Trinity

TRILOGトリログ

iPhoneのカメラレンズを徹底的に守る方法

2019.04.24

突然ですが、皆様、スマートフォンのカメラ回りを保護をしていらっしゃいますか?

スマートフォンのカメラ性能が進化を続け、カメラに勝るとも劣らない性能を持ちつつある昨今ですが…いざ撮影をしようとした時、レンズに汚れや傷があったら、せっかくの写真が台無しになってしまいますね。

そこで今回は、iPhone XRを例にとり、保護を忘れがちなカメラレンズを徹底的に守るアイテムを紹介させていただきます!

1:フレームで守る!

▶ Lens Bumperシリーズ

レンズの周囲に装着し、レンズ部分を衝撃から守るアルミフレームです。iPhone等のカメラレンズは、構造上背面から突き出ているため何かと衝撃を受けやすい部分ですが、いざという時にアルミフレームで守られていれば安心です。

バンパーがレンズより若干飛び出ているので、さまざまな衝撃から強固にレンズを守ります。 あえて端末と色を変えれば、背面部分のアクセントにもなりますね。フレーム内側の粘着剤で貼り付けるだけの簡単着脱で、写真への映り込み等もありません。また、Simplismのケースであれば、どのケースとも併用が可能です。

Simplism

iPhone XR [Lens Bumper] カメラレンズ保護アルミフレーム

581

2:フィルムで守る!

▶ レンズ保護ガラスライクフィルムシリーズ

特殊な硬化コーティングをPET素材のフィルムに施した、カメラレンズ専用の保護フィルムです。その表面硬度は、ガラスに匹敵する9H!
※表面硬度に関する説明は、「表面硬度の「H」ってなんだろう」をご参照ください。

特に擦り傷等への耐性が高く、カッターでも傷がつかないほどの硬さです。PET素材でできているため、高い表面硬度を誇りながらも、割れる心配がないという利点もあります。さらに、表面に施された「フッ素加工」で汚れや油分をはじくため、汚れも付着しにくい構造です。また、透明クリア仕様なので、写真に影響を及ぼすこともありません。

▶ レンズ保護フィルムシリーズ

カメラ撮影時に影響を及ぼさない、透明度の高い極薄フィルムです。表面には、指すべりが良く汚れにくい「フッ素加工」が施されているため、汚れや油分を弾き、指紋等もつきにくくなっています。

素材は安心の日本製素材を仕様! また、このフィルムシリーズはお得な3枚入りですので、傷等が目立ってきた場合も、フィルムの貼り替えで状況が復活します。

3:フレームとフィルムで守る!

バンパーとフレームを別々にご購入いただいた場合も併用は可能ですが…カメラ周りを強固に守っていただくため、iPhone XRでは、Lens Bumperとレンズ保護ガラスライクフィルムがセットになった、お得な商品もご用意しています!
※残念ながら、iPhone XR以外の端末ではセット商品のご用意はございません。何卒ご了承ください。

Simplismブランドから発売されているレンズ保護のアイテムは、iPhone XR用の商品だけでもこれだけのラインナップをご用意していますので、ぜひお好みに合う一品を探してみてくださいね。

また、今回はiPhone XRを例にとってアイテムをご紹介させていただきましたが、iPhone XR以外の端末でも、カメラ周りを守るアイテムを各種ご用意しております! 興味を持っていただけた方は、ぜひご確認&お気軽にお問い合わせくださいね!
※端末によっては、ご紹介した商品のご用意が無い場合もございます。何卒ご了承ください。

このブログを書いたスタッフ

サポート

ひらり

長崎に生まれ育ち、自分を活かせる場を探して上京。携帯電話会社などで顧客対応その他を経験後、トリニティと出会う。漫画や映画が好き。常時脳の2割を妄想に割いているためか、心はわりといつも穏やか。真面目さを売りにしているが、ただの心配性という噂もある。脱インドアを目指し、土日のどちらかは外出することを心がけている。

ひらりのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

新規登録

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • NEO
  • Tablets
  • Smartphones
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す