Blue Light Reduction Frame Glass Protector for iPhone 6 Plus

キーワード検索
  • BUY / 購入する
  • 製品情報
  • ギャラリー

ロゴ

ガラス全面を守る強化ガラスプロテクター
ブルーライト低減、端まで覆うフルカバー、フレームタイプ

  • 液晶面のみならず、ガラス全面を守る強化ガラスプロテクター
  • LEDディスプレイが発するブルーライトを最大30%カット
  • ディスプレイが黄色や黒にならない、最新フィルム素材
  • 端の浮きがわからない構造
  • 曲面となっているフチまでカバー
  • 64gの鉄球を45cmの高さから垂直に落とす耐久テストをクリア
  • 従来ハードコートフィルムの4倍以上の表面硬度(9H)
  • 画面の輝度を保つ光沢仕様
  • 指紋が残りにくく、拭き取りやすい防指紋加工
  • 万が一割れた場合にも安心の飛散防止加工
  • 高品質な日本製素材(旭硝子)使用
  • iPhone本体のカラーにマッチさせたブラックとホワイト
  • クリーニングクロス、埃取りテープ同梱

iPhoneを傷から守る

Simplism Blue Light Reduction Frame Glass Protector for iPhone 6 Plus(iPhone 6 Plus 端まで覆う ブルーライト低減フレームガラス)は、iPhoneのLEDディスプレイが発するブルーライトを低減し目の疲労を抑える、フルカバータイプのディスプレイプロテクターです。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。
Adobe Flash Player を取得


iPhone 6/iPhone 6 Plusはフチが曲面となっています。通常のフィルムでは曲面に貼り付けても端が浮いてきてしまうため、フチを避けたディスプレイ部分のみを保護する小さなサイズになっており、周囲まで保護することができませんでした。

Blue Light Reduction Frame Glass Protector for iPhone 6 Plusは曲面となっているフチまで覆うことができるため、ガラス面全体を守り、安心して使用することができます。

端が浮いている状態
本製品

表面硬度は一般的なフィルムの4倍以上で、カッターでも傷つけることができません。

カラーはブラックとホワイトの2色。iPhoneのガラス面にマッチするフレームデザインとなっています。

大切なディスプレイを守るプロテクターは、iPhoneの操作感はそのままに美しさを保ちます。接着剤を使わない自己吸着タイプのため、剥がした後に接着剤が残ることがありません。

目に優しいブルーライト低減

LEDディスプレイが発する、紫外線に近い380〜495nmのブルーライト(青色光線)は網膜に対して強いエネルギーを持ち、近年の研究により長時間直視し続けることで眼精疲労や睡眠不足、集中力の低下の原因になると指摘されています。

ブルーライト低減&バブルレス保護フィルムは450nm付近のブルーライト成分を最大30%カット。iPhoneを長時間使用していても目が疲れにくくなり、ストレスから解放します。

また従来のブルーライト低減フィルムでは、青色光線を低減させるために黄色いフィルムが主流でしたが、表示画像も黄ばんでしまっていました。最新の「黄色くない」素材を採用し、表示画像の色調変化を最大限抑えられているため、違和感なくお使いいただけます。さらに、黄味を抑えると発生する「黒み」も抑え、限りなく透明に近いフィルムです。

※ブルーライト低減の効果は使用環境や感じ方に個人差があります。

耐久テストをクリア

ガラス層、わずか0.33mmながら、64gの鉄球を45cmの高さから垂直に落とす耐久テストをクリアしています。

存在を忘れる透明感

液晶光度とコントラストを落とさない「クリスタルクリア(光沢)タイプ」のため、透明度が高く、貼ってあることを意識させず、貼付によりディスプレイの輝きを損ねることはありません。適度な厚みのガラスプロテクターはディスプレイへの貼付を容易にしてくれます。

Film Comparison
仕様の比較
左:クリスタルクリア(光沢)、右:アンチグレア(つや消し)

簡単に貼れるサポートアイテム

誰でも簡単に貼れるサポートアイテムを付属しました。貼付前に、マイクロファイバー素材のクリーニングクロスでディスプレイ上の指紋などの汚れを取り除き、埃取りテープを使い埃を完全に除去。従来の保護フィルムよりも簡単に美しく貼ることができます。

FAQ

  • プロテクターに傷や折れ目が付いている。輸送時の事故と思われます。当社サポートセンターまでご連絡ください。
  • ディスプレイプロテクターの上手な貼り方を知りたい。できるだけ埃の少ない環境で貼り付けてください。埃は取れない気泡の原因となります。室内で一番埃の少ない場所はお風呂場というのが一般的な通説です。まず一方の辺をボタンの位置などを参考にして貼り付け、ずれないように慎重に貼り付けてください。

この製品について問い合わせる

  • BUY / 購入する
  • 製品情報
  • ギャラリー

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter