TRILOGトリログ

タイピングの速度と精度が落ちるというストレス

2018.03.30

フェイです。

「これからはデジタルだ! パソコン通信だ! インターネットだ!」と、中学生の頃に鼻息荒く両親に頼み込んでパソコンを購入してもらったものの、NIFTY-ServeやWebを見るにも文字入力が必要、ゲームをしようにもコマンド入力が求められるという状況だったので、とにかくキーボードで自由に文字を入力できなければ何もできない! という思いから、必死にタッチタイピングを練習した結果、それなりのスピードでできるようになりました。

その頃のタイピング練習の貯金(?)があるので、いまも人並みのスピードでタイピングできてはいるものの、若い頃に比べると、目に見えてタイピング速度が落ちているうえに、入力の精度も悪くなっていることに気がつき、地味にストレスを感じ始めています。もしこのままタイピング速度が落ち続けてしまうと、
【現在】
頭の中で浮かんだ文字を瞬時に入力>文章が完成する

【タイピングが遅くなった場合】
頭の中で浮かんだ文字を入力するも、思考に指が追いつかない>文章の完成に時間がかかるうえに、ストレスが溜まる

このようになると考えられるため、思考が乱されることでスムーズに仕事を進めることができなくなり、結果として良い文章が書けないどころか、残業時間が増えてしまう可能性があります。

さすがにそれはまずいと思い、毎日10分程度タイピング練習をすることにしたのですが、Mac用のタイピング練習ソフトで「コレだ!」というものがなかなか見つからなかったので、学生時代に使っていたWindows用の美佳のタイプトレーナーを無理やりMacで起動して練習しています。

mikatype.png

ちなみに当社ではタイピングの標準的な速度として寿司打の「普通>お勧め5,000円コース」で「8,000円分以上のお寿司をゲットする」ことを目安としています。

osushida2.png

osushida.png

今の私の速度は上記画像赤枠内のとおりですが、トリニティに入社した頃と比べてもやっぱり遅くなっているので、せめて入社時のスピードくらいには戻せるよう練習を続けてみたいと思います。

このブログを書いたスタッフ

サポート

フェイ

ITメーカーや医療業界でサポートを続けながらイタリアを放浪していたところ、さまざまな商品の魅力に惹かれ、トリニティの一員に。美味しいものを与えられるとどこにでも付いていきがち。

フェイのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す