TRILOGトリログ

[製品開発ストーリー Vol.11] シリコンケース完成

2006.12.09

あまりにもシリーズが長すぎて、しかも途中が空きすぎていたため「なんの話だ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、もしお時間が許すのであれば、Vol. 1からお読みください。

[製品開発ストーリー Vol.10] 土壇場の微調整のつづき…

ロゴの金型修正も終わり、あとはそれを元に作った最終形を見るだけとなりました。最終日は製品開発という意味では「待つだけ」の一日ではありましたが、それ以外に出荷の段取りをしたり、新しい製品のディスカッションをしたりしました。現在のところ、当社は積極的にいろいろな商品を作ろうとは考えていませんが、さまざまなメーカー取引をしている中でどうしても欲しいのにないもので、他のメーカーからも発売されておらず、なおかつ需要が高いと思われるものだけは作る可能性があります。そのいくつかの話をしていました。

そうそう、最後の最後にパッケージのところで「アンチダストコーティング」を前面に出したいと考えました。おそらく、iPod nano(2nd)用シリコンケースはいろいろなメーカーが出してくると思われますが、980円という価格を実現しつつ、これだけのクォリティを持った製品は少ないはずなので、特にアンチダストコーティングはすばらしい出来だと感じていたので、それをパッケージでしっかりと押し出したいと考えたのです。パッケージの台紙印刷は終えてしまっているので、裏面の説明文には記載されていません。パッケージは開けるわけにはいかないので、何も記載がなければ、買う前にはわからないということになります。それでは選択理由にならないので、ブリスターパッケージのフックをかける横の部分にシールを貼ってもらうことにしました。

dust.gif

本当に土壇場のお願いに対して、最初は難しい顔をしていたJudyですが、結局はやろうということにしてくれました。本当にいろいろな部分で支えてもらってできた製品だといえます。

最終的にパッケージとともにできあがってきたサンプルがホテルに届いたのが、日本に帰国する前日の夜中の12時前後。Judyが届けてくれたのですが、その4時間半後にはまた空港へ向けて出発しなければならなかったので、またお迎えに来てくれました。

こうして、iPod nano(2nd)が発売されてからの怒濤の3週間が終わり、日本へ帰国しました。あとは、生産が順調に進み、納品するだけとなりました。納品日はその週の金曜日。

しかし、もうひとつだけ波乱が待っていたのです。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す