Gets_kelly-sikkema-3-tc_5lrorm-unsplash.jpg Gets_kelly-sikkema-3-tc_5lrorm-unsplash.jpg

最初に予算を決めないことが、プロジェクトをより良くする。

2021.12.04

Photo by Estée Janssens

さまざまな企画やプロジェクトが進行する中で、割とよく出てくる話が「予算はどれくらいでしょうか」ということです。たとえば広告宣伝に関わるような案件では1年で確保する予算というのものを決めてある場合があり、その範囲内での配分をどのようにするかがポイントとなります。

予算を決めて、年間の売上や利益計画を作るというのは教科書通りですし、間違っているわけではありません。しかし、私は最初に予算ありきのプロジェクトは好きではありませんし、なるべく最初に予算を設定しないようにしています。特に新しいチャレンジをする場合には予算を決めずにプロジェクトの検討を始めることにしています。

最初に予算が決まっていることの弊害とは。

デジタルライフという新しいライフスタイルに対して、さまざまな提案を続けている我々の業界で言えば、新しい製品は常に企画されていたり、開発が進められていたり、場合によっては先送りだったり中止になることもあります。私は朝令暮改を厭わずに臨機応変にしていくことが、スピードの早いデジタルライフの変化についていくためには必要なことだと思っています。

Photo by Kaleidico

その上で、「最初に予算を決めてしまうと、その枠の中でしか考えられなくなってしまう」ということが弊害としてあると思います。また、併せて「必要がないけれども、その枠を使い切ってしまおうという気持ちが働く」ということもあると思います。

たとえば、何かノベルティグッズを作ろうという小さなプロジェクトがあったとします。最初に「予算はいくらにするか」というのを決めてしまうと、ノベルティグッズを作って何をしたいのか、配った人にどういう影響を与えたいのかということよりも、金額の範囲内でできることを考えてしまいます。もしも、その予算が想定よりも高い場合には、不必要に予算を消化していこうということで目的に合致しないノベルティグッズを作ってしまうことがあるかもしれません。

総額が100万円の予算だった場合に、120万円にすればものすごく良いもので、ノベルティグッズを作る目的に合致するものができるとなったとしても、予算が100万円であれば諦めることになります。逆に50万円の費用で十分なのに100万円のものをつくろとしてしまうこともあるかもしれません。

目的を理解すると、目標に対して合理的な費用計画を作れる。

すべてのプロジェクトには目的があります。その目的に対して、目標を設定して、それに見合うような費用計画を作るという順番で考えるべきだと思います。その費用をかけることで目的に達することができるのか、ということを考えると、結果としては経済合理性のある費用計画になると考えています。

Photo by Austin Chan

前述のように、過去の経験もないような新たなチャレンジの場合には特に、先に枠を決めてしまうと過少、または過大になりすぎたりしてしまい、そのプロジェクトをやる意味さえも見失ってしまうことがあります。

というわけで、最初に予算額は決めずにプロジェクトの中身を吟味した上で、目的に対して必要な費用を計画して提案してもらうことをいつもリクエストしています。私自身が知らないこと、理解できないこともたくさんありますので、最初に枠をつけてしまわずに、企画立案者の考え方を聞きつつ、そこの妥当性を最終的に判断していくスタイルで進めていくのが現時点ではベストと考えています。

10年以上企業を経営してきて、年間の計画を決めてそのまま着地したことはありません。その経験から当初計画を作り込みすぎないというのが、スピード感を持って物事を進められるコツなのではないかと考えています。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「Simplism」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す