TRILOGトリログ

ウェアラブルEXPOで、wearaに大きな可能性を感じた

2020.02.16

既報の通り、2月12日〜14日まで東京ビッグサイトにて開催されたウェアラブルEXPOという展示会に出展をしました。これまで出展してきた展示会と比べると規模は小さいものの、実際に出展してみるとたくさんの来場者にブースに立ち寄っていただき、私も含めて6人のスタッフがあんまり休憩も取れないほどの盛況ぶりとなりました。特に、3日目は全員お昼も食べずにずっと説明をし続けたくらいでした。とてもありがたいことです。

ご来場いただき、当社ブースにお立ち寄りいただきましたみなさま、ありがとうございました。

ウェアラブルリストバンドで、活動量や睡眠、心拍を計測できるという製品はすでに世の中に溢れています。しかし、この展示会でも、デザイン、バッテリーライフ、日本で開発されたアプリやサーバー運営とカスタマイズ対応、というあたりに多くの方の興味を引くポイントがあったのだと思います。

さまざまな業界の方々が足を止めてくださり、ある程度説明すると、こんなことがやりたい、こんな仕様にできるか、などたくさんのご要望をいただきました。実際に、市場にある製品のほとんどは大手の製品か、もしくは国外で主に中国の会社なので、細かい要望やカスタマイズなども含めてやりにくいというのが背景にあるようです。当社は小さいながらも、日本で一般消費者向けに発売する予定であり、前述のようなポイントで対応していけるというのが大きな可能性があるということです。

元々は一般消費者向けに開発しているものの、それを他の分野でも活用していき、それが結果として仕事の役に立ったり、違うカタチで人々の健康に寄与するのであればその手段はあまり限定するつもりはありません。

そんな新しい大きな可能性を感じた展示会でした。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す