TRILOGトリログ

ジュラルミン削り出しバンパー「GILD design Solidbumper」を試す

2018.06.24

Bumper01.jpg

【注意】はじめに断わっておきますが、本レビュー記事は「ネタ」で書いておりますので、特別な意図は特にないということをご理解いただいた上で読み進めていただければと思います。

AUGMというイベントでは、集まってくれた来場者に対して、ブランディングや使ってもらって感想を書いて欲しいなどの理由により、メーカーが製品を提供してくれることがあります。当社は販売している製品は配布しないポリシーでいるため非売品のノベルティグッズを提供しています。メーカーによってはとても高額なものを提供してくれるところがあり、普段「試す」ということができないような製品を試す機会ができるので、ユーザーにとってもメリットがあります。その中で、メーカーはそのフィードバックを期待しているという事もあるので、できる限り使った感想などを書くというのが、暗黙の了解となっています。

私自身はメーカーとして参加している訳なので、基本的にこの提供を受けないようにはしています。が、AUGM東京の場合、いぢわるな主催者が同じフィールドの製品が私に当たるように仕向ける場合があります(笑) 実際には、特に打ち合わせも何も無くじゃんけんをするだけなので、特別な意図が結果に結びつくことはないのですが、稀に思惑通りになってしまうことがあります。

今回は、ケースメーカーである私が、同業者のケース(バンパーもケースのカテゴリーとします)をいただいてしまうという光栄な結果に恵まれました。せっかく用意していただいたのを、何もしないでお蔵入りさせてしまうというのも良くないと思ったので、今回簡単にレビューさせてもらおうと思います。

Bumper02.jpg
 

GILD design ギルドデザイン ジュラルミン削り出しケース

今回いただいた製品はサンプルだったのか分かりませんが、型番などの情報がないパッケージでいただいたために正確なマッチングができるかは分かりませんが、おそらく上記の製品だと思います。価格を見ると、9,720円(税込)という非常に高価な製品となります。

それもそのはず、ジュラルミンという素材を使用しているので、素材そのものが非常に高価なのです。メーカーページには「ケースの材質には航空、宇宙、レース部品に使用される「A2017」と呼ばれるジュラルミン無垢材を使用。その中でも最高品質と言われている古河スカイ製のジュラルミンA2017Sを採用しています。」と書かれているくらい、特別な素材であることが分かります。

我々が一般的にジュラルミンといって想像するのは機動隊で使われている盾(今は透明の樹脂製のようです)だったり、アタッシェケースではないでしょうか。とても固くて、守られそうなイメージです。そのジュラルミン素材を、iPhoneを守るためのバンパーとして設計した製品になります。

素材もかなりユニークながら、本製品はデザインも非常に目を惹くものとなっています。今回ゴールドだったということもありつつ、使っている間、たくさんの人に「それすごいですね」と声を掛けられました。そのたびに、当社製品ではないことと、なぜ使っているかについての説明をするという5分くらいの時間を要しました。

Bumper03a.jpg

この特殊なデザインは落下時などに四つ角から落とすことが多いということで、そこを強化するための設計となっています。持っていても、かなり安心感があります。また、握ったときに四つ角の出っ張りが少し引っかかるような感触で、ホールド感は抜群です。

コネクターやボタンなどはしっかりと露出するように設計されているので、バンパーを点けていたとしても使用上まったく不便さはありません。写真のように立てることもできるので、ちょっとした動画視聴などはこれで十分かもしれません(90度なので、置き場所は限られます)。

Bumper03.jpg

【再度注意】特別な意図はなく、個人の感想を書いています。

作り込んだバンパーということで、パッと目に付く弱点としてはこの写真のようにフルカバーのフィルムやガラスを併用して使用する事ができません。ただし、メーカーとしては一緒に使える特殊なガラス製品を用意していますので、一緒に使うにはこちらを買えば安心です。

ネジを使わないと脱着できないところも気になるところではありますが、よくよく考えてみると、これだけの製品を頻繁に脱着することはないと思いますので、それであればそんなに問題は無いのかもしれません。

【Simplism】iPhone X [Turtle Bumper] アルミニウムバンパー[[Turtle Bumper] Alminium Bumper for iPhone X] | トリニティ株式会社

 

caseiphone178_ttba_main_001-thumb-714x304-17067.jpg

当社でもアルミ削り出しバンパーを作っていますが、こちらはかなり思想が違う製品となります。ポイントとしては、iPhoneのシェイプを踏襲していること、繋ぎ目が一切なく削り出しをしていること、ネジを使わないで脱着できる構造、TPU素材と組み合わせることで衝撃吸収性を保っていること、などがあります。

どちらが絶対的に良いということではないので、お好みで選んでいただくのが良いかと思います。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す