NEWSニュース

New Products 2008.02.15

H2O Audio社 iPod用完全防水ケース「Waterproof case for iPod」の販売を開始

トリニティ株式会社(代表取締役:星川 哲視 本社所在地:埼玉県新座市)は、2月16日(土)より米H2O Audio社の新製品であるiPod classic, iPod nano(3rd), iPod shuffle(2nd)に対応した完全防水ケース「Waterproof case for iPod」およびH2Oケース用防水ヘッドフォン「Waterproof Headphones for H2O cases」をApple Storeを含む全国のApple製品取り扱い店を通じて販売いたします。

なお、上記製品はTrinity Online Storeでも取り扱いいたします。

iPod classic用防水ケース
[Waterproof case for iPod classic]

iPod nano(3rd)用防水ケース
[Waterproof case for iPod nano (3rd)]

iPod shuffle(2nd)用防水ケース
[Waterproof case for iPod shuffle (2nd)]

H2Oケース用防水ヘッドフォン(ブラック)
[Waterproof Headphones for H2O cases]

「水中でさえも、iPod nanoを楽しむ 最強の防水ケース、登場」

iPodをいつでもどこでも楽しむためのひとつの解決策として、海やプールなどの水場や、雨などでも安心して使用できる防水ケースが求められてきましたが、ケースの外から操作できなかったり、ディスプレイを見ることができなかったりと不満が残るものでした。また、ケースは防水でもヘッドフォンが防水ではないため、実際にはヘッドフォンが濡れないようにしなければならないなどの不安がありました。

H2O AudioのWaterproof case for iPod(ウォータープルーフケース)は究極のアウトドアケースと呼ぶにふさわしい完全防水型ケースです。専用ヘッドフォンと併用することによって、なんと水深3mまで潜水してiPodを楽しむことが可能となります。サーフィンや水上ジェットスキーなどのマリンスポーツや、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツの際にもiPodを水や雪から守り、音楽を聴きながらよりアクティブに楽しむことができます。

「ヘッドフォンも完全防水仕様」

ケースはもちろんのこと、水中でiPodを使用するために大事なのは防水ヘッドフォンです、Waterproof Headphones for H2O casesとケースのコネクター部はH2O AudioのSealTightテクノロジーによりしっかりと接続し、まったく水が進入する心配はありません。耳の位置に合わせて細かく調節可能で、激しく動いてもずれないヘッドフォンは水中でのスポーツに最適です。

<H2O Audioについて>

H2O Audioは音楽を楽しむ上で不可能とされてきたアプリケーション、たとえば水中や砂場、雪山などでも使用を可能にさせるためのさまざまなソリューションを提供しています。防水ヘッドフォンとの組み合わせで水深3mまでの潜水を可能にするWaterproof caseシリーズはマリンスポーツを楽しむユーザーに絶大な支持を受けています。


<トリニティ株式会社>

トリニティは、ありふれた製品ではなく、キラリと光るiPod/Macintosh周辺機器を世界中から選りすぐって、日本のマーケットに紹介していくことを使命として、一歩先のデジタルライフを提案していきます。

社名:トリニティ株式会社

代表取締役:星川 哲視(ほしかわ てつし)

設立:2006年5月1日

所在地:埼玉県新座市野火止8-2-12

URL:https://www.trinity.jp/

[本リリースに関するお問い合わせ]

トリニティ株式会社:加瀬

TEL:048-299-3433

FAX:03-6368-5173

e-mail:[email protected]

ニュース一覧に戻る

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す