TRILOGトリログ

【本当に使えるNuAns NEO [Reloaded]オリジナルカバー】モデリング調整編

2017.07.18

投稿者 : ようへい

IMG_0812.jpg

前回、第一弾としてGoProアダプターコンバーチブルケースをモデリングし、3Dプリントまでしました。そこで出てきた新たな課題として、以下の内容がありました。

■モデル調整
1) 各種サイズ微調整
2) 背面たわみ部分の補強
3) 横置きにも対応
4) カラー着色

上記をそれぞれの課題に分けて調整します。
1) 各種サイズ微調整
若干の余裕を見ていたつもりでしたが、それでも3Dプリントをかけるとコンマ数mm、厚くなったりしてしまい、アタッチメントとの接合部分がきつくなっていました。薄くしすぎても保持力が弱まるので、もう少しだけ余裕を見て肉厚を調整しました。

2) 背面たわみ部分の補強
歪みを抑える方向に補強の筋交いを入れようと思います。全体的に厚みを増してしまうと、材料自体の反りなどが大きく出てしまう恐れもあり、ピンポイントで補強を入れました。

3) 横置きにも対応
ちょっとしたアイディアを思いつきまして、アタッチメントとの接合部を、カバーの上下に向きを変えて配置しました。このことで、カバーの向きを変えるだけで、NEOの向きを横にしたり縦にしたり、設置スペースに合わせて選ぶことができるようになりました。

4) カラー着色
こちらは単純に、DMMでの3Dプリント時に着色オプションを使うだけです。現状、NuAns NEO [Reloaded]を使っているときは目立ちませんが、NuAns NEO [Reloaded]を取り外した時にも目立たない色にしようと思います。

スクリーンショット 2017-07-15 17.35.39.jpg

上記調整した第二弾のモデリングが完成しました。もう一度、DMM.MAKEに発注をしました。

スクリーンショット 2017-07-15 17.59.19.jpg

ワクワクしながら完成を待ちたいと思います。

[本当に使えるNuAns NEO [Reloaded] オリジナルカバー バックナンバー]
・Vol.1 本当に使えるオリジナルケースの作り方 その1
・Vol.2 【本当に使えるNuAns NEO [Reloaded]オリジナルカバー】3Dデータ作成〜3Dプリント編
・Vol.3【本当に使えるNuAns NEO [Reloaded]オリジナルカバー】装着試験編
・Vol.4【本当に使えるNuAns NEO [Reloaded]オリジナルカバー】モデリング調整編
・Vol.5【本当に使えるNuAns NEO [Reloaded]オリジナルカバー】実装編
・Vol.6【本当に使えるNuAns NEO [Reloaded]オリジナルカバー】データ公開編

このブログを書いたスタッフ

開発

ようへい

開発、生産工程に関わる。家具メーカーのセールス時代に星川と出会い、意気投合してトリニティに転職。製品開発で中国に何度も通ううちに辛い食べ物に覚醒。隙があれば食べ物にハバネロソースをかけてしまうため、周囲から嫌がられている。

ようへいのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す