4632589_l.jpg 4632589_l.jpg

MAMORIO対AirTag 埼玉で子どもを探すならどっち!?

2021.07.13

以前、MAMORIOで子どもの居場所を特定できるかという実証実験ブログを公開しました。

結果は残念ながら、学校に行ったはずの子どもはずっと家にいることになっていました…。まだまだMAMORIOの普及率が低い埼玉では、『みんなで探す』機能をフル活用することは難しかったです。

そして、そしてついに待ちに待ったAirTagが発売されました!

Airtag.png

参照:Apple公式ウェブサイト

いくら、ださいたまでもiPhoneを持ってる人はたくさんいるはず!

ということで早速AirTagを購入して実証実験開始です!

さてさて、うちの子はちゃんと学校に行ってるかな〜。

Airtag_kotei.png

はいはい。校庭にいる気がするのはご愛嬌として、ちゃんと登校した模様。Apple Watchを着用している先生を数名知っているので、予想通りの好感触!

それでは下校の時間。おっ帰り始めましたね。

Airtag_sushiro.png

大好きな回転寿司店の前で10分ほど停滞しているのは気のせいでしょう。

Airtag_ie.png

徒歩で15分ほどの道程ですが、その間に2回更新があり、無事に家に到着したようです。

瞬間的にすれ違うだけでは反応しないのか、交差点や店舗の付近で更新されやすい印象です。やはりGPSなどとは違い、タイムリーに位置情報が更新されないという不便さはありますが、ちゃんと家に帰ってるか、習い事をさぼってないか、そろそろ帰ってくるかな〜程度の確認をするなら十分です。というわけで、埼玉でのMAMORIO対AirTagの勝負は完全にAirTagの圧勝のようです。

4632589_l.jpg

子ども用スマホは安くても月々500円はかかります。その点AirTagは1枚3,800円で電池さえ交換すれば半永久的に使えるので、コストメリットが比較にならないほど良いですね。子どもにスマホを与えたくない人、まだ一人で外出することはないけど学校の行き帰りも心配という方には最適だと思います。今月の、いや今年のベストバイ間違いないでしょう!

なお、このような使用方法は本来の用途ではなく、Appleも推奨していないようですので、みなさまご自身の判断でご利用ください。特に一定期間、自分のiPhoneと繋がっていないAirTagは勝手に音を発し始めるようなので、くれぐれもご注意ください。

このブログを書いたスタッフ

オペレーション

たーにゃ

都心へ働きに出ることに疲れ、自宅から徒歩10分のトリニティに入社を決意。優しい家族とハイテク家電に助けられながら、ギリギリ2人の育児中。年に1度の海外旅行を生きがいに日々精進しております。心はロシアの金髪美女"ターニャ"ですが、寒がりでロシアには住めないので"たーにゃ"でお願いします。

たーにゃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す