TRILOGトリログ

Mac ProとPro Display XDRにマッチする、Webカメラとは。Logicool 4K Pro Magnetic Webcamをトライ。

2020.07.24

Mac ProとPro Display XDRの組み合わせで、仕事のスピードは格段にアップし、見た目の美しさを相まって、毎日楽しく仕事に向き合っています。

最高のスピードで仕事をするために、最高の環境を揃える。(Mac Pro編)

最高のスピードで仕事をするために、最高の環境を揃える。(Pro Display XDR編)

そんななか、先日HomePodを導入してみた顛末を書きました。Appleというブランドに過度な期待をしてしまっているからなのか、100%満足ということではないものの、スピーカーとしてはBGMを流すように使っています。

遅ればせながら、HomePodを手に入れてMac Proと使用開始

HomePodを購入したひとつの目的が、オンラインミーティングへの対応でした。そのためにはカメラが必要です。以前のPro Display XDR導入記事の時にも書いた通り、本当はiSight的なカメラが欲しいと思いました。最近、一眼レフやミラーレスカメラをウェブカメラに使うというのが周りで流行っていて、画質はもちろんものすごく良く、かつ被写界深度を浅くしてカメラ性能として背景をぼかすということがとても素敵だったので、そういう画質的なところも期待してカメラを探しました。

また、当然デザインというのは相当な優先順位となります。前述のミラーレスカメラなどをウェブカメラにしてしまうのは、あんまり見た目としては良くないので現実的ではありませんでした。

テレワークが一気に普及してウェブカメラ市場も盛り上がってきているようでたくさん製品自体は見つかるものの、期待できる画質とデザインがマッチした製品がなかなか見つかりませんでした。

結局、Apple Storeでも販売している、そしてXDR Display用と銘打たれた「Logitech(日本ではLogicool)4K Pro Magnetic Webcam for Apple Pro Display XDR(以下、Logicool Webcam)」という恐ろしく長い製品名のウェブカメラを購入してみました。

Logicool 4K Pro Magnetic Webcam for Pro Display XDR – Apple(日本)

届いてみると、想像以上にPro Display XDRにマッチした素材感で高級感があり、とても気に入りました。また、Appleと事前に協議があったのか、Logicool Webcamに内蔵された磁石がPro Display XDRのベゼル上部にあるマグネット(もしくは金属?)と吸着するようになっているので、別途ホルダーが必要ないというシンプルかつスマートな設計です。

ちなみに、当然磁石は汎用ですので、他のメーカーも同じようにPro Display XDRにマウントできるカメラ、もしくは違うアクセサリーを作ることができそうです。とはいえ、このディスプレイのユーザーがどれくらいいるのかという問題はあります。。。

さて、付属のUSB Type-CケーブルもPro Display XDRのUSB Type-Cポートにちょうど届くような長さで、コネクターもL字になっているところがケーブルだけ出っ張らないようにしていて、こういう気遣いはとても良いと思いました。

まずは、マウントしてみてテストしてみました。ウェブに設定アプリがあるような記載があるのにもかかわらず、ウェブサイトからそのアプリに辿り着くことができません。念のためMac App Storeを覗くも、該当するようなアプリはありません。

Download Stub – 4K PRO MAGNETIC WEBCAM – Logicool サポート + ダウンロード

検索でようやく、アプリを見つけました。日本では販売されてないのに、なぜか日本のサイトにダウンロードページがあり、でもどこからもリンクはされてないと思いますので、なかなか辿り着くことができません。

さて、まずは画質について。正直なところ画質はかなりイマイチ…。解像度も低いし、ノイズが多いし、背景のボケ感も特にありません。設定アプリもそんなに多くの設定ができないので、一通りいろいろな設定をトライしてみましたが、HDR設定はオフにした方が良い(コントラストが低くなるだけのように感じました)というのを見つけたくらいです。

私の部屋が比較的暗いという、悪い環境であることは確かです。ただ、それにしても相当画質が悪いのです。Pro Display XDRを使っているユーザーがこれで満足するはずがないと思います。

そして、SkypeやZoom、Googlem Meetでの使用を試してみると、これまた困った出来事が起こりました。HomePodから出た音をLogicool Webcamが拾ってしまってループしてしまうのです。

これ、原理的にはスピーカーから出た音をマイクで拾い、その音をまたスピーカーが拾い、ループしながら増幅してしまういわゆる「ハウリング」のような状態になります。多少、それをソフトウェア側が補おうとしているのか、音が遅延するようになって気持ち悪くてミーティングを進めることができませんでした。

結局のところ、時間がなかったので音はAirPodsにして、映像だけをLogicool Webcamにして事なきを得ました。これは、もう少し研究が必要なのでしょうか。もしかしてもしかして、ハードウェアが壊れてしまっているのでしょうか。

もしも、Mac ProとPro Display XDRを使用されていて、HomePodとLogcool Webcamをお使いの方がいらっしゃいましたら、解決方法を教えていただければとても助かります。(相当、限られた人数ではないか撓みますが。。。)

というわけで、HomePodに続き、期待値からするとちょっと残念な状態になってしまっています。これから環境などを見直してうまく使えるようになるのかどうか、トライしていきたいと思います。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す