TRILOGトリログ

あらためてiPod touch 16GBについて

2013.09.02

iPodtouch01.jpg

前回に引き続き季節外れの話題で申し訳ないのですが、本日ふとしたことからiPod touch 16GB(カメラ無しモデル)の話題が出たので、そのことについて思っていたことを書いてみたくなりました。

iPodtouch02.jpg

正直言って、このモデルはここ最近のApple製品のリリースの中でも突然であり、とても驚かされたモデルです。それまで販売されていたモデルと何ら変わらず、単に背面のiSightカメラとLoopが省かれているモデルとなっています。ここ最近、Appleの新製品で過去の製品よりも「劣る」製品をリリースしたことはなかったと思います。いつも、「史上最高」といううたい文句で新製品を見てきたわけで、いつのまにかそれに慣れてしまっていたからです。

実際問題、私たちが製品を作るときにも、いつだって現行モデルよりも改良していこう、付加価値を付けていこうと製品作りをしていくので単に機能を省くということをしたことがありません。

なんといってもLoopはまだしも、カメラを削るというのはまったく理解できません。上記の画像のようにiPod touchのうたい文句は「楽しいこと」をたくさん用意しているということですし、その最初に「iSightカメラでベストショットを撮」るということが書かれているわけです。

低価格のiPod touchが必要だったということはよくわかりますが、だからといって今どきカメラを削るという選択肢があって良いのでしょうか。もしも、本当に価格だけのためにカメラを削ったのだとしたら、Appleの方向性に大きな疑問が生じます。Appleはいつだって、最高の体験を提供することを社是としてやってきたはずで、だからこそその完成品に少し高いお金を払い続けてきたのです。

App Storeにも数多くのカメラアプリや写真アプリ、動画編集アプリなどがあり、さらにはバーコードリーダーやARアプリなども存在していて、カメラという入口をアップルが提供し、その中にたくさんの遊び場が存在しているのに、この入口を無くしてしまうということが最高のユーザー体験を提供することになるのでしょうか。ならないと思います。

がっかりという意味で驚かされた製品です。

iPodtouch03.jpg

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す