TRILOGトリログ

テクノロジーとサービスのバランスについて 〜最新テクノロジータウン、深センエリアの事情〜

2017.09.22

私は製品開発として頻繁に中国を訪れます。中国の中でもiPhoneやゲームなどを作っているフォックスコン(ホンハイ)など、テクノロジー系の超巨大企業がひしめいている、「深セン」というエリアを拠点に働いています。

この深センというエリアは世界でも最先端のテクノロジー企業、サービスが稼働しています。最初に来てからかれこれ10年近く経っていますが、経済はもちろん、高速道路などのインフラ、街の発展のスピードがものすごく、10年前とは隔世の感があります。

この深センエリアの多種多様なスタートアップ企業の中でも最近特に有名になっている、レンタルバイク(貸し自転車)サービスが、さすが中国という爆発的なスピードと量で普及しています。

bikerental01.jpg

このレンタルバイクサービスは業者によっていくつかの方式がありますが、主には自転車のサドルの下のロック(馬蹄錠)の中にバッテリーを仕込み、専用アプリをインストールしたスマホでQRコードを読み取って使用申請すると馬蹄錠を解除するキーが発行され、自分でロックを解除、1時間につき20円くらいで乗れて、ロックをかけると自動で返却申請、というものです。

bikerental02.jpg
 

bikerental03.jpg

システムとしても非常にスマートで、どこから乗っても乗り捨てがOK、街中の移動に大変便利にできています。

bikerental04.jpg

さらに、よく見るとパンクレスタイヤ、ベルトドライブ、ハブブレーキ、樹脂製スポークなどを組み合わせ、できる限りメンテンンスフリーで運用できるように工夫されています。

では、乗り捨てた自転車は一体どうなるのでしょうか? 実はこの馬蹄錠の中にGPSが組み込まれ、ユーザーがアプリで近くの自転車を検索できるようにしつつ、レンタル業者の回収車が位置を特定して回収する、というサービスです。ユーザーにとっては、安く乗れて自転車盗難の心配もいらず、最高のサービスと言えます。

ただ、この「乗り捨て」という仕組みは、サービスが開始されたばかりにもかかわらず破綻していると言えます。

深センの街中を車で走っていると、このような光景があちらこちらで見られます。

bikerental05.jpg

所有権のない自転車は適当に放置され、場所がなくなれば山積みになっていきます。ショッピングや仕事など、行動範囲は似たようなパターンが多いので、集まるところにどんどん積み重なっていきます。

それでもまだ、回収車が回収しやすいエリアであればいつかは回収されるのですが、この写真はレンタルサービスのある街中から数十kmは離れている郊外に乗り捨てられている写真です。

bikerental06.jpg

このような場合、当然回収車が取りに来ることはなく、GPSのバッテリーが切れたらもう一生回収されることはない、ということです(太陽光で充電するタイプもあるようです)。

bikerental07.jpg

このようにタイヤまで曲げられて乗り捨てられている場合、新しいユーザーが借りることもありません。近所の人たちもロックがかかった自転車を移動するわけにも勝手に廃棄するわけにもいかず、このまま朽ち果てるのを待つしかなくなるでしょう。

他にも、車に積んで自宅周りで使い、バッテリーが切れたら放置、地下駐輪場などGPSの届かないところに放置、など考えられる問題が盛りだくさんです。

このサービスが本格的に始まってから1年やそこらと思われますが、爆発的な速度で普及しているため、この光景をあっちこっちで見ることになります。現状、街によっては新規参入をブロックしているようですが、近いうちに中国政府の強い統制がかかるのは間違いないと思います。

中国には他にもWeChat Payなど、セキュリティやモラル的に非常に懸念があるけども、ユーザーサービスとしては最高、というようなビジネスが、この深センというテクノロジータウンを中心にものすごいスピードで展開されています。

こういったサービスの是非はともかく、ユーザーにとって便利だろうと思われることは、社会的影響が大きいだろうという懸念があろうと、シミュレーションもそこそこにとにかくやってみて考える、というスピード感と実行力が「深セン」というエリアを形作っているのだ、と思います。

「本当に使えるNuAns NEO [Reloaded]オリジナルカバー」シリーズは一回お休みさせていただき、次回に記載させていただきます。

このブログを書いたスタッフ

開発

ようへい

開発、生産工程に関わる。家具メーカーのセールス時代に星川と出会い、意気投合してトリニティに転職。製品開発で中国に何度も通ううちに辛い食べ物に覚醒。隙があれば食べ物にハバネロソースをかけてしまうため、周囲から嫌がられている。

ようへいのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す