TRILOGトリログ

中国対日本の闘い

2017.10.06

投稿者 : ほっしぃ

Mahjong00.jpg

ニュースなどでご存じの方もいらっしゃると思いますが、現在中国は国慶節という建国記念を祝す連休です。昨日の結婚式では、宴会の席でほとんど言葉が通じないことから、世界共通でできる事として「飲む」だけでしたので、あっという間に一気合戦に巻き込まれて、ここでは中国勢の攻撃に耐えられず撃沈しました。しかし、この人達の飲む量は恐ろしいです。こちらが撃沈後も飲み続けていました。この写真はまだ始まったばかりの頃で、楽しむ余裕があった頃であります。

Mahjong01.jpg

明けて今日、日本への飛行機の前に麻雀をやりました。麻雀は元々は中国から伝わったゲームですから、中国の威信をかけて勝負をしようということで、日本2名、中国2名での戦いを行ないました。ここで昨日の借りを返しておかないといけません。

Mahjong02.jpg

中国の麻雀は日本でやっているものと異なり、まず牌が巨大です。そして、東南西北や撥や白なども無かったり、リーチ棒が無くいわゆるリーチ麻雀ではないのです。逆に、普段リーチ麻雀をしている方からすると、役をしっかり作り込まないので簡単なゲームだと感じました。それだけにスピーディーにどんどんと勝敗が決していきます。そして激戦の末、我々日本チームが勝利しました。これで昨日の雪辱を果たし、汚名返上、名誉挽回というところです。

Mahjong03.jpg

ちなみに、過去に工場の人と価格交渉で折り合わず、最後は卓球で勝負だ、と卓球でどちらの言い分の価格にするかを決めたことがありました。その時は「卓球は中国の国技だから、そっちが有利だろう」という挑発言葉で勝負に持ち込みましたが、私は中学生の時に卓球部だったので少し覚えがあり、あまりにも最初から勝ちすぎるとまずいので、適度に点を取らせつつも最後は勝利するというズルいこともやったことがあります(笑)

というわけで、過去には卓球、今回は麻雀、次は囲碁で勝負ということになりそうです(囲碁は自信なし)。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す