Charger1.jpg Charger1.jpg

iPhoneの放電時間を早めたい(開発者のわがまま)

2022.06.03

投稿者 : ようへい

iPhoneのアクセサリー開発をする上でどうしても発生する作業に、充電状況や速度の検証があります。正確に計測するためにはiPhoneのバッテリーを0%まで落とすことが必須になります。

Charger1.jpg

ここで問題なのですが、昨今のiPhoneのバッテリー寿命が伸び、通常の使用ではほとんど減ることがありません。昔の端末であればYouTubeでも流していれば早々に空っぽにすることができました。最近の端末ではYouTubeくらいでは9時間でも10時間でも持ってしまいます。

検証端末なので、なるべくアプリをインストールせず、純正機能で最速で消耗する方法を考えてみました。

 

結局動画撮影がベスト

なんだかんだで動画撮影が最も安定してバッテリーを消耗してくれます。動画撮影時は、必ず「4K」「60」をタッチして切り替えましょう。高速撮影に加えてリアルタイムエンコードがかかり、大きく電池を消耗してくれます。

Charger2.jpg

さらに、右上から下に向けてスライドして出てくるコントロールページから、画面録画を起動して並行させるとさらに電池消耗が早まります。この2つを実行することで、3〜4時間で消耗することができます。

Charger3.jpg

注意点として、盛大にデータ容量を圧迫してしまいます。定期的に写真→選択→削除をしてください。

Charger4.jpg

ただこれだけでは動画データはゴミ箱内部に残ってしまっているため、アルバム→最近削除した項目→全て削除を選ぶと、完全にストレージから消すことができます。

Charger6.jpg

ほとんどの人には役に立たない知識かもしれませんが、関係する方はぜひお試しを!

このブログを書いたスタッフ

開発

ようへい

開発、生産工程に関わる。家具メーカーのセールス時代に星川と出会い、意気投合してトリニティに転職。製品開発で中国に何度も通ううちに辛い食べ物に覚醒。隙があれば食べ物にハバネロソースをかけてしまうため、周囲から嫌がられている。

ようへいのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す