[Airly] Ultra Thin Hard Case for iPhone SE/5s/5

キーワード検索
  • BUY / 購入する
  • 製品情報
  • ギャラリー

ロゴ

薄さと軽さを実現
傷防止と抗菌加工でケースの美しさをキープ

  • 薄さ0.7mm
  • 背面からはめるだけの簡単装着
  • 傷が付きにくいアンチスクラッチコーティング
  • 雑菌の繁殖を抑え、清潔に保つ抗菌仕様
  • ストラップホール装備
  • イヤフォンケーブルをまとめる、ケーブルマネージャー付属

iPhoneを強固に守る、ハードケース

Simplism [Airly] Ultra Thin Hard Case for iPhone SE/5s/5(超極薄ハードケース)は、iPhoneを傷や埃からしっかりと守る専用ハードケースです。透明性、耐衝撃性、耐熱性などに優れる非晶性プラスチックである「ポリカーボネート」素材の採用により、がっちりとボディガードの役目を果たしながら、存在を感じさせない薄さを誇ります。

ケースはiPhoneの背面からはめるだけの簡単装着。余計な機構を省いたシンプルな形状は、iPhoneの持つ薄くて美しいデザインを崩しません。シンプルでありながら使い勝手も考えられたデザインです。

操作性は変わらず、しっかりとカバーするデザイン

ケース収納時にもすべてのボタン、コネクター(オーディオジャック、音量調節ボタン、スリープ/スリープ解除ボタン、Lightningコネクター)の使用が可能で、ケースを装着していない時と操作感は変わりません。もちろん底部のスピーカーホールも空けているため、ケースを付けたままでの音楽再生も可能です。

本製品は耐久性を保ちながら極限の薄さを実現しています。iPhoneのスリムなシェイプを維持することで高いグリップ感と快適な操作性を提供します。ハードカバーによく見られる成形時のライン(モールドライン)を極力見えない位置に逃がし、背面はまるで何も装着していないかのように美しいデザインを実現しました。

クリア

クリアブラック

クリアゴールド

クリアピンク

クリアホワイト

ストラップホール装備

ケースに付いているストラップホールには市販のストラップを取り付けることができます。

ハードケースの欠点をカバーするアンチスクラッチコーティング

従来のハードケースにおける最大の欠点は、「少しの間使用しただけで、ケース自体が傷だらけになって汚く見える」ことでした。もちろん、ケースは中身を守るものなので、傷はその目的を果たしている証しではありますが、常にケースを装着していることを考えると、ケースとはいえ傷だらけになるのは美しくありません。

本製品はこの問題を解決するために、傷が付きにくくなる「アンチスクラッチコーティング」を施すことにより、日常的に使用している上で付いてしまう傷の大部分を低減することに成功しました。高級家具などにも使われる頑強なコーティング技術を施したこのカバーがあれば、長期間の使用でもiPhone本体はもちろんのこと、ケース自体の美しさも損なうことはありません。

※傷が付かないことを保証するものではありません。

キレイをキープする抗菌仕様

毎日持ち歩き、肌身離さず使うものだから清潔に保っておきたい。本製品は、常に気持ちよく清潔に使うために、ケース本体に抗菌加工が施されています。この抗菌加工により、時間経過と共に自然と増える目に見えない雑菌の繁殖を抑え、清潔なまま保つことができます。

対大腸菌の生存率グラフ

対黄色ブドウ球菌の生存率グラフ

パッケージの新しいカタチ、外して使うケーブルマネージャー

パッケージ上部のフックは単なる店頭でパッケージを提げるためのフックではなく、イヤフォンケーブルをまとめるケーブルマネージメントとして再利用できるよう作られています。パッケージから中身の製品を取り出した後も、捨てることなく外してお使いください。

使い方は、ケーブルをくるくると巻きつけて、角の窪みに引っかけるよう留めるだけ。イヤフォンを使用中、ケーブルを好みの長さに調節したり、使わない時に絡まないようコンパクトにまとめることができます。

※付属のケーブルマネージャーのカラーはブラックです。

FAQ

  • 素材は何でできていますか。 透明性、耐衝撃性、耐熱性などに優れる非晶性プラスチックである「ポリカーボネート」素材を採用しています。
  • アンチスクラッチコーティングとは何ですか。 ハードケース自体の傷をできるだけ防ぐための特殊コーティングです。高級家具などにも使用されています。

この製品について問い合わせる

  • BUY / 購入する
  • 製品情報
  • ギャラリー

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter