Hanaori-is2zy03dcse-unsplash-1.jpg Hanaori-is2zy03dcse-unsplash-1.jpg

暑さ対策だけじゃない! 夏にひそむアレルギー対策

2022.08.24

投稿者 : あこ

こんにちは、あこです!

暦的にはもう8月の後半は残暑と呼ばれるようですが、例年10月や、下手すると11月くらいまで半袖で外を歩いていてもおかしくない気温になることから、この時期の残暑という言葉があまりしっくりきていません(汗)。

とにかく私は暑い季節が苦手で、夏はいろんな対策をしています。

今日はそんな私が行なっている夏の対策について、少し話したいと思います!

暑さ対策以外にも! 夏を快適に過ごすための対策

Hanaori-is2zy03dcse-unsplash.jpg

夏といえば暑さ対策が必須ですが、快適に過ごすためにはそれだけでなくいろいろな対策も非常に大切です。

暑さ対策としては日傘や冷感グッズの使用などが代表例だと思いますが、とくに日傘を使う際にはただ暑さを和らげたり、日焼けを防いだりするだけではない効果も。

日光アレルギーの予防

私の話にはなってしまうのですが、今から15年ほど前に日光アレルギーになりました。

ちょうど同じような時期に、まったく別の生活環境にいた母や妹も同じ症状にかかり、遺伝的なもの? とも考えられますが、当時気になって調べてみると、同じような症状を発症する女性が増えている、というような記事を目にした記憶があります(同じような記事を発見できなかったのですが…)。

日光が当たった場所に蕁麻疹が出たり、かぶれがおきたり、頭痛や発熱がおきたりします。とはいえ、症状はおそらく軽度なのでしょう。5〜10分程度であればそれほど問題はなく、体感として15分以上はほぼ確実に発熱と頭痛の症状が現れ始めるので要注意かなというような感じです。

また、曇りの日など直射日光が遮られているときはそれほど心配しなくても大丈夫ですし、冬なども気になる症状が出たことはありません。

ただ、まだ本格的に夏になる前など4月あたりからは注意が必要で、まだ大丈夫だろうと思っていると、手の甲にぶつぶつができてなかなか治らない、ということになってしまいます。

ですので、面倒くさがり屋でもある私は基本的には年中長袖。暑くても長袖を着ていた方が安心できます。

まあ、鼻炎持ちで寒暖差でくしゃみや鼻水が止まらなくなるというのもあるため、そういった意味で長袖のほうが安心なのですが。

こちらを防ぐためにはとにかく日光に当たらないのが一番! ということで、日傘は必須。外出時は長袖、日傘が使えないときは下記の画像のような帽子を必須として活動しています。

スクリーンショット-2022-08-25-10.49.36.png
【楽天市場】帽子 メンズ レディース UVカット帽子 ハット 3WAY 男女兼用 紫外線対策用 360度UVカット ワーク アウトドア 日よけ 取り外し可能 ネックカバー フェイスカバー 釣り 登山 農作業 春夏 新作 送料無料 敬老の日:Rainbow

不審者っぽいとかそんなふうに最初は思いました、背に腹はかえられぬと、被ってみたら、逆に知っている人でも私だとは気づくまい、という姿になれたので、逆に心が解放されたような気持ちになりました。そういう意味でもおすすめです。

寒暖差アレルギー対策

先に少し触れましたが、夏場は外気温と室温の差も顕著になるため、寒暖差が生じ、それによってアレルギー症状が出る場合もあるそうです。

私は通年鼻炎なので、寒暖差で症状が出たからといっていつも通りではあるのですが、これが薬を飲んでもなかなか症状が改善しないのです。完全に体感なので実際どの程度薬の効果があるのかはわかりませんが、たとえば、朝のモーニングアタックと言われるくしゃみや鼻水が発生しやすくなる時間帯の症状は、抑えられている気がするのですが、寒暖差にはあまり効いているという気がしません。

なんでもそうですが、適度に運動したり、食生活に気をつけたりというのは予防に繋がるとのことで、人並みには気をつけていますが、寒暖差アレルギーを近年意識するようになったので、鼻炎としては悪化しているような認識です(汗)。

加齢のせいなのか? はたまた昔は薬はほぼ飲まずに自然にまかせてくしゃみや鼻水を受け入れていたから、薬を飲んで症状が出にくくなっている今、余計にそう感じるようになってしまったのか、それは定かではありませんが、命に関わるものではないので、できる対策をしながら様子を見ております…。

一般的に7度以上の温度差があると発生しやすいそうなので、個人的には長袖でどんな場所でも一定の温度は保てるようにしてた方が安心感があります。半袖だと長袖にはできないけど、長袖はまくれますからね。

なんだか寒暖差があると、くしゃみや鼻水が止まらないなという方は、何か羽織るものなどは夏場でも常備しておくといいかもしれませんね。

まとめ

余談ですが、夏場になると空調のカビや埃で咳が止まらなくなることもあり、そういうのにも注意が必要です!

これだけ夏に不向きな体質の方は、それほど多くはないかもしれませんが、急になってしまうことも私のようにあると思いますし、熱中症や日焼け、風邪などの予防にも繋がる部分があるかと思いますので、参考になれば幸いです!

ではまだまだ暑いと思いますが、少しでも快適にお過ごしください!

このブログを書いたスタッフ

マーケティング

あこ

雑誌やWebメディアの編集、Webマーケティング事業など経験後、縁あって2021年9月トリニティに入社。元バンドマンで5弦ベース弾き。音楽ジャンルは問わず聴く。今は10匹以上の保護犬猫と一緒にもふもふライフを過ごしている(預かりボランティア含む)。お肉は食べない人。好奇心旺盛で、とりあえずいろいろやってみる派。

あこのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す