いていることも、多くの仲間たちと知り合えたことも、すべてスティーブ・ジョブズがいなかったら実現しなかったということは、紛れもない事実です。

まだまだこれから新しい世界を見せて欲しかったのに、本当に残念ですが、自分たちでもライフスタイルを変えていけるような「なにか」を作れるように頑張っていきたいと思います。

2011年、大切なものをいくつか失いましたが、それでも一生懸命頑張って走ってきたつもりです。みなさまの多大なるご支援のもと、なんとか笑顔で年を越すことができそうです。

当社取り扱い製品をご愛顧いただいたみなさま、販売してくれたお店の方々、流通していただいたみなさま、中国で一生懸命生産してくれた工場、それを管理してくれた当社中国スタッフ、そして当社スタッフの頑張りがなければ、ここまでやってこられませんでした。すべての関係者の方々に感謝を込めて。

2011年、ありがとうございました。良いお年をお迎えください。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「Simplism」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す