TRILOGトリログ

史上最強のラインナップとは。[前編]

2013.09.14

投稿者 : ほっしぃ

top_iphone5s.jpg

AppleのiPhone 5s/5c発表後、「Simplism史上、最強のラインナップ登場」として紹介しました。しかし、史上最強とはどういうことだろうか、まずはここを説明したいと思います。

ちなみに、これまでも「最新製品が旧タイプの製品より劣るような開発をするはずがない」という意味において、「新製品を出すときには必ず史上最高になる」ということは言い続けてきました。Appleの製品でいえば、iPhone 4よりもiPhone 4Sは必ず上位機種になるわけで、iPhone 5はiPhone 4Sよりも上になると考えると、毎回発表する度に「史上最高」をうたうことができます。しかし、それをうたうことにそんなに意味はないのではないかと思っています。

もちろん、私たちの今回のラインナップも既存製品のアップグレード版についてはいくつかの機能強化や改良点があり、その製品の歴史上では最高の製品に仕上がっていると宣言しても差し支えないと思っています。しかし、それだけではこれまでの言動と矛盾してしまうのではないだろうかと指摘をいただくかと思います。

一休さんの「このはしわたるべからず」の話に近いようで恐縮ですが、今回は「史上最高」ではなくて、「史上最強」と表現しているところに注目してください。

top_iphone5c.jpg

今回発表したiPhone 5s対応ラインナップでは、これまでの当社のラインナップを改めて見直し、改良すべきところは改良し、また空いていた穴を埋めるように考え抜いた結果の構成となりました。また、iPhone 5c対応ラインナップにおいてもまだ製品が世の中に出てきていないなかで、市場の反応は分からないながらもカラーバリエーションなどから、これまでとは違ったユーザー層を想定して作り込みました。

史上「最高」ではなく、史上「最強」の意味のひとつとしては、ラインナップの穴を埋めていくという検討の結果がありました。

・抜けていた保護フィルムの穴を埋める、需要と欲求に対する回答。

かつて、iPodアクセサリーを始めた頃には、保護フィルムは「おまけの製品」という認識でいました。まだタッチデバイスではなかったということや、音楽プレーヤーでいえばどんなときでも画面を見続けるということがないということもあって、傷だけが防止できれば良いということで種類も作る必要性がほとんどありませんでした。

現在ではiPhoneやiPadのように、タッチして操作し、情報はすべて画面に表示されるために使用中は常に見続けるデバイスに変わってきてから保護フィルムの役割が相当変わってきたといえます。

それでも当初は、種類もクリアとアンチグレアという2種類のみを用意していて、それほど特長のある製品ではなかったのですが、保護フィルムと画面の間に埃などが入ることによって気泡がたくさんできてしまうという問題を解決するためにバブルレスフィルムシリーズを開発しました(名称は当社商標です)。これが非常に高い人気を誇り、現在では「気泡レス」などの類似品が多く出てきました(製法自体に特許はないのでフォローすることは特に問題ありません)。

その後も、抗菌加工を施したり、細かな透明度の向上や干渉縞の低減、アンチグレアにおける滲みの解消などの改良を行なってきましたが、今回、改めてラインナップを見直してみたところで、市場の欲求に対して抜けていた穴があり、そこを補完することにしました。

ひとつひとつの製品の解説については別途エントリーを書きたいと思っているのでここでは簡単に紹介しますが、市場に大きな欲求がありつつも当社のラインナップになかったのが、「衝撃吸収フィルム」と「強化ガラスフィルム」です。前者はiPhoneのガラスが割れてしまうということが多く多発している中で、衝撃を吸収して割れないようにしてくれる機能を提供するフィルムです。後者は特に傷を付けさせないことに特化して強化ガラスを採用したフィルムで、ガラスの高い透明度やiPhone自体のガラス面に近いタッチ感触もあって少し効果ながらも人気のカテゴリーです。

これまでもこれらのカテゴリーが人気であるということ自体は知っていましたし、製品開発は続けていたのですが、市場に出てきている製品に対してより良いものを提供しなければ意味がないと考えていたので、なかなか製品化に至りませんでした。今回は満足いく製品に辿り着いたと判断したためにデビューさせるに至りました。

その他、iPod touchやAndroid系製品としてはリリースしていたブルーライトカットフィルムシリーズもさらに改良を加えてデビューさせることにしました。iPhone用としては初めてのラインナップで、これまでの製品の焼き直しでは意味がないということで、ユーザーにメリットがあるように色をほとんど付けないブルーライトカットフィルムを採用しました。

さらに、市場の需要(ニーズ)を満たす製品として「シームレス背面フィルム」と「貼って剥がせるのぞき見防止フィルム」をラインナップに追加しました。これは同じコンセプトとしては存在していたものの、まったく同じ製品は世の中に存在しないもので、前者は背面の「浮き」を根本的に解決したもので後者はのぞき見防止フィルムの問題点をアイディアで克服した製品になります(後者は特許出願中)。

最後にiPhoneの一般化に伴って十人十色のニーズに合わせたデコレーションフィルムとして「テクスチャー背面シート」のラインナップを追加しました。iPhoneの薄さはそのままに、前面もフィルムだけで保護し、背面は少しだけおしゃれ感と他人とは違うスタイルにしたいというユーザーへのひとつの提案として開発しました。

と、最初の保護フィルム系だけを語っても、語るべきことが多くて長くなってしまいましたが、これだけでも全方位に向けてまんべんなくラインナップを拡充しつつ、さらに潜在的需要や問題の解決を図った製品ラインナップを追加しておりますので、私が自信を持って史上最強のラインナップと胸を張れるということがおわかりいただけるのではないかと思っています。

フィルムの話だけでかなり長くなってしまったので急遽前後編に分けました(書き始めたときには1回で終える予定でした)。

後編はこちらから「史上最強のラインナップとは。[後編]」どうぞ。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す