Frame Film for iPhone 6s Plus/6 Plus(5.5inch)

キーワード検索
  • BUY / 購入する
  • 製品情報
  • ギャラリー
  • メディア情報

ロゴ

ガラス全面を守る保護フィルム
端まで覆うフルカバー、フレームタイプ

  • 液晶面のみならず、ガラス全面を守る保護フィルム
  • 端の浮きがわからない構造
  • 曲面となっているフチまでカバー
  • iPhoneのデザインを壊さない、ホワイトとブラックの2カラー
  • 画面の輝度を落とさない光沢仕様
  • 接着剤を使わず、何度でも貼り直し可能
  • クリーニングクロス、埃取りテープ、補助カードの3種の神器同梱
  • まっすぐ簡単に貼れるミラクルシール付き

iPhoneを傷から守る

Simplism Frame Film for iPhone 6 Plus(iPhone 6 Plus 端まで貼れるフレームフィルム)は、フルカバータイプの保護フィルムです。

iPhone 6/iPhone 6 Plusはフチが曲面となっています。通常のフィルムでは曲面に貼り付けても端が浮いてきてしまうため、フチを避けたディスプレイ部分のみを保護する小さなサイズになっており、周囲まで保護することができませんでした。

Frame Film for iPhone 6 Plusは曲面となっているフチまで貼ることができるため、ガラス面全体を守り、安心して使用することができます。

一般的なフィルム
本製品

カラーはブラックとホワイトの2色。iPhoneのガラス面にマッチするフレームデザインとなっています。

大切なディスプレイを守るフィルムは、iPhoneの操作感はそのままに美しさを保ちます。接着剤を使わない自己吸着タイプのため、剥がした後に接着剤が残ることがありません。

存在を忘れる透明感

液晶光度とコントラストを落とさない「クリスタルクリア(光沢)タイプ」のため、透明度が高く、貼ってあることを意識させずに、まさにiPhoneを裸で使っているような感覚です。高い透過率を誇るため、フィルムの貼付によりディスプレイの輝きを損ねることはありません。PET素材でできた適度な厚みのフィルムはディスプレイへの貼付を容易にしてくれます。

3種の神器同梱

誰でも簡単にフィルムを貼れるサポートアイテムを付属しました。フィルムの貼付前に、マイクロファイバー素材のクリーニングクロスでディスプレイ上の指紋などの汚れを取り除き、埃取りテープを使い埃を完全に除去、さらに、フィルム貼付後でも微細な気泡は貼付補助カードを使い押し出すだけで抜けます。従来の保護フィルムよりも簡単に美しく貼ることができます。

※大きな埃の場合には気泡ができてしまうことがあります。基本的には埃はフィルム貼付前に除去してください。それでも入ってしまった微細な埃はフィルム側で吸収します。
※埃が抜ける構造ではありません。埃のサイズによっては視認できることがあります。

まっすぐ簡単に貼れる「ミラクルシール」

フィルムを貼り付ける際、位置合わせが簡単にできる「ミラクルシール(フィルム貼り付け補助タブ)」がついています。フィルムがズレないよう上下で固定するため、誰にでもまっすぐキレイに貼り付けることが可能です。

位置合わせ用のミラクルシール(両端グリーンのタブ)は残したまま、フィルム貼付面の保護層を剥がし、貼付面を露出させます。

ミラクルシールの両端を持ち、フィルムの穴の位置と、デバイスのホームボタン/マイクホールの位置を合わせて貼り付けます。フィルムとデバイスを垂直に合わせてフィルムを下ろしていくと、位置合わせが容易なため、まっすぐに貼ることができます。

ミラクルシールを剥がす際、フィルム保護層も一緒に剥がれるようになっています。

残った気泡は貼付補助カードで押し出します。埃やゴミが混入していない場合、小さな気泡も数日で蒸散します。

FAQ

  • フィルムに傷や折れ目が付いている。輸送時の事故と思われます。当社サポートセンターまでご連絡ください。
  • ディスプレイ保護フィルムの上手な貼り方を知りたい。できるだけ埃の少ない環境で貼り付けてください。埃は取れない気泡の原因となります。室内で一番埃の少ない場所はお風呂場というのが一般的な通説です。まず一方の辺をボタンの位置などを参考にして貼り付け、ずれないように慎重に貼り付けてください。
  • ディスプレイ保護フィルムは剥がして再利用できますか。粘着剤は使用しておりませんので、折り目などが付かなければ剥がして再度貼り付けることが可能です。

この製品について問い合わせる

  • BUY / 購入する
  • 製品情報
  • ギャラリー

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter