Airtag07.jpg Airtag07.jpg

AirTagをできる限り薄く小さく一体化したい

2021.08.12

これからアウトドア、キャンプシーズンになり、子供やペットと、キャンプや遊園地に遊びに行く機会が増えると思います。

どうしても迷子になったり、行き先がわからなくなったりするのが不安な方に便利なのがAppleのAirTagです。Apple社が推奨している使い方ではありませんが、ペットの首輪や、子供のポケットに入れておくだけである程度の居場所が追跡できます。周りにAppleのデバイスを持ち歩いている人とすれ違わないと反応しないので、人けのないところなどでは厳しいのですが、それでも電池交換なしで一年間も追跡できる機能は大変便利だと思います。

そんな便利なAIrTagをMacやPCに貼り付けたいと考えました。

AirTag どこでも貼り付け AirTagホルダー 4個セット

Simplism

AirTag どこでも貼り付け AirTagホルダー 4個セット

2,640 2,640 2,640

お恥ずかしい話ではありますが、何を隠そう、MacBookをアメリカ出張中のデンバー空港のセキュリティに置き忘れてしまったことがあります。

Airtag02.jpg

MacBook標準の機能の、「探す」アプリである程度の追跡はできるのですが、実際のところMacBookを開いてネット通信が行われないと場所の特定ができませんし、内部電源が尽きると完全に追跡終了になります。

Airtag12.jpg

実使用では2日も追跡できたら良いところでしょう。

そこで私たちはAirTagをMacBookに一体化できないかと考えました。しかしながら、AirTagをMacにつけるにあたっての問題は、AirTagの厚みです。ボタン電池を内蔵しているため、結構な厚みがあり、これに保護ケースをつけるとものすごく大きな出っ張りになってしまいます。

そこで新しく、できる限り薄く、邪魔にならないAirTagホルダーを作ろうと企画が立ち上がりました。これをくっつきホルダーと私たち開発チームでは呼んでいました。

Airtag03.jpg

衝撃吸収性能に優れたソフトなTPU素材を最薄にし、AirTagの厚みを増さないように配慮しています。

Airtag04.jpg

実際にAirTagを入れる構造が分かり易いやすいように一部をカットしてみました。

Airtag06.jpg

最小限のスペースでAirTagをホールドしつつ、粘着テープも配置されていることがわかるかと思います。

Airtag05.jpg

どんなに薄くてもしっかりとダメージから保護することを計算した最小設計になっています。

Airtag07.jpg

早速、MacBookのボディに貼り付けてみましたが、多少の厚みは出るものの、実用範囲の出っ張りになっています。

Airtag09.jpg

また、引っ掛かることがあまりなくバッグやスリーブに入れることができます。

Airtag11.jpg

この薄型のホルダーは他にも外に持ち出すことが多いNintendo Switch Liteなどにも最適です。※Swichの場合、純正ドックと干渉してしまうのでご注意ください

アイデア次第でいろいろなものに取り付けられる、AirTag どこでも貼り付け AirTagホルダー 4個セット大変おすすめです。

記事中の製品

Simplism

AirTag どこでも貼り付け AirTagホルダー 4個セット

2,640 2,640 2,640

このブログを書いたスタッフ

開発

ようへい

開発、生産工程に関わる。家具メーカーのセールス時代に星川と出会い、意気投合してトリニティに転職。製品開発で中国に何度も通ううちに辛い食べ物に覚醒。隙があれば食べ物にハバネロソースをかけてしまうため、周囲から嫌がられている。

ようへいのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す