20221104_okaki_trilog.jpg 20221104_okaki_trilog.jpg

【2022年版】実は毎年色が違う、iPhone 14はじめ歴代iPhoneの(PRODUCT)REDの色観察

2022.11.15

こんにちは、おかきです。

iPhone 14が到着しましたので、恒例の(PRODUCT)RED比較をやっていこうと思います。手元にある(PRODUCT)REDの端末と並べてみましたので、まずは写真をご覧ください。

20221104_okaki_trilog.jpg

結論、iPhone 14は“真っ赤”です。

これまでの(PRODUCT)RED製品の中で、もっとも「真っ赤」という表現が似合う色が出てきたなという印象です。

iPhone 12以降は暗めの色が続いていましたが、今回は一気に明るくなりました。肉眼で見ると、目が痛いくらいに発色が良いです。

さらに、もっとわかりやすくするため、歴代iPhone (PRODUCT)REDの色をグラフ化してみました。

20221025_okaki_trilog_02.jpg

肉眼で見た感じと、現物の写真からサンプリングしていますので、Apple公式から出ている画像とは色が若干異なると思います。

本当はHSBカラー「色相(Hue)、彩度(Saturation)、明度(Brightness)」の3つを用いて比較すべきなのですが、ぱっと見で分かりやすいグラフにすることができなかったため、今回はHとBのみの比較をしてみました。HSB比較はいずれ再挑戦してみます…。

iPhone 12とiPhone 14がまったく異なる色に見えて明度が同じなのは、今回省いた彩度が関係しているためです。明るさは同じでも赤色の成分が少なければピンク寄りに、多ければ真っ赤になるので、かなり見た目が変わってきます。

ついでに発売順でも並べてみました。

20221025_okaki_trilog_03.jpg

綺麗にグラデーションになっている感じはしますが、特に規則性はなさそう…? です。景気と色は連動するとはよく聞きますが、そういった法則もないみたいですね。順番的に次からまたちょっと暗くなっていく可能性はありそうです。

以上、iPhone 14の(PRODUCT)RED観察でした〜。

最後に、赤色を存分に活かせる保護ケースをご紹介します。

20221025_okaki_trilog_05.jpg
[AIR-REAL INVISIBLE] 超極薄軽量ケース
あまりにも自然な装着感。高透明の極薄ケースです。iPhoneに傷がつくのは嫌だけど、ケースをつけてる感じも出したくないという方にはこちらがおすすめ!

機種を選ぶ:

カラー:

20221025_okaki_trilog_04.jpg
[AIR-REAL] 超極薄軽量ケース
こちらは半透明タイプの極薄ケース。マット感があり赤色がやわらぐので、おしゃれな雰囲気になります。

20221025_okaki_trilog_06.jpg
[GLASSICA Round] 耐衝撃 背面ガラスケース
側面はやわらかいTPU素材、背面は硬度10Hの強化ガラスを使用した、透明な衝撃吸収ケースです。とにかく耐衝撃性能には自信あり! 落下が怖いという方にはこちらがおすすめです。

過去の(PRODUCT)RED比較記事はこちら。



このブログを書いたスタッフ

マーケティング

おかき

カメラマンやデザイナーを経験し、2020年2月からトリニティへ所属。山形で生まれ、愛知で仕事をして、今度は埼玉と、やりたいことのためなら割とどこへでも飛んでいく。名前はおかきですが、1番好きな食べ物はじゃがいもです。

おかきのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す