Walk_leonides-ruvalcabar-sf-ifiszwes-unsplash.jpg Walk_leonides-ruvalcabar-sf-ifiszwes-unsplash.jpg

トリニティウォークが歩くモチベーションを高めた結果。

2021.12.05

Photo by Jed Villejo

以前に告知をしたり、一部社員がブログ記事にも書いている通り、健康経営優良法人ブライト500への取り組みの一環として、社員全体で歩数を競うトリニティウォークというイベントを開催しました。

このイベント以前の歩数がどのような状態だったのかわからないので、統計的にどのように歩数を増やしていったのかは定かではありません。したがって、社員との会話の中からいつもよりも歩いた、走った、今週末稼ぐぞ、などなどの声を聞いて効果を計っている程度です。それでもいつもよりは歩数を稼ごうと努力したような印象です。こう考えると、やはり日常的に自分の生活を記録しておくのがとても重要だと改めて気づかされます。

私自身の歩数だけを見てみると、トリニティウォーク中2週の平均値が76,010歩(1日平均10,858歩)でその前の2週平均値が70,247歩(1日平均10,035歩)なので8.2%ほど増加しているように見えます。トリニティウォーク中でも2週目は、1週目に他の人たちの頑張りがランキングに反映されているのを見て、2週目に頑張ったという結果が現れています。

なお、10月1ヶ月における1日平均歩数は10,057歩なので、それと比べると7.9%増加となっています。とはいえ、劇的に増えているというほどではないので、それほど頑張ったということではないのかもしれません。ちなみに、この歩数で9位でしたので、特に良くもなく悪くもなくという凡庸な順位です。闘争心が足りなかったというべきなのか、社員に華を持たせたというべきなのか。

人は競争をすると、なぜだか勝ちたくなるのは何故でしょうか。食べ放題のお店に行くと、原価を考えながらそれを越えるように食べていくのと似ているのかもしれません(似ていないかもしれません)。桃狩りに行った時には「絶対10個は食べるぞ!」と宣言して食べ始めたら、5個くらいから辛くなってくるのは何故でしょうか。

1位のメンバーがいるチームが優勝するわけではない。

さて、2週間のトリニティウォークの結果が出ました。トップは☆ユカイの「244,581歩」でした。1日平均で17,470歩なのでやってできないことはないかもしれないですが、かなりの歩数です。平均的に歩数が多く、週末が20,000歩以上だったのでトータルでも1位となりました。その時の取り組みなどはきっと今後どこかで記事にしてくれることでしょう。

Photo by Joshua Golde

しかし、ここがチーム戦の面白いところで、1位の☆ユカイを擁するチームが総合優勝になったわけではなく、2位とむ(228,638歩)と3位かんかん(184,290歩)のいるチーム(4人)が合計歩数では1位となりました。1人がずば抜けていても、チーム戦では勝てないという、チームの大切さも改めて感じることができたのではないでしょうか。

Photo by Emmanuel Olguín

思っていた以上に盛り上がったトリニティウォーク。ただ、チーム分けによってかなり変わってくるところがあるので、次回開催するとすれば今回の結果を踏まえてバランスを取らないといけないのかもしれません。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「Simplism」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す